大人気メッセージアプリを運営する「LINE」は、9月30日よりauに加えてNTTドコモ、ソフトバンクのAndroidユーザーを対象に、18歳未満のユーザーのID検索機能に制限をかけることを発表しました。

この制限により、18歳未満のAndroid端末ユーザーは、自分自身のLINE IDの設定と、他人のID検索ができなくなり、さらには他人が18歳未満のユーザーのIDを検索しても、検索結果に表示されなくなるということです。

未成年者の見知らぬ他人との不特定多数の出会いによる事件などを防ぐ目的がありますが、注意点としては、各キャリアから提供される「年齢判定サービス」を利用して18歳未満かどうか判定されるようなので、契約者利用者ともに親権者名義になっている場合などは、18歳未満という判定にかからない可能性があるため注意が必要です。

このLINEの制限を子供などに適用させたいドコモユーザーの人は、「契約者」が仮に自分(親)であっても、「利用者」を子供に設定することができるため、ドコモショップなどでその設定をしておいた方がいいと思われます。

学割などを利用している回線であれば、おそらく利用者は子供の名前で設定してあるものと思われますが、念のため確認しておくにこしたことはありません。


情報元:「LINE