ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: NTTドコモ・らくらくスマホ情報


長年ケータイを使ってきたけれども、さすがにそろそろスマートフォンというものに興味を覚え始めているという人も多いのではないでしょうか。

ただそうはいっても、今までのケータイからスマホに変わると使い方も大きく変わるために、決断できないまま二の足を踏んでいる人も非常に多いようです。

特に年配のケータイユーザーは、今まで使い慣れたらくらくホンからスマホへの買い替えは、それなりのチャレンジ精神とかなりの思いきりが必要になります。

まずネックになるのが、価格。本体価格もそうですが、それよりも大きくのしかかってくるのは毎月の利用料金です。

今までらくらくホンで通話を少しする程度しか利用していなかった、という層は、毎月2000円~3000円程度に抑えていたという人も多いようです。その料金が一気に、月あたり5000円~7000円程度に跳ね上がります。さすがにスマホに何のメリットもないのにそれだけの通信料の上がり幅を許容できる人はいないでしょう。

スマホに対して何らかのメリットを感じられるからこそ、料金が上がっても利用してみたいと感じるのであり、スマホにしても特に利用状況が今までと変わらず電話とメールのみ、という人であれば、スマホへの移行は思いとどまった方が正解かもしれません。

らくらくスマートフォンは、そのデザインとタッチパネルの使いやすさから、視覚的もより見やすく、慣れてしまえば実は普通のらくらくホンよりも年配者向けと言える部分も少なくないのですが、如何せん毎月の利用料金は確実に上がるので、それを許容できるかどうかがらくらくスマホユーザーになれるかどうかの分かれ目です。

まず考えるべきは、『スマホで何をしたいのか』、『どんな使い方をしたいのか』という点であり、これが明確でない場合はまずそこから考えてみましょう。

「そもそもスマホで何ができるのかわからない」という人もいるでしょう。その場合はまず、スマホで何ができるのかを調べることが先です。何ができるかわからないのにスマホに買い替えるのは、やはりリスクが大きいと言えます。

電話、メール以外にもインターネットやカメラ、ナビ、動画視聴、テレビ視聴などなど、機種によっても様々ですが、非常に多くの使い道があります。
機種によっては普通のスマホと同じようにアプリをダウンロードすることもできたり、最近需要が多いLINEを使うことができる機種もあります。

画面がどうしても見づらいようなららくらくスマホを購入するのではなく、画面の大きいタブレットを選択するという方法も昨今流行っているようです。ただこの場合は、ケータイとしての機能はケータイに残しながら、インターネット専用端末としてタブレットを利用するという形になってきますので、利用目的がより明確である必要があります。

最近は周囲にスマートフォンを利用している人も増えていると思います。既に利用している人にどんなことができるのか聞いてみてもいいでしょう。単純に販売店の店員さんを捕まえて質問するのもいいでしょう。
らくらくスマホを利用するために、しっかりわからないところは潰してから購入するつもりで慎重になってみてもいいのかもしれません。

一つ確実なのは、普通のケータイから、らくらくスマートフォンへ買い替えた場合、今までとはまったく違った世界を体験できるようになります。後悔しないように吟味した上で、一度スマホの世界にチャレンジしてみてもいいのかもしれません。






NTTドコモから8月16日に発売されたらくらくスマートフォン2に、一見不具合と間違ってしまいそうな機能の報告が上がっています。

らくらくスマートフォン2には、音声読み上げ機能が搭載されていますが、この機能がオンになっていると、スクロールをする際に指一本ではスクロールができず、指二本を使わないとスクロールができない仕様になっているようです。

これに気づかず音声読み上げをオンにして、急にスクロールができなくなったと驚いて修理に出してしまうケースがあるようです。

まだ発売されたばかりのらくらくスマートフォン2ということで、販売店やドコモショップなどでも情報の共有ができていない可能性もあるため、もし指一本でスクロールができないという事象に遭遇した場合は、音声読み上げ機能がオンになっていないかどうかをまず、確認するようにしましょう。

そうしないと、故障じゃないのに無駄に修理に出す羽目になってしまいます。

それにしてもどうしてそんな仕様にしたのでしょうか。
とりあえずらくらくスマートフォン2を使っている人や、家族が使っているという人は、豆知識として覚えていてもいいかもしれません。



 
 

NTTドコモは、現在発売されているらくらくスマートフォン及びらくらくスマートフォン2向けに、人気アプリ「LINE」を高齢者向けに提供するということです。

本来らくらくスマホはGoogle playに対応しておらず、アプリをダウンロードすることができませんが、ドコモのLINEとの提携や、高齢者層でのLINEに対する需要の高まりから、らくらくスマホでもLINEを利用できるようにするという話は以前から話は出ていて、今回再度10月頃に提供開始とされています。

機能としては、通常のLINEとは違い、音声通話とトークと呼ばれる短文や無料スタンプのやりとりに制限し、優良スタンプやゲームなどは削除するそうです。
その分課金に対する不安などをなくし、安心して利用できるようにされています。

子供や孫と簡単につながり、コミュニケーションを取り合えるLINEに対する高齢者層の需要は日に日に高まっており、それにこたえる形となります。

今までLINEをしたいためにスマホが欲しいけれども、簡単ならくらくスマホではLINEに対応していなかったことで機種変更に踏み切れなかった層にもうれしいニュースといえます。

既に発売されているらくらくスマホ2は、スペックも前作とは比べものにならないくらい向上していますので、初めてのスマホとして検討してみてもよさそうです。






NTTドコモ、らくらくホンシリーズの最新機種、らくらくスマートフォン2の事前予約が9日、始まりました。 
発売日予定は16日となっています。

らくらくスマートフォン2は、先日発表されたらくらくスマートフォンプレミアムとは異なり、前作らくらくスマートホンと同じでGoogle playに非対応となっています。

必要最低限のアプリをはじめからプリインストールし、後付けでアプリのインストールはできなくなっています。

前作とは違い今回はXi対応となっているため、パケホーダイもXi対応のパケホーダイとなります。
ですが、らくらくパケホーダイがXiでも利用できるようになっているため、月額料金としては2980円とらくらくスマホ1と同じ料金で利用可能です。
パケットの上限容量もらくらくパケホーダイと同じく500MBとなっているため、あまり大容量のデータ通信は行えなくなっていますが、最低限のインターネット利用は可能です。
もちろんそれ以上にパケットを利用したい人は、通常のXiパケホーダイ・ライト/フラットが利用可能です。

今回のらくらくスマートフォン2の最大の売りは、やはりそのスペックといえます。

前作とは比べものにならないハイスペック機種となっており、通常のスマホと比較しても全くひけをとりません。

CPUにはSnapdragon600 APQ8064T 1.7GHzを採用、メモリも2GB、バッテリー容量は2100mAhです。
さらにはタッチパネル感度も劇的に改善し、らくらくスマホでクレームの種となっていた操作性の悪さや不具合なども気にすることなく快適に利用できそうです。

初代らくらくスマホで痛い目をみた人は、なかなか次の機種にも手を出しにくいところがあるかとは思いますが、ARROWS NX F-06Eでもかなりの高評価を獲得したFシリーズには、期待してもよさそうです。

ボタンのように押した感触がある「らくらくタッチパネル」は改良されて引き継がれており、今回はまったく別物の快適利用ができそうな感度のよさとなっています。

初代らくらくスマホのタッチパネルは、時に操作不良の原因になったりもしていたようなので、ある意味余計な機能ととられているケースもあったようですが、今回は期待大です。

らくらくスマホ2は、ネットやアプリ系に対してライトな使い方をする年配層がターゲットになっていますので、まだ初めてのスマホに踏み切れずに悩んでいた人にとっては、待ってましたといえそうな端末となっています。

今までらくらくスマホではLINEが使いたいけど使えないという問題がありましたが、今回のらくらくスマホ2は発売後に対応する予定となっています。

発売時にLINEはプリインストールされていませんが、今年中、早ければ10月にも対応予定になっているということですので、気軽にLINEを体験してみたい人にもお勧めです、

らくらくスマホの不具合の多さに二の足を踏んでいた人たちも、今回はチャレンジしてみてもいいのかもしれません。










一般的には既に多くの人々がスマートフォンに乗り換えていますが、まだまだ従来のケータイ(フィーチャーフォン)を利用している人も全体としてみれば非常に多いのが昨今の状況です。

そんなiモードユーザーをスマートフォンへ誘導するためにドコモは、XperiaとGalaxyのツートップ施策によっておすすめスマホを明確にし、価格も優遇して初めてスマートフォンに変更する人たちに対する敷居を下げ、乗り換えやすくなる施策を打ってきています。

ただ、それでもなお、いまだ多いフィーチャーフォンユーザーの中での年齢層を調べると、50歳代以上のユーザーが非常に多いということです。

50歳以上のケータイユーザーは、そもそもスマホに変更するメリットを見出すことができていない人が非常に多いということが一つ。
さらに、そもそもパケット通信料がほとんどかからずに利用をしている人が多いため、スマホに乗り換えることによる利用料金の増額を考えてスマホへの変更に対して二の足を踏んでいるようです。

そうした人たちに少しでも安くスマホへの乗り換えを促進するために設定されているのが「らくらくパケホーダイ」ですが、それでも定額2980円という料金設定は、今までパケット利用がほとんどなかった人たちからするとまだまだ高いと思われます。

パケット利用はほとんどないがタッチパネルのスマホは使ってみたいという層も少なくないため、そうしたユーザーに対応するもっと安価な料金プランが望まれているのかもしれません。

8月、9月でドコモは、スマホをしっかり使いこなしたいが、文字の大きさや使いやすさなどの問題でスマホに替えにくいと考えている人たちに向けて、らくらくスマホ2とらくらくスマートフォンプレミアムの発売を予定しています。

らくらくスマートフォン2は単純に今までのらくらくスマホのスペック進化版。

らくらくスマホプレミアムは、通常のスマホと変わらずに利用できるXiパケホーダイフラット・ライト、さらにGoogle play利用が可能になっていることにより、好きなアプリを後からインストールして利用することができるという、今までらくらくスマホでできなかった機能が追加されています。

この二機種発売におけるNTTドコモの狙いとしては、その二機種によって50歳以上の層のスマホへの移行をさらに進めたいものと思われます。

まだまだ4000万近いユーザーがFOMA契約のNTTドコモ、まだまだフィーチャーフォンでの機種変更ユーザーなども多いことから、完全にXiスマホに移行するには長い年数がかかりそうです。





↑このページのトップヘ