ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: NTTドコモ iPhone情報


au、ソフトバンクだけでなく、NTTドコモからもiPhoneが発売されて既に二年を過ぎ、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6sと、三世代のiPhoneシリーズが既にドコモでも投入されています。

そんな中、いまだにAndroidスマートフォンを使い続ける人々も、実は数多く存在します。

iPhoneユーザーからすれば、「こんなにみんながiPhoneを使っているのに、なぜかたくなにカッコ悪くて故障も多いAndroidを使い続けるのだろう?」 と思えて仕方がないかもしれません。

まぁそんな気持ちもわからなくはないのですが、それこそまさしく余計なお世話というもので、AndroidユーザーにはAndroidユーザーなりの価値観があるのです。

逆にAndoroidユーザーから言わせれば、「どうしてあんな新機種が出ても変わり映えしない同じようなデザインを飽きもなく使えるのだろう。もっと違うデザインや新しいUIなどを利用したいと思わないのだろうか。防水もテレビもSDカードも使えない上にキャリアショップで修理もできない不便な機種を好んで使うなんて、物好きもいたものだ」となります。

こんな議論は一日中やりあったところで結局水掛け論にしかならないどうでもいいものです。
誰もが妥協できる点とできない点には違いがあり、そのうえで好ましいと思える機種を好き好きで選んでいるのだから、他人が他人の選択について口を挟む問題ではありません。

しかし、これだけiPhoneが騒がれていても完全にiPhone一辺倒になるわけではなく、Androidユーザーも一定数存在し続けていることを考えると、Androidの良さもやはり一般的に受け入れられている部分も大きいと考えていいはずです。

では、現在のiPhoneのどこがどうなったら、まだAndroidを利用し続けているユーザーもiPhoneに変えようと思うのでしょうか。


1.防水がついたら。

雨が多い日本では、特に要望が多い機能がこの「防水」です。仕事上、性格上どうしても防水はないと困る、という人が一定数いるのは間違いなく、防水がないためにiPhoneをNGとするユーザーは多いようです。


2.キャリアショップで修理対応してくれるようになったら。
ここでどうしてもひっかかるユーザーは多いようです。今までの慣習として、故障したらキャリアショップへ持っていく、というのが当たり前になっており、それができずAppleに直接電話をするかAppleの修理受付拠点へと足を運ぶ必要があるiPhoneはどうしても使いたくない、というユーザーも少なくないようです。


3.microSDカードが使えるようになったら。
最近はクラウドの利用がかなり普及してきてはいますが、それはあくまで使いこなしているユーザーの話。一般のユーザーはやはり、万が一に備えてバックアップが取れるmicroSDカードがあったらすごく便利だと考えています。

4.もっと色々なUIを選択できるようになったり、色やデザインのバリエーションが増えたら。
そもそもそういう希望がある人は無理をしてiPhoneを選ぶ必要はないのですが。 


とりあえず今後、Appleが少なくとも日本向けにだけでも、こうした上記条件を加味した新iPhoneを投入して来たら、基本的にAndroidを選択する理由がなくなります。
というより、そんな状況になったら、iPhoneのAndroid化が進むことを意味し、逆にAndroidもiPhone化が今後もっと進んでくることもあるでしょうから、最終的にはiPhoneもAndroidスマホも差別化が難しくなってくるのかもしれません。

iPhoneが、Androidが、という比較自体、10年後には無意味なことになっているかもしれませんね。



iPhone 6s/6s Plusが発売されて初めての週末が終わりました。
日本全国のキャリアショップ及び家電量販店、Apple Storeでは、「iPhone 6s、iPhone 6s」の大合唱だったのではないでしょうか。

既に買い替えてiPhone 6sを使い始めている人も多いことでしょう。

iPhone 5sやiPhone 6からの買い替えユーザーの反応はどうでしょうか。

各種レビューサイトなどを見ると、iPhoneにある程度精通した人の使いこなしレビューばかりなので、私のようなiPhone素人ユーザーにはあまり参考になりません。iPhoneを使ってはいるけれども使いこなしているわけではないユーザーの反応がもっと知りたいところではあります。


個人的な感想を書きます。iPhoneを使いこなせないユーザーとしての感想です。


最低限使えれば問題ない私のようなユーザーにとって、iPhone 5sやiPhone 6は十分なスペックを備えており、iPhone 6sの機能などほぼ必要なく、ユーザビリティもほとんど変わらないiPhone 6sは、あえて買い替えるほどの魅力ある端末ではありませんでした。

3Dタッチと言われても別になくても問題ないし、カメラの性能が上がったといっても画質を求める場合はデジタル一眼カメラで撮ればいいわけで、今までの画質でも不満はまったくありませんでした。もちろんきれいになるにこしたことはないにしても、それだけで買い替える動機にはなりにくいと感じます。

そもそも、iPhoneは既に何年も前からほとんど完成形に近い形を維持しており、それ以上の進化が難しい状態なのです。

使いやすく、わかりやすく、簡単で、安定しており、カメラもそれなりの性能がある。
基本的にスマホ素人に近いユーザーであれば、それだけあれば十分なのです。

あえてこれ以上の進化を求めるならば、「防水」だったり、「耐衝撃性能」だったり、「おサイフケータイ機能(日本においては特にフェリカ)」であったり、テレビだったりと、今までiPhoneがAndroidスマホに後れを取っている部分が強化されれば確実に買い替え需要は今以上に高まるはずです。

もちろんそれによってデザイン性が失われたり、操作性が悪くなったりと、iPhoneの現在の良さが失われては本末転倒なので、その部分を維持しながらの進化が期待されるわけです。

次のiPhone 7が発売されるまではまたあと一年待たなければならないのかもしれませんが、素人ユーザーにとっては、そんなわかりやすい進化こそが望まれているのではないでしょうか。

個人的にはiPhoneのUI(ユーザーインターフェース)にも飽きてきたので、新しい世界観を作り上げてもらいたい気もします。
iPhoneでそれをするのが難しいのであれば、iPhoneではないAppleの別ブランドとしてでもいいのです。
Appleには今の成熟し進化が見えにくくなった今の現状を打破する新しいパラダイムへのシフトを期待したいところです。



iPhone 6s/6s Plusの発売まで、あと3日となりました。

ここまで、予約の状況において聞こえてくるのは、やはり新色であるローズゴールドが一番人気であるという話。

やっぱり人が使っていない色がいいし、ローズゴールドは実際見た目も派手すぎずおしゃれでかわいいという意見も多く、今回注目のカラーとなっています。
 
iPhoneを実際に購入する人は、やはり色にもこだわって、グレイにするかシルバーにするかゴールドにするかと悩みに悩むと思います。安い買い物ではないですし、オシャレで自分に合ったカラーを選びたいと誰しも思うものです。

しかし結局のところ、悩みに悩んで色を選んだにも関わらず、その色がまったく見えないケースを装着してしまうことで、オシャレ感も台無し、色も元が何色なのか全くわからないという使い方をしている人も多いことに気づきます。

スマホやiPhoneのカラーは、まずは何より自分が見て楽しむという意味合いと、人に見せてアピールするという意味を持ちますが、ケースによってどちらの意味合いも破壊してしまい、自分の心の中だけに自分のiPhoneのカラーをそっとしまって、心眼でのみ色を楽しんでいる人も多いわけです。


しかしそれは、あまりにもったいなくはないでしょうか。


昨今iPhoneよりもスペックが高く電池の持ちや拡張性にも優れたAndroidスマートフォンを選ばず、あえてiPhoneを選ぶのは、何より「オシャレである」という点を重視したいからではないでしょうか。

Appleが提供するiPhoneの洗練されたフォルムを覆い隠す市販のケースには、残念なことにデザイン性においてiPhoneオリジナルの美しさを凌駕するものは一切ありません。

かっこいいはずのiPhoneが、市販のケースにくるまれて驚くほどカッコ悪く見えることが非常に多いという事実に、実は気づいていないiPhoneユーザーが多いのです。

せっかくのiPhoneのカラーやデザインを楽しむために、あえてケースやカバーは利用せずに裸で使ってみるのも、通好みなあなたにはお勧めかもしれません。

ただ、落としたり傷をつけたりぶつけたり投げたりすることが多い人は、デザイン云々はあきらめて、問答無用でケースを購入しましょう





NTTドコモ、au、ソフトバンクより「iPhone 6s/6s Plus」の発売が発表され、9月12日からは予約もついに始まりました。

新型iPhoneの発売を楽しみにしている人も多いと思われますが、三キャリア各社の広告で、相変わらず踊っているのが「話題のスマホ」というキーワード。
そのキーワードが使われている広告には「iPhone 6s」という表示は一切ありません。

今に始まったことではないのですが、Appleからのかなり厳しい広告の表現についての規制が入っているものと思われ、ドコモ、au、ソフトバンクともにiPhone 6sを扱う広告なのにも関わらず「iPhone 6s」というキーワードが利用できない状態と思われます。

そのため、代わりにキーワードとして利用されている「話題のスマホ」が、いったい具体的にどの機種のことを指すのかも曖昧なまま、見る側に「察してほしい」と理解を押し付ける状態で多用されている状況です。

内容を理解している人からすれば、「ああ、iPhoneのことだな」とわかるかもしれませんが、そうした知識が皆無の人が見たら、「何のことだろう?」と思うのは間違いないところです。

あたかも、ハリーポッターに出てくる『名前を呼んではいけないあの人』のようなものです。

キャリアに「iPhone 6s」というキーワードの広告利用の規制をしたとしても、結局ニュースサイトや当ブログのような一般サイトでは「iPhone 6s」というキーワードが氾濫するのですから、わざわざそんなところで規制しなくてもよさそうなものですが、Appleの方針として色々大人の事情があるのでしょう。

とりあえず「話題のスマホ」という広告を見つけたら、イコール「iPhone 6s」であると脳内変換できるようにしておきましょう。


 


2015年9月9日(現地時間)に発表されたAppleの新商品「iPhone 6s/6s Plus」ですが、日本における予約開始日、発売日はドコモ、au、ソフトバンクともに9月12日の午後4時1分ということになりました。

これはおおむね予想通りというところなのですが、一部、まさかの例外が発生してしまったようです。

ツイッター上および各種ニュースサイトなどで報じられているのが、ドコモの「フライング」

朝の時点でどうやら、ドコモは10日の午後2時から予約を開始するとしていたらしく、それを知ってか知らずか10日にドコモショップなどに予約に出向いた人は、無事予約が完了してしまったらしいのです。

ドコモ全体が混乱していたのか、予約の「事前登録」を実施するという予定とその撤回の情報が全店に徹底されるまでの「空白の数時間」こそが、どうやら今回予約が可能だった時間帯のようです。


しかし現在は当然、予約の事前登録なるものは撤回されてストップされているため、予約をしようと思っても「12日の午後4時1分からです」との返答があるようです。

撤回された理由としては「システムの調整が間に合わなかった」ということのようですが、実際のところはシステムの調整というよりも、Appleとの調整がうまくいかなかった、という可能性も考えらえます。秘密主義のAppleがそんな内容を公表させるはずがないので、余計にそう思えるわけです。


ともかく、本当に誰より早く予約をしたいと考えていた人にとっては、何やら不公平感ありありな感じになってしまいましたが、それもやはり「早い者勝ち」というところでしょうか。

逆に言えば、たまたま予約が完了してしまった人々は、現在、優越感満載かもしれません。

ドコモらしいといえばドコモらしい、そして珍しいトラブルだったといえます。

色んなことにケチがついている最近のドコモ、頼みのiPhoneにまでケチがついて、今後またどう動いていくのかにも注目したいところです。


 

↑このページのトップヘ