注目を集めていたVAIO PHONEが、がっかり端末として話題になっています。

ロースペック端末と変わらない性能なのに価格帯はミドルレンジの5万円台ということで、全体的に「?」という感想がほとんどのようです。

同等スペックの海外製格安スマホがVAIO PHONEより2~3万円も安いのに、VAIO PHONEだけがそれなりの価格に設定されているのは、VAIOのデザインやブランドに対してのみ、価格がかかっているのかと言われても確かに仕方がない部分もあります。

狙いとしてのターゲット自体、高価格帯と格安スマホの中間層という中途半端な層をターゲットとしており、それならどちらかに特化した方がまだ狙いが明確になったのではないかと思われます。

仮に中間層の人たちがVAIO PHONEに興味を持ったとしても、同等スペックの安い機種が他にあるのなら、あえてVAIO PHONEを選ぶ理由は皆無となります。

「これなら中国製格安スマホの方が・・・」という意見が出てきても確かに否定が難しいところです。

VAIO PHONEにはVAIO PHONEにしかない魅力がある、と胸を張って言えるようなスマホではないようですが、今回のがっかりな評判を受けて、今後の展開には期待したいところです。