ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2014年10月


NTTドコモは、NTT東日本/西日本の光回線(FTTH)を借りて提供する「ドコモ光」を2015年2月から開始すると発表しました。

ドコモの回線を利用しながらドコモの「パケットパック」と「ドコモ光」を同時に利用することで、「ドコモ光パック」として割引を提供するということです。

今までNTTのサービスは、固定(電話・インターネット)はNTT東西、移動(ケータイ・スマホ)はNTTドコモ、通信や国際通話はNTTコミュニケーションズとそれぞれの分野で独立していましたが、今回のサービス開始に伴い、移動と固定が限りなく近づく形となります。

これを受けてKDDIは、「脱法的行為」として痛烈に批判し、ソフトバンクは追随して同様のサービスを提供することを発表しています。

「ドコモ光」の詳細はこれからの発表待ちとなりますが、現在のNTTフレッツ光を利用しているユーザーは、ドコモ光に乗り替えることで割引サービスを利用できるようになるということです。乗替えの際には解約金などは発生しないということです。

ISPも選べるということで、ドコモとしてはNTT東西と同じく回線側を提供し、ISPはユーザー側で自由に選べるようになるようです。その際、ドコモ独自のISPなどが用意されるのかは未定です。

ドコモ光において、NTTフレッツ光と差別化するようなサービスが開始されるかどうかも現在は未定であり、今後の発表待ちとなります。

NTTのフレッツ光を利用しているドコモユーザーには朗報と言え、フレッツ光を利用しながらau、ソフトバンクを利用しているユーザーにとってはドコモへ移行するべきか悩ましいところと言えます。

とはいえ、サービス詳細が決定するまでは何がもっともお得なのかはまだまだわからないため、詳細発表後にしっかり比較検討をしていきたいところです。






NTTドコモは、10月に展開していた「家族まとめて紹介割」を予定通り10月末で終了し、2014年11月1日からは「家族まとめて割」をスタートさせると発表しました。

「家族まとめて割」は、2014年11月1日より2015年1月31日まで継続するキャンペーンで、年末年始商戦まで適用されます。

内容としては「家族まとめて紹介割」をさらにシンプルにわかりやすく改定されており、今まで新規契約や機種変更など、購入パターンで割引額が変動していた部分を改め、購入時一律で5400円割り引くという形に変更しています。(特典1)

シェアパック加入かつ同一ファミリーグループの二回線以上を同時購入という条件はそのままとなっています。

特典2についても同様に簡略化されており、特典1の対象となるユーザーが、対象機種の二台目以降の購入月をそれぞれ起算月として二ヶ月後の1日を経過した時点で、特典1の対象となる別回線と「シェアパック15~30」の同一シェアグループに加入していることが条件とされています。

特典2については、シェアグループの代表回線の請求分から10800円分を減額という形となります。

非常にわかりにくかった部分をわかりやすくしてはいるものの、それでも以前としてわかりにくい部分も含んでいます。ともかくシェアパックを組みつつ同時に二台購入をすれば割り引かれる、さらにその際にシェアパックが15以上であればより大きな割引が適用されると捉えておけばいいのではないでしょうか。

割引を目的として必要もないのにシェアパックに加入する必要はありませんが、うまく割引を活用しようと考えるのであれば、購入時のみとりあえずシェアパックに加入しておいて、後からまた別々にするという方法もあります。

ここは色々な方法が考えられますので、検討の余地があるかもしれません。

年末年始、スマホの買い替えを検討しているのであれば、ついでにシェアパックを組んだ同一グループの他回線も同時に手続きをした方がお得となりますので、もう一台この際、買い替えを検討してみてもいいかもしれません。


情報元:「NTTドコモ






NTTドコモは、以前ドコモを利用していてそのまま同一の番号で他社へ転出したユーザーが、再度ドコモに転入した際に適用する割引サービス「おかえりボーナス」を、2014年11月30日まで延長すると発表しました。

iPhone 6販売合戦で苦戦しているドコモですが、一旦iPhone目当てにドコモを出たユーザーが、再度他社からドコモへ戻ってきてもらえやすい環境を作るための延長と思われます。

これにより、以前ドコモを利用していてiPhone目当てに二年前にauやソフトバンクに転出したユーザーとしては、改めてiPhoneを取扱い開始したドコモに引き続き戻りやすい状況となっています。

おかえりボーナスの割引金額は10800円(税込)で、分割購入の場合は月々450円安くなります。

ドコモのiPhone 6に乗り替えを考えていたものの、iPhone 6の在庫不足で10月中に手続きが出来なかった人にも朗報と言えます。在庫の少ないiPhone 6 Plusと比べてiPhone 6は比較的早めに入荷もしている店舗が多いらしく、一ヶ月も待たないといけないということはないと思われます。

もうすでに予約をしている人は確実に11月中に手続きをして、しっかり「おかえりボーナス」の割引も利用したいところです。 


情報元:「NTTドコモ




 


格安MVNOサービスが百花繚乱の現在、NTTドコモはじめ大手三社が完全通話定額制を開始した煽りを受けてサービスメリットが限りなくゼロに近くなっていた「楽天でんわ」を提供する楽天が、新たなMVNO事業を開始しました。

実際に「楽天モバイル」をサービス提供する会社は、楽天のグループ会社であるフュージョン・コミュニケーションズとなっています。もともとMVNOサービス「楽天ブロードバンドLTE」を提供していることもあり、そのさらに発展型として本格的に携帯電話事業に参入するということです。

強みとしてはそのMVNO特有の価格の安さと、ドコモの回線を利用するバックボーン、さらにはMNPを利用することにより、ドコモ、au、ソフトバンクなどからも番号持ち運びが可能となっている点などが挙げられます。

通話付格安SIMとしては2.1GBの1600円(税別)は、ドコモなど大手キャリアと比較すれば激安です。
OCNモバイルONEなど、他のMVNOサービスでは通話なしプランで1000円前後のプランは多く出てきていますが、通話も込みで、ごくわずかしか通話をしないという人にとっては楽天モバイルは活用価値が見いだせるかもしれません。

注意点としては通話が多い層です。
通話が多い場合はドコモなど大手キャリアがスタートさせている完全通話定額制のプランを利用するのが最も通話料金としてはお得に利用できると思われますが、そこに通信を付加すると最低でも3500円がプラスになり、途端に高くなってしまいます。

そこで、通話はドコモのカケホーダイプラン、通信はMVNO格安SIM、という二台持ちが最安値の利用法として考えられます。
この場合楽天モバイルは選択肢から外れてしまうため、ターゲットは絞らないとしつつも自然にターゲットとなりうる層は、通話が少なく通信も控えめなライトユーザー、となってくるかもしれません。

楽天の三木谷社長は、MVNOは今まで大手キャリアの補完的意味合いが強かったが、今後はMVNOがメインになることもありうるとして将来への展望を語っています。確かに、現在大手キャリアが最も強い購入後の「アフター」面がスマホ利用に日本国民全体が慣れてくれば、アフターいらずで格安のMVNOへ流れが変わっていくこともあり得ないことではないかもしれません。

そうなってくると、大手キャリアもMVNO並に料金を下げざるを得ないという展開も十分考えられます。

現在完全通話定額制が始まってもなお、通信料金は高止まりしたままです。楽天モバイルはじめ、各MVNOの事業展開の成否によって大手キャリアユーザーの利用料金も値下げされる可能性もあると考えると、MVNOの頑張りには期待したいところです。







NTTドコモが提供するアプリ「ショッぷらっと」とは、iPhone、Androidスマートフォンの両方で利用できるお得発見アプリです。

具体的には、ショッぷらっと提携の店舗の近くを通ることで、近くに提携店舗があることを教えてくれたり、そのお店に足を運び、アプリでチェックインするだけで「star」というポイントがもらえたりします。

starがたまったら、ポイントやクーポンに交換することもできますし、今まで知らなかった店舗を街を歩くだけで教えてくれたりするというメリットもあります。

2014年10月1日時点で提携店舗は1300店舗と、まだまだ始まったばかりのサービスですが、今後利用できる店舗がさらに増えてくると、非常に便利に利用できる可能性があります。

ショッぷらっとでは、Appleが提供している位置情報サービスを拡張する技術である「iBeacon」に対応しています。
これにより、アプリを起動しなくても、近くを通るだけでチェックインできるお店やクーポン、セール情報などお勧め情報をもらうことができます。

iPhoneであればiOS7以降を搭載しているiPhone 5以降の機種、AndroidスマートフォンではAndroid4.4以降の機種が対応し、「Bluetooth機能をON」にして、「位置情報サービスをON」にすることで利用できます。

これから先注目のOnline to Offlineであり、オンライン上の情報からリアル店舗へと誘導を図る新技術として、さらなる使い勝手の向上と提携店舗の拡大に期待したいところです。



情報元:「ショッぷらっと


↑このページのトップヘ