ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: NTTドコモ2014年秋モデル情報


iPhone 6/6 Plusの在庫状況で、ドコモだけが在庫を抱えている店舗が多いようです。
au、ソフトバンクがそれぞれ在庫がないのに対してドコモだけ在庫があるのは、それだけ割り振りが多いのか、それとも単に売れていないだけなのでしょうか。

売上ランキングなどを見ると、上位はほとんどソフトバンクとauのiPhone 6が占めています。
単純にドコモのiPhone 6だけ売れていないという方が正解なのかもしれません。

ドコモのiPhoneユーザーが最も少なく、iPhoneを望むユーザーは昨年ほとんどiPhone 5sに買い替えていることが要因として考えられますが、ドコモが目論む他社からのポートイン促進施策はうまく回転していないということでしょうか。

一旦下火になったキャッシュバックですが、一部au、ソフトバンクの店舗では数万円のキャッシュバックが復活している店舗もあるようです。ドコモに関してはキャッシュバックを行っている店舗がほとんど見られないのは、キャッシュバックではなく下取りによるポイント即時還元に重きを置いているためかもしれません。

ドコモのiPhone 6に関しては、仮に在庫がなかったとしても少し待てばすぐに入荷するような状況にあるらしく、昨年のようにかなり待たされるということはなさそうです。
ソフトバンクやauでなかなか入荷しないという人は、この機会にドコモへのMNPを考えてみるのもありかもしれません。 




 
 


NTTドコモの2014年夏モデルが、早くも在庫がなくなり入荷未定となる機種が出てきています。

Xperia Z2 SO-03F、AQUOS SH-05Fの両機種は、既にドコモオンラインショップでも入荷がキャンセル待ちのみとなっており、入荷予定がないということは既に製造が終了している可能性大です。

iPhoneシリーズでも、iPhone 5cの在庫が全色切れており、こちらもいち早く販売が終了してしまった可能性があります。iPhone 5sはまだ、若干在庫があるようですが、小型のiPhoneを好む人に改めて売れ始めているようなので、こちらも検討している人は急いだ方がいいかもしれません。

Androidスマートフォンについては、2014年9月30日に2014年-2015年冬春モデルの発表があるため既に製造を抑えてあるものと思われますが、2013年-2014年冬春モデルであるSH-01FやF-01Fはずいぶん長く在庫があり、現在も減ってきてはいるとはいえドコモオンラインショップでも販売が継続しているのと対照的です。

特にSH-05Fなどは、ドコモとしては元々あまり販売する気がなかったのかもしれません。

今の時期はiPhone 6ばかりが注目を集めており、Android機種を希望する人にとっては選択肢が少なく買い替えしにくい時期です。
発表間近の冬春モデルにおいて、魅力があり、かつ値段も手ごろな新機種が待たれるところです。






2014年9月19日に日本でも発売されたAppleのiPhone 6/6 Plus。

iOS7に続く新型OSとしてiOS8を搭載したiPhone 6ですが、その基本ソフトであるiOS8が不具合祭りの様相を呈してきています。

約一週間で不具合改善の修正版としてリリースされたiOS8.0.1に、さらなる不具合が見つかり、すぐに配信が止められてしまいました。

その新たに発現した不具合が致命的で、携帯ネットワークにつながらなくなり圏外となってしまったり、Touch IDが使えなくなるという携帯としての機能の根本に問題が発生しました。

慌てたAppleはすぐに対策版としてのiOS8.0.2をリリースしましたが、この更新を実施した後でも、同じような症状が発現するという情報も出てきているようです。

CapD20140927











まさにiOS8、昨年のマップ騒動に続く不具合祭りとなりつつあります。

新しいOSのリリース直後はある程度の不具合は仕方ないとは思いますが、毎年続くと『例年通りのAppleの不具合』と言われ始めてしまう可能性もあります。むしろもう、そういわれているかもしれません。

過去、『F不具合祭り』をくぐり抜けてきたドコモのAndroidユーザーですが、まさかiPhoneでも同じ目に遭遇するとは想像できなかったかもしれません。

ただ、ソフトウェアの問題であれば、時間とともにプログラムも修正されていくので、やがて落ち着いてはくるはずです。

もうしばらくはiPhone 6ユーザーにとっては、じっと我慢の時かもしれません。






iPhone 6 Plusが、圧力をかけると比較的容易に曲がってしまうと話題になっています。

その検証動画まで登場し、iPhone 6 Plusに対するネガティブキャンペーンというよりはほぼほぼ事実であるらしいですが、まぁ要は普通に大切に扱えば問題ないので、iPhone 6 Plusユーザーや同機種を検討している人は気にしすぎないようにしたいところです。

基本的に、スマホというもの圧力をかければ壊れるのは当たり前と考えておきましょう。

ただもちろん、iPhoneに限らずスマホを割ってしまったという人は後を絶ちません。落としてしまったりぶつけてしまったり、鞄にいれたまま潰してしまったりと色々なケースがありますが、そうした失敗をしてしまうケースで共通しているのは、スマホが精密機械であるという認識が欠けているという点です。

ケータイではあるものの、スマホはパソコンにより近い精密機械でもあるので、乱暴に扱うとすぐに壊れてしまう可能性があります。

最近は防水・防塵を備えている機種も増えてきてはいますが、iPhoneのように、汚れや水に弱い機種もあります。
基本的なことですが、iPhoneやスマホの取り扱いには十分注意して長く利用できるようにしたいところです。



 
 


iPhone 6をいち早く手に入れた人、iPhone 5s/5cで最新OSへのバージョンアップが完了した人は、iOS8の新機能はもう体験してみたでしょうか。

今までできなかった機能を利用してみるのは、なんとなく楽しく感じられるものです。
早めにチェックして、知らない人に教えてあげてもいいかもしれません。

最新機能の一つとして、Androidの専売特許だったウィジェット機能がiOS8にも搭載されています。

ウィジェットと言ってもAndroidのようにホーム画面に直接おけるわけではないのが残念なところですが、上部から下へスワイプすることで出てくる通知センターに置くことができます。


CapD20140922_1



















通知センターで編集をすることができます。

CapD20140922

 

















順番を替えたり、新しいウィジェットアプリをインストールしたりすることで、追加したりすることができます。

CapD20140922_2




















iOS8に対応した、ウィジェット対応アプリが少しずつ増えてきています。
今後はもっともっと増えてくると思われますので、色々な便利ウィジェットアプリが待たれるところです。

新たなiPhoneの利用方法として、覚えておきたいところです。





↑このページのトップヘ