ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2014年01月


Googleは、携帯端末メーカーのモトローラを、レノボへ売却すると発表しました。

2011年に買収を発表したばかりで、二年ほどでの売却となります。ただ、モトローラが持っている主だった特許の所有権はGoogleが維持するということなので、この買収自体が通信関連のモトローラの特許を獲得することが狙いだったとも考えられるようです。

レノボは、パソコン事業に加えてスマートフォン事業を手に入れたことで、スマートフォン市場でのレノボの地位を強化していきたい狙いがあるようです。

レノボは元々中国のメーカーですが、パソコン市場においてはIBMのパソコン事業を買収し、日本においてもNECとパソコン事業を統合するなど、パソコンのイメージが強いですが、昨今はスマホ事業にも力を入れてきています。

今回のモトローラ買収により、さらにスマホ市場でもレノボは存在感を増してくるかもしれません。

ただ、市場は今回のレノボの判断に厳しい反応を示しているようです。縮小する事業の取得にあまりに多額の資金を投じたのではないかという懸念が広がっています。

今後のレノボの展開にも注目です。






先日ソフトバンクが発表した通話と通信をパックにした新プランについて、KDDI auの田中社長が囲み取材に答えたようです。

ソフトバンクが4月から開始すると発表した料金プランは、定額で回数限定、時間限定の通話とパケット定額を組み合わせたプランとなっていて、多く通話をする人にも使い方によってはお得なプランとなっています。

ただauとしては、急いで対抗策を打ち出したり追随する予定はないようです。

NTTドコモも現状、ソフトバンクの新プランに対応するプランの発表などはなく、静観の構えのようです。

通話が多い顧客に対しては、フィーチャーフォンとスマホもしくはタブレットの二台目を訴求するなど、通話に対するデメリットを契約数拡大に利用している面もあるため、auもドコモもそこまで積極的に新プランを急ぎたくない気持ちもあるのかもしれません。

ソフトバンクの新プランは、「VoLTE時代を見据えた新プラン」としながらも、VoLTEに対応しているわけではないため、auもドコモも、VoLTEへの対応見込みが立ったところで新プランを発表してくるということもありそうです。

急いで妙なプランが出てくるくらいなら、しばらく様子を見た上で、もう少し洗練されたプランが出てくるのを期待したいところです。


記事元:「ケータイWatch

 

 
 


通話料金を格安で利用できる通話アプリ「050plus」のキャンペーンが継続しています。

契約月及びその翌月の最大二ヶ月間基本料金315円が無料になり、なおかつ最大三ヶ月間、それぞれの月に100円分の無料通話がついてきます。

三ヶ月分で合計300円分無料通話が付いてきます。

仮にXiのスマートフォンから固定電話への通話であれば、100円で約2分半程度しかかけることができません。

050plusであれば、固定電話に対して100円でなんと驚きの約36分の通話が可能です。Xiスマートフォンで固定電話へ通話をするよりも、なんと18分の1の料金で通話ができます。

Xiに変更することで通話料金がかなり上がっている人も多いのが現状です。
そんな時にこそ050plusをうまく活用すれば、通話料金を格安にすることができます。

使い道がイマイチわからない人にも、基本料金最大二ヶ月無料があれば安心です。

2013年12月1日からスタートしているこのキャンペーンは、3月31日までとなっています。 
申し込みはコチラから↓

スマートフォンの通話料がおトクになるアプリ!
「050 plus」
 

 



 


マイクロソフトのクラウドサービス「SkyDrive」の名称が「OneDrive」に変更になります。

昨年半ばにイギリスのBSKyBの商標を侵害しているという裁判の判決を受けての措置となるようです。

純粋に名称が変わるだけで、特に何かしらのサービス内容に変更があるわけではなく、今までSkyDriveを利用していたユーザーもそのまま利用していくことができます。

今ではDropBoxやGoogle Driveなど、色々な人気のオンラインストレージが割拠しています。その多くのストレージサービスが無料での利用容量を5GBにしている中、SkyDriveは7GBを無料で利用することが出来るため、無料で大容量のデータを保存したいというユーザーを中心に人気を集めています。

今回のニュースを受けて、何か変更になることがあるのではと不安を感じたユーザーもいるかもしれませんが、現状そうした心配は何もなさそうです。

引き続き名称が変更されたマイクロソフトの「OneDrive」を活用していきましょう。


情報元:「ガジェット速報」 

 

 
 


NTTドコモは、人気の動画視聴サービス「dビデオ」に新規登録した会員を対象として、新作レンタル1本分の無料クーポンプレゼントキャンペーンを実施しています。

期間は2月28日まで。dビデオは月額525円で動画見放題で映画やドラマやアニメを視聴できるサービスですが、新作に限り新作レンタル1本420円の別料金で視聴することができます。

その新作レンタル1本分が利用できるため、dビデオのお試しと考えるなら、今なら非常にお得です。
 
dビデオの新作レンタル料金には、ドコモポイントを充てることもできるため、ポイントが貯まっている人は観たい新作動画をレンタルしてみるのもいいかもしれません。

マルチデバイスでの利用が可能となっているdビデオ。スマートフォンだけでなくタブレットやパソコン、HDMIで出力すればテレビでも観ることが可能な人気サービスとなっていますので、まだ利用したことがない人は、今がチャンスです。




 

↑このページのトップヘ