ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2013年12月


NTTドコモの有機・低農薬野菜宅配らでぃっしゅぼーやは、スマホからでも申込み可能です。

既に12月27日より、新春初売りセールが開催されており、14%OFFの商品なども登場していますので、要チェックです。

「ぱれっと」や「らでぃっしゅクラブ」など、コースを選択することもありますし、食材ごとに注文することもできます。

初めて利用の場合は利用者情報登録をする必要がありますが、それも非常に簡単です。スマホからでもあっさり申し込みができるところもらでぃっしゅぼーやの便利なところです。

もちろんパソコンからでもわかりやすく申込み可能です。

お試しサービス利用でドコモのXiタブレット購入1万円分クーポンや2000円分ポイントプレゼントなども2013年12月現在実施されていますので、損するところもまったくないので、一度利用して美味しい野菜/食材を楽しんでみたいところです。

有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。まずは安心食材を試してみませんか?


関連記事:「らでぃっしゅぼーや評価感想情報一覧



 
 


2013年も残りわずか、2014年正月に向けてNTTドコモ、au、ソフトバンクなどケータイ各社は、あけおめメールやあけおめコールに対する注意喚起を発表しています。

年明け時に、一斉に「明けましておめでとう」というメールや電話が殺到すると、一時的に通信が混雑し、つながりにくくなったりメールが遅れてしまったりする可能性があります。

毎年恒例の問題ですが、今年も年明け時には注意をするよう各社から発表されています。

NTTドコモでは、年明けから30分程度電話がつながりにくくなったり、メールについては二時間程度配信遅延が発生する可能性があるということです。

また、LINEも「おめでとうLINE」に対するお願いを発表しており、年明け時は出来る限りWi-Fiでの利用を推奨しています。

今から、年明けと同時に知人友人などに一斉にメールやLINEを送ろうと考えている人は、せっかく準備万端待ち受けていても、送れなかったり遅れたりする可能性もありますので注意しましょう。






NTTドコモからiPhone 5s/5cが発売された2013年、iPhone5から対応している充電ケーブル・LightningケーブルにmicroSBケーブルを変換するアダプタも登場しています。

純正のiPhone用Lightningケーブルとアダプタはそれぞれ決して安いものではないため、 今までAndroidスマートフォンで利用していたmicroUSBタイプの充電ケーブルをiPhone5用に変換して利用できるようにする人が増えています。

例えばNTTドコモのACアダプタ03や04を、iPhone用充電器として利用することが可能になるため、非常に便利です。


iPhoneも、充電は比較的持つとはいえハードな利用をすると電池が足りなくなることもありますので、その際にこのアダプタがあれば、iPhone用だけでなくAndroid用充電器でも充電が可能となるため、比較的広範囲で充電が可能になります。


関連記事:「初心者のためのiPhone使い方講座一覧




 


NTTドコモは、2014年1月14日から2014年6月1日までの期間で、「ドコモの学割2014」の受付を実施すると発表しました。

今回のドコモの学割は、Xi、FOMA、両方のサービスを対象としており、Xiの場合はタイプXiにねんの基本料金がお申込み月を含む最大37ヶ月間無料となります。
FOMAの場合は、タイプシンプルの基本料金が同じく最大37ヶ月間無料となります。
ファミ割MAX50の申込みが必要です。

対象者は、新規契約及び2013年6月以降に契約をした既存契約者、ということなので、長く利用している学生や、既に過去の学割の申し込みをしている学生も対象外となります。

今回、学生だけでなく、「ドコモの学割2014」を申し込んだ学生の家族も、新規契約と同時であれば「ドコモの学割2014」を申込みすることができます。

さらに、Xiでドコモの学割2014を利用する学生向けに、dビデオ、dアニメストア、dヒッツの中から二つ以上のサービスを契約すると、申込み月を含めた三ヶ月間パケホーダイの上限を1GB追加する特典を提供します。

つまり、Xiパケホーダイフラットであれば、上限7GBが8GBに、Xiパケホーダイライトであれば3GBの上限が4GBになるということです。
最初の三ヶ月間、上限を増やすことによってdマーケット系サービスを存分に楽しんでもらい、継続利用者を増やしていこうという狙いかもしれません。

さらに、「学生家族いっしょ割2014」を、ドコモは同時に発表しています。

内容としては、「ドコモの学割2014」を申し込んだ学生の「家族」を対象にして、Xi対応スマートフォンを購入した場合に、最大13ヶ月基本料金を0円とするキャンペーンとなります。

例年よりも若干早い学割の開始は、他社からの流入を少しでも早く増やしていきたいという思いなのかもしれません。

学割の条件は例年よりも若干厳しく、新規契約回線か2013年6月以降に契約した回線ということで、既に既設の回線につけるというよりも、ドコモに移ってきたり新しく契約したりした人向けの学割となっているという特徴があります。

しっかり申込み条件などを確認した上で、1月14日以降に申し込みましょう。


情報元:「NTTドコモ






NTTドコモの新機種冬モデルSONY Xperia Z1f SO-02Fが好調です。

そのサイズ感とドコモ冬の「おススメ機種」に選ばれたことによるお得な価格帯、デザイン性や電池の持ちの良さを含めた総合力が、そのほかの機種に対するアドバンテージになっているようです。

電池容量は2300mAhで、Xperia Z1 SO-01Fよりも少ないわけですが、それでも省電力に優れた液晶を搭載し、なおかつブラウザをはじめ、省電力観点での最適化が実施されているということで、Z1よりも電池の持ちに特化して作られているという点もユーザー目線で言えばうれしい部分です。

結局液晶はフルHDで消耗が進むのであれば、HD液晶で電池持ちがいい方がユーザーとしてのメリットは大きくなるのかもしれません。

余分な機能をそぎ落としているところも注目で、最近はほぼ全機種に搭載されていたNOTTVが非対応となっており、さらには赤外線も省き、テレビ機能も最低限のワンセグのみでフルセグには非対応です。

Xperia Z1fは、今後もiPhone対抗としてドコモのAndroidを引っ張る形になると思われます。

Xperia Z1よりも、ARROWS NX F-01Fよりも、AQUOS PHONE ZETA SH-01Fよりもこの冬の本命として、Xperia Z1f SO-02Fは検討に値する機種と言えそうです。








↑このページのトップヘ