ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2014年02月


LINEは、固定電話やケータイ、スマホへも通話ができるサービス「LINE電話」を提供開始すると発表しました。

料金も格安の月額料金0円、初期費用0円、接続費用0円で、通話料以外一切費用がかからないシステムとなっています。

気になる通話料金は、3種類のパターンがあります。
コールクレジット、30日プラン、LINEコインという支払方法があり、それぞれ通話料が変わってきます。

使う分だけ前もってチャージする支払方法である「コールクレジット」は、固定電話への通話料が3円/分。ケータイ・スマホへは14円/分。

ちなみにドコモ、au、ソフトバンクスマホからの通常の通話料金はケータイ・固定へ20円/30秒、つまり40円/分。

はるかに格安です。

さらに30日プランになるとさらに格安で、固定へは2円/分、ケータイスマホへも6.5円/分。

ある程度毎月通話を利用する時間が決まっている人は、この30日プランにするとかなりの安さで通話ができます。

通話料金だけをみると、NTTコミュニケーションズの人気通話アプリ050plusを上回る安さとなっています。
050plusであれば固定へは8円/3分、つまり1分あたりは2.7円、ケータイスマホへは16円/分です。
加えて月額基本料金が315円かかります。

ケータイキャリアの電話番号認証をしているLINEユーザーのみが利用可能ということで、Facebook認証でLINEを利用している場合(つまりWi-Fi専用でSIMなしなど)はLINE電話は利用できなくなっています。

気になる発信者番号通知ですが、ドコモを除くキャリアへは可能ということで、相手がau、ソフトバンクであれば、通常のケータイ番号からかけているのと同じ感覚で利用できそうです。
ただ、ドコモを除く、という部分は気になるところで、ドコモへはどう表示されるかは明らかになっていないようです。今後の詳細発表が待たれます。

ただそれでも、発信者番号が050番号になる050plusよりはメリットがあり、発信者番号通知が可能な楽天でんわよりははるかに通話料が安いということで、大きなメリットがあるサービスとなりそうです。

これを受けてケータイキャリアとしても、スマホにおける音声通話収入が一気に減る可能性もあり、VoLTEを活用した格安通話サービスがいよいよ本格化してくる可能性もあります。

ドコモ、au、ソフトバンクの動きにも注目です。



情報元:「LINE





1988年の事業開始から25周年を迎えている有機低農薬野菜宅配らでぃっしゅぼーや。
NTTドコモの子会社として成長を続けています。

自宅に届く野菜は、非常に美味しい低農薬有機野菜で、毎週定期的に届けてくれるという非常に便利な人気サービスです。

今年は特に関東地方での豪雪の影響により、契約生産者/メーカーにも甚大な被害が出ており、雪による大きな影響によって配送遅延が発生したりもしていますが、そんな中で野菜が高騰して手に入りにくくなる状況でも、出来る限りの配送を行ってくれるため、こういうときにこそ活用していきたいサービスかもしれません。

野菜基本セットの「ぱれっと」は、その時々で収穫できた野菜などを優先して宅配してくれるため、豪雪の影響などが少なかった野菜などからセットで送られてきます。

特に雪で外にあまり出たくないときなどは、遅延することはあってもしっかり宅配のプロが送り届けてくれるため、安心して野菜が食べられるというメリットもあります。

引き続き加入特典としてNTTドコモタブレット新規購入時クーポン10500円分や、2000円分のお買いものポイント、配送料4週間無料サービスなどが実施されていますので、かなりお得ならでぃっしゅぼーや、一度お試しで注文してみると、その便利さと野菜のおいしさに病みつきになるかもしれません。

20131210_151851









こんな野菜が毎週届くらでぃっしゅぼーや、お試し申し込みはコチラから可能です。
話のタネにも一度どうぞ。


らでぃっしゅぼーやお試し申込み



関連記事:「らでぃっしゅぼーや評価感想一覧






ソフトバンクモバイルが目まぐるしく動いています。

MVNO向けのLTE回線の開放を行い、回線の卸売事業をスタートする予定ということです。
2014年春にも総務省に申請を行い、その後本格的に卸売を始める方針ということです。

既にNTTドコモが行っているMVNO向けの回線開放をソフトバンクも行うことで、ここでもソフトバンクはドコモのシェアを貪欲に奪っていこうということかもしれません。

ドコモの新規契約数の大きな部分を担っているMVNOがソフトバンクに奪われることによりドコモにどれだけの影響があるかはわかりませんが、ドコモとしては無視できない情報かもしれません。

ドコモがソフトバンクやauの進む方向とはまったく別の方向を向いているうちに、いよいよ本業であるはずのケータイ・スマホ・通信回線事業で追い付かれ追い抜かれているのでは、ドコモの存在意義は減る一方です。

野菜宅配やデリバリー、ファッション販売などなど、他の分野に気を取られているうちに、そちらへ顧客を誘導するための導線として、大元であるはずのケータイ事業で利用者が減り続けるのでは、それこそ本末転倒です。

さらには、まだまだ噂の段階とはいえ、ソフトバンクはLINEを買収しようとしているというニュースまで出てくるほどです。

大型買収を繰り返している今のソフトバンクにそれだけの資金があるのかは甚だ疑問ですが、資金があるはずのドコモは動かず、回転操業状態のソフトバンクばかりが大型買収を繰り返して危険な橋を渡りながらも成長を続けるという、両者の持つバイタリティの違いが如実に表れています。

このまま10年経過した未来、もしかしたらソフトバンクはドコモをはるかにしのぐキャリアに成長しているのかもしれません。


記事元:「日経新聞






スペインで開催されているプレス向けイベントで、サムスンは最新機種Galaxy S5を発表しました。

昨年発売されたフラッグシップモデルGalaxy S4の後継機種となります。


CapD20140225
















約5.1インチのフルHD有機ELディスプレイで、大きな特徴としてはついに搭載された防水防塵性能です。
Galaxy シリーズが現在日本で苦戦している要因の一つはこの防水防塵機能を搭載していないという点でもあるため、その弱点を克服したGalaxy S5の日本発売が待たれるところです。

防水機能を搭載してもホームキーはタッチパネルにならず、ハードキーが継続されています。

Wi-Fi環境とLTEの両方につながる環境で、両方の通信を利用してダウンロード速度を上げるという
「Download Booster」機能を搭載しているという点にも注目です。

電池容量は2800mAhで、指紋認証にも対応しています。iPhone 5sによって注目された指紋機能が、ここでも登場している形です。

NTTドコモやauからの発売が待たれますが、まだ日本での発売はまったくの未定です。

発売されるとすれば、2014年、春もしくは夏などに発売される可能性が高いのではないかと思われます。


情報元:「SAMSUNG






2月20日に行われたパズドラの新機能発表会に対して、失望が一様に広がっているようです。

発表直後には、失望売りでガンホーの株価が大幅に値を下げる場面もあったそうです。

まったく新しいパズドラ、という触れ込みで大きな期待を持たれていた2月20日の発表。
ユーザー側からすると、現行のパズドラとは登場キャラクターが同一なだけでお互いのリンクを持たせないという当初の方針などもマイナス要素として働いたのかもしれません。

新規のユーザーだけでなく古参のユーザーを引っ張っていく力が必要なため、次々新しいキャラクターやイベントを繰り返しているパズドラですが、既にキャラクター数も膨大となり、昔からのユーザーはマンネリ化し、新規のユーザーは欲しいキャラクターがなかなか手に入らないというケースも増えてきているようです。

もちろんそれでもまだまだ絶好調のパズドラですが、現状を打破するためのさらに新しい世界への扉としては2月20日の発表内容では弱すぎたということかもしれません。

まだ新しいパズドラが実際に開始されたわけでもないので、失望ばかり持つのも気が早すぎるかもしれません。実際に遊んでみたら今までとはまったく違ったやりこみ要素もあるのかもしれませんし、本家パズドラのような中毒要素も兼ね備えているかもしれません。

今までのパズドラユーザーも、新しいユーザーもともに楽しめる新しいパズドラであることを期待して、サービス開始を待ちたいところです。



記事元:「livedoor news



 
 

↑このページのトップヘ