総務省から、平成26年(2014年)10月1日より携帯電話とPHS間の番号ポータビリティ(MNP)が開始されると9月25日に発表されています。

これにより、いよいよ070番号の携帯電話や080、090番号のPHSなどが登場してくることになり、番号による携帯電話とPHSの見極めはできなくなっていきます。

唯一PHSを見極める方法としては、PHSに電話をかけると特別な呼び出し音がなって判別することができるということですが、このサービス自体は事実上日本に残された唯一のPHS事業者であるワイモバイルによって提供されるということです。

同じく、今まで携帯電話とPHS間では利用できなかったSMS(ショートメッセージサービス)の利用も可能になるということです。

番号さえわかればLINEアカウントもEメールアドレスも知らなくても相手に文章でメッセージを送信することができるSMSは、地味に利用している人も少なくなく、PHSに対しても送られるようになるのであれば利便性が増すのではないでしょうか。

世間一般でまだまだ普及しているとはいいがたい070番号が、今後どんどん世間に浸透していくのかもしれません。



情報元:「総務省