ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: お勧めスマートフォンカバー


NTTドコモから2014年11月14日に発売されたSHARPのAQUOS ZETA SH-01G。

特徴的な機能としてSHARP製の家電商品に搭載されている「ココロエンジン」をベースにスマホ向けに開発された「エモパー」があり、シーンに応じてタイミングよく話しかけてくれたり、色々な感情を表現する機能となっており、まるで友達のようにスマートフォンと一緒の生活を送ることができるようになります。

そもそもこの機能が必要かどうかというよりも、親しみや愛着を持ってもらえるように作られているようであり、新しい機能として一度利用してみると面白いのではないかと思われます。今までに考えられなかったメリットに気づいたりすることもあるかもしれません。

スペックとしては昨今の機種のほとんどがそうであるように、現時点でほぼ最高のスペックを搭載しながらディスプレイは大画面の約5.5インチ。Galaxy Note Edgeより若干小さく、iPhone 6 Plusとほぼ同サイズとなっています。

ARROWS NX F-02Gと比較すると、電池容量では200mAhほど負けているものの、実使用時間ではこの冬モデルの中では唯一の100時間超え機種となっており、かなり安定したバッテリー性能が期待されます。

カメラも、Xperiaシリーズやソニーのセンサーを採用したARROWSなどと比べると遅れをとっていましたが、今回はリコーの「GRシリーズ」開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR certified」を取得し、カメラ画像処理エンジンの向上と新設計カメラは、高品位画質を実現。光学式手ぶれ補正機能なども搭載しています。

SH-01Fでは、電源キー周りと受話スピーカー周りが弱く、若干故障が多かったようですが、その辺りが改善されているのかが注目の一つでもあります。

ただ、現状購入者の満足度はかなり高く、評価も上々となっています。

ソフトバンクのスプリント買収によるアメリカ進出とともに、AQUOSシリーズのアメリカへの普及も狙っていると思われるSHARPですが、日本でも再び主役の座に返り咲くことができるかが注目です。

大画面ハイスペックスマートフォンを検討しているのであれば、SHARPのAQUOS ZETAも、選択肢の一つとして考えてみてはどうでしょうか。





NTTドコモの2014年冬モデル、SamsungのGalaxy Note Edge SC-01Gが10月23日に発売されます。

Galaxy Noteシリーズの最新機種ですが、ドコモとしてGalaxy Note4を出さずにあえて曲面有機ELディスプレイ「エッジスクリーン」を搭載した変わり種のNote Edgeを選択しています。

Noteシリーズ最高スペックを搭載し、さらにテレビ機能も強化されてワンセグだけでなくフルセグにも対応。VoLTE、ハイレゾなどの最新機能にも対応しています。

歴代Galaxy Noteシリーズを利用しているユーザーであれば、是非利用したい新機種といえるのではないでしょうか。

Note Edgeを最大限に有効活用していくのであれば、エッジスクリーンをどううまく利用していけるかによりますので、エッジスクリーンの能力を生かした活用を模索してみると面白いかもしれません。

Galaxy Noteシリーズとほぼ近いサイズのApple・iPhone 6 Plusが発売されていますが、Galaxy Note Edgeは細かい性能や使い勝手であれば十分にiPhone 6 Plusを上回る機能を兼ね備えているだけに、iPhoneのブランド力にどれだけ負けずに対抗できるかが注目です。








NTTドコモの2014年冬モデル、SONYのフラッグシップモデルXperia Z3 SO-01Gが2014年10月23日に発売されます。

ドコモのこの冬のモデルの中ではおそらくXperia Z3 Compactと人気を二分すると思われる人気機種で、もともと定評のあるそのデザインはより薄く、より美しく洗練されています。

カラーバリエーションも今までの定番色であるブラックとホワイトは残したものの、パープルを今回採用せずに新しい色としてカッパ―とシルバーグリーンを採用しています。
既に他の人がたくさん持っている色は避けたい、という人にとってはうれしい新色と言えそうです。

前作までより丸みを帯びた本体が手に優しく持ちやすく、ディスプレイサイズは変わっていないもののよりコンパクトになったような印象を受けます。

最高のスペックを誇り、赤外線以外はほぼすべての機能に対応。話題のハイレゾ音源を専用ヘッドセットで聴くことも可能で、VoLTEにも対応、フルセグ、防水/防塵、おサイフケータイ、クアッドバンドLTE対応など、隙のない作りとなっています。

2014年冬の主役として、鉄壁の人気を集めそうな最新機種となっています。

買い替え時期で検討をしている人は、第一候補として考えてみてもいいかもしれません。







NTTドコモの2014‐2015冬春モデルの新機種、SamsungのGalaxy S5 ACTIVE SC-02Gが発売されました。

スペックはGalaxy S5のものを引継ぎ、加えてMIL規格に対応した耐衝撃性能を持つタフネススマートフォンとなっています。
防水・防塵、耐温度、耐湿度にも対応しています。

VoLTEやハイレゾなどの最新機能にも対応し、対応していない機能としては赤外線とフルセグ、NOTTVなどです。

実使用時間は67.1時間でGalaxy S5よりも若干長くなっており、クアッドバンドLTEにも対応しています。

ただ、重量はGalaxy S5の147gに対して171gと重くなっていますので、ずっしりくる重みと重厚なデザインとなっています。
耐衝撃をとるか、持ちやすさをとるかというところでしょうか。

今までのスマートフォンでは耐衝撃性能を持つものが少なかっただけに、特定のユーザーに対しては需要があるかもしれませんし、待っていた人もいるのではないかと思われます。
次に耐衝撃のスマホがいつでるかわかりませんので、確実にこの機種を手に入れておきたいところです。





ついに発表されたiPhone 6ですが、専用のケースやカバーは一足早く、既に発売が始まっています。

世界中で発売されるがゆえにケースやカバーの種類も非常に多いiPhoneシリーズですが、今回も例年通り、数えきれないほどのケース類が登場してくることが予想されます。

種類が多いゆえにゆっくり選びたいところではありますが、iPhone 6購入を検討している場合は、とりあえず購入直後に利用することが出来るケースやカバーを事前に用意しておく人も少なくないようです。

買ってすぐに液晶に汚れが付く前に液晶フィルムを張ってみたり、キズが付かないうちにケースを装着しておきたいという人も多いのかもしれません。

iPhoneシリーズのいいところとして、キズつけず丁寧に利用すれば、いざ使わなくなった時や買い替えした際に、それをさらにオークションなどで転売しても購入しようという人がいるという点が挙げられます。

そういう意味でもきれいな状態でiPhone 6を利用するために、少しでも早いうちにケース類をそろえておくようです。

iPhone 6購入前に、一度お気に入りのケースカバーを検討してみてもいいかもしれません。





↑このページのトップヘ