2016年末、ソフトバンクが例年よりかなり早く学割を発表してきたため、ドコモやauも早めの発表になるかとおもいましたが、そんなことはなかったですね。

間に合わなかったのか、単純に発表を急がなかっただけなのか。

例年通りのペースであれば、おそらく2017年1月中、遅くても下旬にはドコモやauからも発表があるものと思われます。


ただ、ソフトンバクの学割モンスターを見る限り、今年もあまり学割の内容には期待できないかもしれませんね。

学割の方向性は昨年より大きく転換しています。

割引よりも、データ増量、という方向になってしまったのです。

学割でひたすら安くしたい、という要望は、少なくとも昨年はほとんど通りませんでした。

もちろんデータ増量だって役には立つのですが、昨今自宅にWi-Fi環境があるところも増えてきているはずであり、Wi-Fiがあるのであれば実際のところそんなにデータ増量はありがたくないケースもあるわけです。

「料金を安くしたい」という市場のニーズに対して、ドコモを含む大手キャリアは昨今、応えなくなってきました。

あえて、料金を安くしたいというニーズに関しては黙殺し、ほかの部分、例えば学割でいえばまさに「データ容量を増やしたい」というニーズに応えているのです。

問題のすり替えですね。

何度もいいますしもはや言う必要もないくらいですが、安くしたいならMVNOに移行したらいい。

大手キャリアとしては、それくらいの気持ちなのかもしれません。

移れるなら移ってみろと。

自分たちだけで自己完結できるのかと。

大手キャリアのサポートがないと生きていけないはずだと。

そんな、傲慢な自信があるのではないでしょうか。
そして、多くのユーザーは、そんな風に大手キャリアから甘く見られているわけです。

なんだかんだいっても、結局MVNOには移れないはずだ、と。


現代は、ユーザーが賢くならなければならない時代です。

賢くなればなるほど、よりよい生活を送れる仕組みになっているのです。

スマホも同じです。


学割も楽しみではありますが、学割の内容を見極めて、イマイチ、と思ったなら、早々に別の選択肢も検討してみる価値はあると思います。

今は様々、たくさんの自由と選択肢が転がっているのです。選び抜きましょう。