NTTドコモの「あんしんモード」アプリは、青少年に安心・安全にスマートフォンを利用してもらえるように提供されているアプリです。

その「あんしんモード」の機能を拡張し、ネットスター株式会社が提供する「ファミリーブラウザ for docomo」と連携させる機能を2013年8月28日より追加すると発表しました。

つまりこの機能追加は、今までは普通のブラウザを使ってスマホでインターネットをする際、仮にspモードのフィルタリングを申込みしていたとしても、家庭のWi-Fiなどを利用するとspモードのフィルターを通らないため、有害サイトなどにもアクセスできてしまうというフィルタリングの弱点を補てんするものとなります。

これを利用することにより、Xi、FOMA、docomo Wi-Fi及びそれ例外のWi-Fiを利用したインターネットアクセスすべてにフィルタリングを適用することができるようになります。

「あんしんモード」には元々学齢ルール(小学生・中学生・高校生)があり、年齢に応じた機能制限がかけられるようになっていますが、ファミリーブラウザはそれを引き継いでフィルタリングを適用するということです。


2013-08-26-20-04-40























学齢ルールでアプリを制限した場合、対象を高校生にしたとしてもよく使うであろうLINEやTwitterなども制限をかけられてしまうため、実際の使い勝手はかなり不便なものとなりそうです。

ですのでそのあたりの使い方は両親の判断次第であり、アプリには制限をかけずにインターネットアクセスのみに制限をかける、ということもファミリーブラウザにより今後はできるようになっていきます。

開始当初の対応機種はGalaxy S4のみとなっていますが、順次各機種対応予定となっています。

しっかりフィルタリングをかけて未成年者の利用を管理したい方は、積極的に利用してみてもいいかもしれません。