ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

2015年09月


iPhone 6s/6s Plusが発売されて初めての週末が終わりました。
日本全国のキャリアショップ及び家電量販店、Apple Storeでは、「iPhone 6s、iPhone 6s」の大合唱だったのではないでしょうか。

既に買い替えてiPhone 6sを使い始めている人も多いことでしょう。

iPhone 5sやiPhone 6からの買い替えユーザーの反応はどうでしょうか。

各種レビューサイトなどを見ると、iPhoneにある程度精通した人の使いこなしレビューばかりなので、私のようなiPhone素人ユーザーにはあまり参考になりません。iPhoneを使ってはいるけれども使いこなしているわけではないユーザーの反応がもっと知りたいところではあります。


個人的な感想を書きます。iPhoneを使いこなせないユーザーとしての感想です。


最低限使えれば問題ない私のようなユーザーにとって、iPhone 5sやiPhone 6は十分なスペックを備えており、iPhone 6sの機能などほぼ必要なく、ユーザビリティもほとんど変わらないiPhone 6sは、あえて買い替えるほどの魅力ある端末ではありませんでした。

3Dタッチと言われても別になくても問題ないし、カメラの性能が上がったといっても画質を求める場合はデジタル一眼カメラで撮ればいいわけで、今までの画質でも不満はまったくありませんでした。もちろんきれいになるにこしたことはないにしても、それだけで買い替える動機にはなりにくいと感じます。

そもそも、iPhoneは既に何年も前からほとんど完成形に近い形を維持しており、それ以上の進化が難しい状態なのです。

使いやすく、わかりやすく、簡単で、安定しており、カメラもそれなりの性能がある。
基本的にスマホ素人に近いユーザーであれば、それだけあれば十分なのです。

あえてこれ以上の進化を求めるならば、「防水」だったり、「耐衝撃性能」だったり、「おサイフケータイ機能(日本においては特にフェリカ)」であったり、テレビだったりと、今までiPhoneがAndroidスマホに後れを取っている部分が強化されれば確実に買い替え需要は今以上に高まるはずです。

もちろんそれによってデザイン性が失われたり、操作性が悪くなったりと、iPhoneの現在の良さが失われては本末転倒なので、その部分を維持しながらの進化が期待されるわけです。

次のiPhone 7が発売されるまではまたあと一年待たなければならないのかもしれませんが、素人ユーザーにとっては、そんなわかりやすい進化こそが望まれているのではないでしょうか。

個人的にはiPhoneのUI(ユーザーインターフェース)にも飽きてきたので、新しい世界観を作り上げてもらいたい気もします。
iPhoneでそれをするのが難しいのであれば、iPhoneではないAppleの別ブランドとしてでもいいのです。
Appleには今の成熟し進化が見えにくくなった今の現状を打破する新しいパラダイムへのシフトを期待したいところです。



iPhone 6s/6s Plusの発売まで、あと3日となりました。

ここまで、予約の状況において聞こえてくるのは、やはり新色であるローズゴールドが一番人気であるという話。

やっぱり人が使っていない色がいいし、ローズゴールドは実際見た目も派手すぎずおしゃれでかわいいという意見も多く、今回注目のカラーとなっています。
 
iPhoneを実際に購入する人は、やはり色にもこだわって、グレイにするかシルバーにするかゴールドにするかと悩みに悩むと思います。安い買い物ではないですし、オシャレで自分に合ったカラーを選びたいと誰しも思うものです。

しかし結局のところ、悩みに悩んで色を選んだにも関わらず、その色がまったく見えないケースを装着してしまうことで、オシャレ感も台無し、色も元が何色なのか全くわからないという使い方をしている人も多いことに気づきます。

スマホやiPhoneのカラーは、まずは何より自分が見て楽しむという意味合いと、人に見せてアピールするという意味を持ちますが、ケースによってどちらの意味合いも破壊してしまい、自分の心の中だけに自分のiPhoneのカラーをそっとしまって、心眼でのみ色を楽しんでいる人も多いわけです。


しかしそれは、あまりにもったいなくはないでしょうか。


昨今iPhoneよりもスペックが高く電池の持ちや拡張性にも優れたAndroidスマートフォンを選ばず、あえてiPhoneを選ぶのは、何より「オシャレである」という点を重視したいからではないでしょうか。

Appleが提供するiPhoneの洗練されたフォルムを覆い隠す市販のケースには、残念なことにデザイン性においてiPhoneオリジナルの美しさを凌駕するものは一切ありません。

かっこいいはずのiPhoneが、市販のケースにくるまれて驚くほどカッコ悪く見えることが非常に多いという事実に、実は気づいていないiPhoneユーザーが多いのです。

せっかくのiPhoneのカラーやデザインを楽しむために、あえてケースやカバーは利用せずに裸で使ってみるのも、通好みなあなたにはお勧めかもしれません。

ただ、落としたり傷をつけたりぶつけたり投げたりすることが多い人は、デザイン云々はあきらめて、問答無用でケースを購入しましょう





最近、ドコモのスマートフォンで「ドコモメール」アプリをダウンロードしようとすると、目に入ってくる女性キャラクターに皆さま気づいているでしょうか。

「こんなところに、なんか妙なアニメのキャラクターの広告が表示されてるな・・・」

そう感じていた人、まぁあながち間違いではないですが、正確に言うとそれは間違いです。 なぜなら、あの女性キャラクターは、妙なアニメのキャラクターでもいかがわしい広告のアニメキャラでもなく、実は「ドコモメールの公式キャラクター」なのです。


どうでしょうか、その正体を知って、どう感じたでしょうか。
とりあえず、あまりのどうでも良さに、この記事を読むのをやめようとした人も多数存在すると思います。

確かにどうでもいいことです。
しかしちょっと待ってください。ここはぜひ、もう少し付き合っていただけないでしょうか。


あの「ドコモメール公式キャラクター」をよくよく見ていただきたいのです。


今、世の中の人々はその半数以上がスマートフォンを持ち、その連絡手段としてかつて圧倒的シェアを誇った「Eメール」の文化から、時代は「LINE」という新しいメッセージングツールへとその主役を交代しました。

そして、そうした時代の趨勢は明らかな状況の中、本当に心の底から今更のように開催された「ドコモメール公式キャラクター募集コンテスト」を見事勝ち残り、栄えあるグランプリに輝いたのが、あの女性キャラクターなのです。

時代が時代なら、日本最大キャリアのNTTドコモのメールキャラクターとして一世を風靡したかもしれないのに、この哀愁具合。


しかもです。



なんとこの公式キャラクター、誕生記念でスタンプデコメが期間限定で配信されているのです。


LINEスタンプではありません。ドコモメールで利用できる、スタンプデコメです。

私はドコモメール公式キャラクターに漂う哀愁に打たれ、さすがにスタンプデコメくらい使ってあげようと思いました。

しかしながら、私は気づかざるを得なかったのです。周りの知り合いみんな、連絡手段にLINEを使っている世の中で、いったいどこでこのスタンプデコメを使えばいいのでしょうか。

LINEで連絡が取れる知り合いに対して、どうしてわざわざ公式キャラクタースタンプデコメ付きのメールを送らなければならないのでしょうか。

私は途方に暮れるしかありませんでした。

そして、勇気がほしいと思いました。

ということで、勇気を出して知り合いに、「ドコモメール公式キャラクタースタンプデコメ付きメールを送ってやった!」という勇者は、是非私にも勇気を分けてください。

もちろん、知り合いから嘲笑されてもいじめられても私は一切責任を持ちません。


このドコモメール公式キャラクタースタンプデコメは、2015年10月27日9:59分(何故?)までの期間限定配信です。
急いで(義理で)ダウンロードしましょう。




ここぞというタイミングで「スーパーカケホ」を発表したはずのauの思惑もどこへやら、結局ソフトバンクがすぐに追随、ドコモもカケホーダイライトプランの提供を発表し、結果的に3キャリア横並びの図式はまったく変わりませんでした。

もちろん各社、若干の違いはあるものの、大まかな内容はほぼ同じ。

この新プランをもって「このキャリアに変更しよう」というモチベーションにはつながりそうにありません。


新プランの条件をauが最低3GBのパケット定額を必須としているのに対して、パケット定額サービスで3GBプランを持たないドコモとソフトバンクは、最低5GBのプランを条件としています。

ドコモについては加えてシェアパックの条件を設定しており、シェアパック利用ユーザーの場合は「シェアパック15」以上が条件となっています。

つまり、シェアパック10を利用しているユーザーはカケホーダイライトを利用することができませんので、どうしてもカケホーダイライトにしたい場合はシェアパック15に上げる必要があります。

シェアパック15にした場合、月額料金はシェアパック10に対して3000円上がりますので、最低3回線以上でシェアパックを組んでいないと、結局料金は値上げになります。

つまり、

A : カケホーダイプラン×3 + シェアパック10 = 17600

B : カケホーダイライト×3 + シェアパック15 = 17600

となります。
この場合、同じ金額でデータ容量を15GB使えてお得とみるか、カケホーダイに制限ができる分損とみるかは、利用状況によります。
3回線とも電話をほとんど利用せず、データ容量を多く使う場合はBの方が向いていますし、逆にデータ容量はWi-Fi利用などでほとんど必要とせず、通話の方が多いという場合はAの方がお得です。

そういう意味では、通話中心かデータ中心かで選択肢が増えるとみることもできるので、安くはならないものの今までよりも利用環境は改善されるケースは出てくると思われます。


シェアパック利用でない場合は、

A : カケホーダイプラン + データSパック = 6200

B : カケホーダイライト + データMパック = 6700

となりますので、データ容量を必要としない人が通話をしないからといってライトプランに変えた場合、かえって高くなります。
ただ、通話はしないけれども、現在データMパック以上を利用しているという人は、カケホーダイライトにすることで単純に月1000円お得になります。

そう考えていくと、各キャリアが自信をもって「安くなる」という点をアピールしているほどには安くならないものの、中にはお得になるケースや使い勝手がよくなるケースは増えると思ってよさそうです。


ともあれ、どんどん複雑化する各社料金プラン。もはや何がなんだか、下手すると販売しているショップ店員すら理解するのに苦しむほどになってきているのではないかという状況です。

コロコロ変わる方針とキャンペーン、施策内容、料金プランなどなど、ユーザー目線で対応していくのは並大抵のことではありません。

こんなユーザーを翻弄するばかりの出来レースを繰り返すキャリアにいつまでもついていくのか、さっさと見切りをつけてシンプルかつわかりやすいプランが提供されている格安のMVNOに脱出するのか、そろそろ本気で考え始めるべきかもしれません。




NTTドコモ、au、ソフトバンクより「iPhone 6s/6s Plus」の発売が発表され、9月12日からは予約もついに始まりました。

新型iPhoneの発売を楽しみにしている人も多いと思われますが、三キャリア各社の広告で、相変わらず踊っているのが「話題のスマホ」というキーワード。
そのキーワードが使われている広告には「iPhone 6s」という表示は一切ありません。

今に始まったことではないのですが、Appleからのかなり厳しい広告の表現についての規制が入っているものと思われ、ドコモ、au、ソフトバンクともにiPhone 6sを扱う広告なのにも関わらず「iPhone 6s」というキーワードが利用できない状態と思われます。

そのため、代わりにキーワードとして利用されている「話題のスマホ」が、いったい具体的にどの機種のことを指すのかも曖昧なまま、見る側に「察してほしい」と理解を押し付ける状態で多用されている状況です。

内容を理解している人からすれば、「ああ、iPhoneのことだな」とわかるかもしれませんが、そうした知識が皆無の人が見たら、「何のことだろう?」と思うのは間違いないところです。

あたかも、ハリーポッターに出てくる『名前を呼んではいけないあの人』のようなものです。

キャリアに「iPhone 6s」というキーワードの広告利用の規制をしたとしても、結局ニュースサイトや当ブログのような一般サイトでは「iPhone 6s」というキーワードが氾濫するのですから、わざわざそんなところで規制しなくてもよさそうなものですが、Appleの方針として色々大人の事情があるのでしょう。

とりあえず「話題のスマホ」という広告を見つけたら、イコール「iPhone 6s」であると脳内変換できるようにしておきましょう。


 

↑このページのトップヘ