NTTドコモは、「ドコモの保険」として、「ワンタイム保険」、「医療保険」、「サイクル保険」に続く保険商品として「ペット保険」の取り扱いを開始すると発表しました。

ドコモの保険は今まで、東京海上日動火災保険を引き受け会社としていましたが、今回のペット保険は、その保険の性質上、ペット保険を専門に取り扱う損害保険会社の「アイペット損害保険」が引受会社となっています。

ペットの保険として「トータルケア」と「手術ケア」の二種類を取扱い、トータルケアでは手術、通院、入院治療を70%/50%補償し、手術ケアでは手術と、その手術を含む連続した入院について90%の費用を補償してくれます。

人と違い、国民健康保険や協会けんぽのような公的保証がないペットは、治療費や手術費が全額負担となってしまい、高額になりがちです。
だからこそ、ペット保険をかけておけば万が一の際に治療費の多くを補償してくれるため、今人気を集めています。

NTTドコモでは、ペット関連サービスとして「ペットフィット」を展開していますが、それと合わせてさらにペットに対するサービスを補強する意味もあるのか、このペット保険の取り扱いを開始しています。

元々ケータイキャリアであるNTTドコモで保険の申込みというのも違和感がありますが、せっかくのサービスですので、家族同様に大切な存在であるペットに対する保険も検討してみてもいいかもしれません。