利用していて、何故か急に電池の持ちが非常に悪くなるケースに遭遇したことはないでしょうか。

朝満タンの状態で利用開始して、今まではどうにか夜までもっていたのに、ある日突然、昼過ぎには電池がなくなってしまうほど減りが早くなってしまった、というケースです。

こういった情報は、スマートフォンの場合、実は非常に多く報告されていて、原因にも色んなパターンが考えられます。

まず第一に挙げられる原因としては、やはりアプリの問題です。

そもそもプログラム上問題があり、作りが甘いアプリだったり、そのアプリの特性上、電池を消耗せざるを得ないようなアプリ、さらには悪意がある不正アプリをインストールしてしまった場合、当然のことながら電池の減りは劇的に早くなり、一日などとてももたない状態になることがあります。

その場合、何が悪いのか判断をするためには、その原因と思われるアプリを削除したり、最悪スマホの初期化をしたりしながら様子を見るしか方法がありませんが、こういったアプリが原因の電池の減りであった場合、初期化をすると間違いなく改善します。
ということで、電池の減りが悪くなった場合に自分自身でとりあえず対処できる方法としてはこの方法がまず挙げられます。



次に、このアプリ消去や初期化をしても改善しなかった場合に考えられる原因としては、やはりハード的な問題です。
単純に機械的な故障という意味です。
それは充電端子の破損が原因だったり、破損ではなくても、スマホ内部の基板になんらかの異常があったりすると、当然のことながら電池が持ちにくくなるということは考えられます。

どの部位の故障かは修理にだしてみないとわかりませんので、とりあえずデータのバックアップをした上でドコモショップに持っていくしかありません。

さらに、もう一つ、電池、もしくは充電器の故障という原因です。
電池もまれに不良品が混ざっていることがあるようですので、それが原因で電池が減ってしまっているというパターンと、単純に利用状況が極端に多く、思いのほか早く電池の寿命を消費してしまい、電池の性能が劣化してしまったというケース。

充電器に関しては端子が破損させてしまっていたり、どこかしら折れ曲がっていたり、というパターンが考えられます。
破損があるとやはりどうしても自己責任になってしまうので、単純に充電器で充電ができなくなった、接触が悪いと感じたら、下手に押し込んだりすることはやめ、速やかにドコモに持ち込んだ方がいいと思われます。

電池の減る原因を大きく分けると大体こんなところかと思いますが、細かくわけると異常に熱を持ってしまうことによる電池の減りだったり(熱を持つのは見えないところでアプリが起動しすぎている、CPUにかなりの負荷がかかっている状況が考えられます)、それ以外にも色んなケースが考えられますので、総合的に考えながら消去法的に原因を一つ一つつぶして改善させたいところです。

どういう状況でどれくらい電池が減っているのか、充電できているのかを調べるためには、「バッテリーMIX」というお勧めアプリがありますので、利用してみてもいいかもしれません。