NTTドコモは、青少年がスマートフォンを安心・安全に利用することができるように、spモードフィルタの機能拡張を2013年夏を目途に行っていく予定と発表しています。

通常、青少年がスマートフォンを利用する際、NTTドコモのスマートフォンではspモードフィルタを利用することにより、FOMA・Xi・docomo Wi-Fi利用時のインターネットアクセスの際、有害サイトへのアクセスを制限できるようにしていましたが、それに加えて通常のWi-Fi通信でのインターネットアクセスを行う場合でもspモードフィルタと同等のフィルタリングを適用する機能を提供するということです。

まだ細かい内容は発表されていませんが、今後決まり次第詳細も発表されると思われます。

このサービスが実際に開始されれば、今まで自宅にWi-Fi環境があると、実際のところフィルタリングの機能はほとんど意味をなさないという状況でしたが、これにより、青少年に対するフィルタリングを確実に適用できるようになりますので、多くの子を持つ家庭にとっては非常に助かる機能といえそうです。

詳細発表が待たれます。