ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: 固定電話・電話加入権


早くも2015年上半期のケータイ業界最大の山場となりそうなNTT光卸、そしてその中心となるのがドコモの「ドコモ光」です。

今からいろいろな意味で注目を集めている「ドコモ光」ですが、どう活用すると最もお得になるのでしょうか。

そもそも、元からNTTフレッツ光を利用しており、かつドコモの新料金プラン(カケホーダイプラン)を利用しているドコモユーザーにとっては、確実にお得になるといえそうです。

NTTフレッツ光を利用しているものの、ドコモではなくauを利用しているというユーザーも、ドコモへのMNPを検討する価値はありそうです。
NTTフレッツ光を利用しているものの、ソフトバンクやワイモバイルを利用しているという場合は、ドコモ光も選択肢には入りますが、場合によっては「ソフトバンク光」を検討してみてもいいかもしれません。

つまり、元からフレッツ光を利用しているユーザーは、ドコモ光への転用は確実にお得になる可能性がある、といえます。

では、フレッツ光をそもそも利用していない、固定のインターネットがまだない人はどうでしょうjか。

ドコモ光をまず通常の新規契約として申込みするべきなのか、それとも一旦NTT東西のフレッツ光を申込みしたあとで、ドコモ光へ転用するべきなのでしょうか。

ここで注目すべきは、NTTフレッツ光の新規申し込みをした場合のキャッシュバックの高さです。
条件次第では数万のキャッシュバックも存在する世界で、このメリットを生かさない手はありません。

現状、ドコモ光を新規申し込みした場合、どれくらいの返りがあるかわからないですが、総務省の睨みも効いている状態でそれほど高額なキャッシュバックは行われない可能性が高いと思われます。
そうなると、一旦フレッツ光を申込みし、キャッシュバックを受けたあとでドコモ光へ転用、というパターンが鉄板といえるかもしれません。

キャッシュバックの代わりにパソコンがもらえるキャンペーンなどが実施されているケースもあり、様々です。

さらに、ドコモ光に最初から申し込みをした場合、NTT東西のもう一つのキラーコンテンツであるはずの「ひかり電話」の申込みが別途必要になってしまう可能性が高いため、一度にまとめて申し込みができるNTTフレッツ光を経由するのが最も賢いと考えられます。


フレッツ光申込みで工事費割引+月額無料期間あり!
更に≪最大60,000円キャッシュバック≫全員対象☆


ドコモ光の開始前にフレッツ光、検討の余地は多いにありそうです。






毎月iPhoneで動画を観ていると、どうしてもパケット通信量がかさんでしまい、Xiパケホーダイの上限7GBを超えてしまい、128kbps通信の制限がかかってしまうことも多くなってきます。

実際に128k通信になってしまうと、かなりの速度低下により、動画はもちろん、インターネットを普通に利用するのも難しいほど遅くなってしまい、使い勝手が非常に悪くなってしまいます。

対処方法としては、動画の画質を落として観る(例えばdビデオであれば、「すごくきれい」画質を「ふつう」画質に変えてみる)、そもそもインターネットの利用料を減らすなどの工夫が必要になってきます。

それでもどうしても7GBを超えてしまう場合、最終手段としては追加料金2625円で2GB、利用上限を追加するしかありません。

とはいえ、2GBで2625円はやはりかなり高く、もし毎月のように7GBを軽く超えてしまう場合は、2GB追加してもまだ足りず、さらに何度も追加料金を払わなければならなくなる可能性もあります。

その場合のさらなる対処方法、料金の効率化としての方法は一つです。 

自宅に固定のインターネット回線を用意し、自宅ではWi-Fiで動画を観ることが出来る環境を作ってしまうという方法です。

自宅でのWi-Fi運用ができるようになれば、まず7GBを超えることはなくなってくると思われます。
そもそも動画を観る場合、自宅で観ることがほとんどと思われ、仮に外で観る場合でも、自宅でダウンロードしておき、外で観るだけにしておけば通信は発生しないため、節約にもなります。

この方法を採る場合、大前提としてのパターンが二つあります。それはすなわち、自宅に固定のインターネット環境があるかないか、です。


インターネット環境がある場合

ルーターを用意して無線LAN環境を構築するだけでOKです。このパターンは既に環境が整っているため簡単です。
ルーターも、わざわざ購入する必要はなく、ドコモ利用者であればHome Wi-Fiを利用してルーターを無料(利用条件によっては315円/月)でレンタルすることができます。
このレンタルは、二年間利用すればルーターは返却しなくてもよくなり、そのままもらえてしまいます。
こんなお得なサービスはないので、わざわざルーターを買いに行く必要は全くありません。


インターネット環境がない場合

このパターンの場合、まずは自宅にインターネット環境を作ることから始める必要があります。
まずはこちらから
フレッツ光・おすすめサイト

インターネットに申し込んだなら、これであとは上記と同じように無線LAN環境を作るだけ。
それだけで毎月自宅のWi-Fiを利用することにより、スマホは最低限のデータ通信量で運用ができるようになります。
iPhoneの場合は7GBに引っかかることもなくなりますし、Androidスマホの場合は、Xiパケホーダイライトの3GBで十分になります。

今は毎月最低料金で利用できるようになっている光回線をうまく活用することにより、快適なインターネットライフを送ることが出来るようになります。

最終的には、スマホ側をMVNOのSIMなど(例えば月額980円からのLTE「OCN モバイル ONE」【NTTコミュニケーションズ】 )で運用し、電話はスマートフォンの通話料がおトクになるアプリ!
「050 plus」
を利用、基本はdocomo Wi-Fi及び自宅のWi-Fiで運用できるようになれば最高です。
格安スマホの完成と言えるでしょう。

そうすると、スマホ側の料金が格安になってしまうため、固定のインターネット光回線の料金がかかってきたとしてもほとんど普通のスマホ一台分の料金しか負担しなくてよくなるという仕組みです。

通信量が毎月多くて悩んでいる人は、是非試してみましょう。





関連記事:「ドコモiPhone初心者のための使い方講座一覧



 
 

NTTドコモのフィーチャーフォン、もしくはFOMA対応のスマートフォンを利用している人がLTEサービス「Xi」に変更する際にもっとも気を付ける必要があるのは、通話に関してです。

ドコモのケータイに対しては、24時間無料で通話ができる「Xiカケホーダイ」がありますが、その反面、無料通話分がなくなるため、ドコモケータイ以外の他社ケータイや固定電話への通話は、かけたらかけた分だけ通話料金がかかってきます。
そのため、ドコモ以外の他社ケータイや固定電話への通話が多い人にとっては、Xiへ変更することがそのまま料金の高騰につながる可能性があります。

この注意点があるために、Xiにかえたくても替えることができない人も少なくありません。

対処方法はいくつかあります。まずは二台持ち、という方法です。通話はそのままフィーチャーフォンで利用し、インターネットに関してはデータプランでまったく別に一台、Xiスマートフォンを持つことで、通話のリスクを減らして利用することができるようにします。

しかしさすがに二台持ちはしたくない、という人には、もう一つの方法として、NTTコミュニケーションズの人気アプリ、「050 plus」 を利用するという方法があります。

LINEなどと同じようにIP電話を利用する通話サービスで、月額315円で利用することができます。

メリットとしては、ケータイに対する通話料金が1分あたり16.8円で、Xiの他社ケータイへの通話料が30秒21円、つまり1分42円かかるところから考えると、かなり安く抑えることができます。

さらに、固定電話に対してはなんと3分8.4円という驚きの安さであり、同じ3分Xiスマホから固定電話へ通話をすると、126円もかかりますので、どれだけ安いかがわかると思います。

050plusのメリットは、それだけにとどまりません。

050plus同士の通話は無料、無料通話先プロバイダーの050番号との通話も無料。

そして、たとえばドコモの電波が一切入らない場所にいたとしても、Wi-Fiの環境さえあれば、050plus電話は利用可能です。IP電話なので、インターネットの環境さえあれば利用可能になります。

同じ理由で、たとえば海外で通話をする際もWi-Fi環境があれば、なんと日本国内でかけるのと同じ料金で通話ができてしまいます。
通常の料金で国際通話をすると、かなりの料金がかかってしまいますが、この方法を使うと国内・海外問わず同じ料金での通話が可能となります。

注意点としては、050番号を取得でき、その番号からの発信となるため、相手の方にあらかじめ番号を伝えておかないと、誰からかかってきたかがわからない、という点です。
そういう意味では、仕事上で利用するのは少し難しいかもしれませんが、プライベートでの利用であれば、事前の通知により活用できますので、デメリットは極めて低くなります。

すぐに利用できますので、興味のある人は「050 plus」 から。








新生活の始まるこの時期、やはり固定電話が必要になるケースもあると思います。

そんなときに、NTTの固定電話を利用できるようにしたいけれどもその方法がわからない、ということも多いようです。

NTTドコモと違い、簡単に申込みができる窓口があまりないNTT東西のため、現在一番簡単な申込み方法としては、インターネットを通じての申し込みが最も手っ取り早いと思われます。


電話加入権なら電話加入権.com

電話加入権37800円が一切不要で即日番号を取得することができるというメリットがあります。

ドコモのケータイと固定電話間の通話料は、同じNTTグループ同士でも割引などはありませんが、請求元がNTTファイナンスという共通項があるため、固定と移動、つまりNTT東西とNTTドコモをまとめる「おまとめ請求」という方法は存在します。

あまり知られておらず、申込み方法や場所もあまりメジャーではないのですが、NTTファイナンスに問い合わせをすると、申込み用紙を送ってくれたりするようです。

ということで、別々のようでいて近く、近いようで全く別の、NTTドコモケータイとNTT東西の固定電話ですが、メリットはあまりないにしろ、とりあえず同じNTTグループということで合わせて利用してみてもいいのかもしれません。






国際社会の現在、年々海外との隔たりがなくなりつつある昨今において、海外との連絡手段は必須の時代になっています。

通常の海外への国際通話は、NTTの固定電話から利用するにしても、スマートフォンやケータイからかけるにしても、国内通話と比較してかなり高くなってしまいます。

しかしそれに合わせて現在、格安の国際電話サービスが始まっています。


18カ国1分1円格安国際電話 【Telink(テリンク)】
 
このテリンクは、対象の国に対する通話料金がなんと驚きの1分1円で利用可能です。

しかも使った分だけというAプランは、18の国・地域へ月額料金一切不要のプランで、10分かけても10円、100分かけてもわずか100円で海外への通話が利用できてしまいます。

通話時間がかなり長くなってしまう場合は、月額料金定額制のBプランもあり、こちらは月額3900円で40の対象国・地域へかけ放題となります。

通常の固定電話からの国際通話や、ケータイ・スマホからの国際通話と比較すると驚きの格安価格となっています。

仮にNTTドコモのケータイ・スマホからアメリカにかけた場合、平日昼間の料金で30秒あたり34円、1分あたり72円がかかります。
100分かけるとなんと7200円です。
この安さは歴然としています。

仕組みとしては、このTelinkの日本国内へのアクセスポイントへ電話を掛ける形になり、そのアクセスポイントまでの通話料は国内通話料金として固定電話の通話料、もしくはケータイの通話料金がかかります。
さらにそのアクセスポイントから海外への通話料金が1分1円となるため、厳密にいうと、

国内アクセスポイントへの通話料金+1円/1分

という形になります。それでも、日本国内への通話料金は、NTTドコモのFOMAの料金体系でSSプランを利用中の場合、30秒あたり21円、つまり1分あたり42円かかります。
ただ、無料通話分が適用されますし、通話が多い場合は料金プランを変更することでもっと安くすることが可能なので、仮にLのプランにすると30秒あたり10.5円、1分あたり21円です。

つまり21円+1円で、1分あたり22円で国際通話が可能ということになります。
しかも無料通話分6300円分が適用可能なので、286分、5時間近く通話可能です。

海外と国際通話をするなら、実に便利なサービスといえます。

申し込みも簡単、すぐに利用できるというメリットもあります。



海外への通話が高くて悩んでいる方は、すぐに利用する価値があります。
検討してみましょう。




 

↑このページのトップヘ