ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2014年12月


「他社から乗り替えで〇万円キャッシュバック」という表示が各ケータイキャリアショップで繚乱していたのも今は昔。

多少のキャッシュバックがあることはあっても、以前のように数万円という極端に大きな金額をキャッシュバックしてくれるケースはかなり少数となり、あっても現金ではなくポイントバックであったりau Walletでの還元だったりと、そのまま「現金」という還元方法はかなり減ってきています。

この変化により、キャッシュバックが行われていたころと比べれば他社へ乗り換えるメリットはかなり少なくなってしまっていますが、それでもやはり、同じキャリアで機種変更するよりは他社へ乗り換えた方がメリットが大きいケースの方が多いようです。

その最大の理由としては、MNPを利用しての他社への移行を実施すると、端末代金が二年間の利用で実質0円となるケースが多いためです。同じキャリアでの機種変更であれば、タイミングやキャンペーンによっても違いますが、最新機種であればどうしてもある程度の金額的負担は発生しますが、MNPであればそれが0、もしくはあってもかなり安く済むことが多いのです。

とはいえ、ケータイキャリアの乗換えには、タイミングを間違えば解約金がかかりますし、新規の事務手数料やMNPポートアウトの手数料もかかるため、解約金がかからない更新月を狙うのが鉄則です。キャッシュバックが大きく実施されていたころは、解約金が仮にかかったとしても、その分をキャッシュバック金額で簡単に相殺できていましたが、今はその点マイナスになってしまう可能性が高いので、解約金がかからないタイミングを狙うことが以前よりも重要となっています。

MVNOが大手キャリアよりも確実に安く済むことが理解され始めてきている今、それでもサポート体制やわかりやすさを重視してドコモやau、ソフトバンクに残る場合、最低でも端末代金くらいは極力節約できるように工夫したいところです。
そのためのMNP利用は、賢くスマホを利用していく上での必須事項になりつつあるのかもしれません。

ちょっと工夫すればかなりの金額を節約できる可能性があるスマホ利用。しっかり調べて最も効率的な使い方をしていきましょう。






2015年に向けて、新機種Xperia Z4やiPhone 6sなどの噂が飛び交っています。

真実味のあるものからまさかそれは、というような噂まで様々ですが、そろそろスマートフォンも成熟期を迎えつつある今、スマホ新機種として従来通りのスペックアップやそれなりの機能向上だけでは、真新しさに欠けるようになってきてしまっています。

ウェアラブルが注目されつつあるとはいえ、まだまだ普及していくレベルにはなっておらず、これから本格的にウェアラブル端末を普及させることができるかどうかのApple Watchがまずは試金石となり、それでもだめならもうしばらく、ウェアラブルという方向性は主力というよりは付加価値という意味で爆発的にというよりは地道に広がっていくのかもしれません。

ということで2015年は、Xperia Z4やiPhone6sなどと言わず、まったく新しい何かを各メーカーから登場させてくれるくらいの勢いが欲しいところです。

例えばauから発売された初のFireFoxOSの「Fx0」のような、まったく新しいコンセプトを持った「何か」が登場してこないだろうかと、やはり「ときめき」を期待してしまいます。

結局2014年は、iPhone 6が発売されたとはいっても、大きくなった以外に目に見えて何かが変わったという劇的な変化は少なく、インパクトに欠けていたのは間違いなく、Appleからはそんな市場の当たり前を常に裏切ってもらいたいところです。

2015年は、新しい「何か」が生み出されることを今から期待しましょう。






MVNOが大きく注目された2014年、格安のSIMフリースマートフォンとして人気を集めているASUSのZenFone5。

スペックは、NTTドコモ、au、ソフトバンクなどから発売されているハイスペックモデルと比較するとやはり見劣りするものの、3万円を切るその本体価格の安さは、MVNOとも相性がよくかなりの魅力です。

最低限の機能があればよく、毎月の利用料金をとにかく抑えたいという人にかなりの人気を集めています。

ドコモ系MVNOであるOCNモバイルONEや、IIJmioなど、主要MVNOを利用するのであれば、その主力端末として手に入れておきたいスマホでもあります。設定も、主要MVNO事業者のAPN設定がプリセットされているなどの親切設計。

年配の人にも使いやすい、簡単モードも用意されており、日本語入力もATOK搭載でストレスフリー。

利用者の口コミ等も上々で、ハイスペック機種と比較してしまっている場合には微妙な評価も当然あるものの、それほど多くを求めない人にとっては十分すぎる出来、という評価がほとんどです。

専用のView Flip Coverを取り付ければ、ふたを開けるとすぐにロックが外れたり、しめると時計が表示されたりとさらに使い勝手を向上させてくれます。

ASUS製端末としては、日本でも人気のタブレット・NEXUS7が有名ですが、それをさらに上回る価値がありそうです。費用対効果も抜群のZenFone5に注目です。









昨今はドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリアのニュースよりも、MVNOに関するニュースの方が多くなってきているようです。

MVNO花盛りの昨今、またMVNO事業参入というニュースが出てきています。

SONYから分離独立したパソコンメーカーのVAIOは、日本通信と協業する形でMVNO事業に参入すると発表しました。

VAIOはスマホ端末を開発し、回線は日本通信を利用するということで、基本的にはb-mobileにVAIO製スマホが付くという形になりそうです。

通信回線はともかくとして、どういうVAIO製スマホが登場するのかは注目です。
MVNOに利用するのにあまりハイスペックで高い端末では仕方がないので、やはり低価格路線のスマートフォンになるのか、それとも大手キャリア製に近い高機能搭載モデルになるのか。

いずれにしても、このVAIOと日本通信のコラボにも、今後注目です。






人気雑誌「デジモノステーション」の1月号増刊の「SIM PERFECT BOOK」が人気を集めているようです。

人気の理由としては、MVNOによる格安SIMの特集が組んであることに加えて、IIJmio(アイアイジェイミオ)のプリペイドSIMカードが付録としてセットになっている点です。

このIIJmioのプリペイドSIMは、通常のデータ通信契約である「高速モバイル/Dサービス」への移行もできるようになっており、本来単体でIIJmioのSIMカードを買えば3000円程度かかることを考えると、雑誌の価格が1500円でSIMカード付きで販売されている「SIM PERFECT BOOK」は実に半額で済んでしまいます。

発売されるや否や、すぐに店頭から姿を消してしまうほどの人気で、手に入れるためにはなかなか入荷しないのを覚悟の上で店頭予約をするか、インターネットオークションで購入するしかない状況です。

MVNOの特集自体も充実しているため、これからMVNOにチャレンジしてみようと考えている人は、この雑誌を探してみてもいいかもしれません。

IIJmioを始めて見るならこちらのSIMで↓





 

↑このページのトップヘ