先日auに続いてNTTドコモ、ソフトバンクでも開始された、LINEの18歳未満のユーザーに対するID検索規制に対する不満が続出しています(参考:「LINE」)。

LINEが本格的な規制強化に乗り出した背景には、最近の大きな事件に多くLINEが絡んでいたりしたことも無関係ではないと思われます。社会的な批判に対するLINEとしての回答が必要ということもあるのでしょう。

18歳未満のユーザーに対して、ID検索を利用停止し、さらに18歳未満のユーザーをID検索しても、検索結果に出てこないように規制がかけられています。

今回はAndroidスマートフォンに限り、iPhoneは今後規制される予定となっていますが、これを受けて、規制をかけられた18歳未満のAndroidユーザーから不満が続出しています。


2013-10-06-15-09-392013-10-06-15-24-45














年齢認証は、各ケータイキャリアの利用者情報登録を参考にして判定されるため、偽りの情報を登録することができません。

2013-10-06-15-10-172013-10-06-15-22-53




















この認証機能の注意点としては、仮に利用者が未成年者ではなくても、利用者登録がケータイキャリアでされていない場合は認証ができずにID検索が利用できないという点です

もし認証ができない場合は、ドコモの場合はドコモショップに出向き、利用者登録をしてもらう必要があります。契約者=利用者の場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話するだけでも利用者登録は完了するようです。

ドコモユーザーの場合は、LINEの設定の中から「docomoユーザー向け」を選択し、年齢認証が可能です。


2013-10-06-15-28-46





















2013-10-06-15-29-01




これにより事実上、ID検索機能は、未成年者にはまったく利用できなくなります。

抜け道としてよく言われている点は、契約者が親のスマホの場合です。
確かに契約者が親の契約であれば一見大丈夫そうではあるのですが、利用者登録が未成年者で登録してあれば、結局規制がかかるので同じことです。
特に、『学割』利用中のスマホであれば、利用者登録は未成年者が登録してあるはずなので、親の契約であったとしてもID検索は不可となります。

つまりこのID検索をかいくぐるためには、親権者の契約で、学割も利用しておらず、さらに利用者登録を親権者の名前で実施してある必要があります。

この条件を未成年者が一人でかいくぐるのは不可能と思われます。もちろん、学割を捨て、さらに親権者の協力があれば可能ですが、それを許す親権者は少数派ではないかと思われるため、LINEとして、不特定多数とのつながりを持つことができるID検索に一定の効果がある規制を入れたということで、社会に対する面目も立つという形になっています。

さらには、特定の掲示板に書き込まれたLINE IDは、検索不可になるという規制もあるようなので、かなり厳しくLINEはID検索に対して取り組んできているようです。

iPhone版は現在その規制を免れてはいますが、同じような規制がかかるのは時間の問題と思われます。そのため、AndroidからiPhoneに逃げようとしても同じことと思われますが、現状iPhoneは規制がかからないという事実を、子を持つ親であれば知っておいた方がいいかもしれません。

何より、若い世代の女性こそが、もっともiPhone利用率が高いため、iPhoneが規制されないと根本的な解決にはなりませんが、ここまでLINEが対応してきて、iPhoneを規制しないということはないと思われます。

不特定多数との繋がりを持つのが難しくなり、多くの不満の声が出ている状況ですが、ここは社会情勢などを鑑みても仕方がないところと思われます。
いかに不満の声が上がっても、この規制撤廃はまずないと思われ、それどころか他のSNS系サービスもこれを受けて、未成年者の不特定多数との繋がりを助長するような機能に対しては規制をかけてくる可能性もあります。

未成年者からは不満の声が上がる一方で、保護者や大人の立場からは歓迎の声も聞かれています。

そもそもID検索を利用しなくても、普通の友達とは電話番号やメール、SNSを利用して友達登録はできるため、不満を挙げているのはまさしく不特定多数との繋がりを持とうとしていた未成年者たちと思われ、LINEの狙いはまさしく奏功しているとも言えます。

ただ一つ、今回の規制で問題なのは、前述した通り、ドコモで利用者登録をされていない人は、成人であってもID検索の認証を通らないという点にあります。

多少面倒ですが、どうしてもID検索を利用したい人は、ドコモショップに足を運んで利用者登録をするか、インフォメーションセンターに電話して利用者登録を実施するようにしましょう。

追記:取り消し線部分は、現在変更になっているようです。