ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: 未成年利用時のフィルタリング・高額請求防止


先日開始されたLINEのID検索18歳未満判定によるID検索規制ですが、若干基準が変更されているようです。(参考記事:「LINEの未成年に対するID検索規制」 )

このID検索規制の問題点として、ケータイキャリアがドコモの場合「仮に利用者が未成年でなくても利用者登録がされていない場合は認証ができずにID検索がりようできない」という点だったのですが、現在はここが変更されているようです。

先日、利用者登録をしていないために、ID検索認証ができなかったはずの契約が、認証可能になっています。
自分の契約でも試したところ、認証に成功して18歳以上という表示が出てきました。

これは、利用者登録がされていない契約に関しては、契約者を利用者として認識するとでも判定基準が変更になったのかもしれません。

何か公式アナウンスがあったのかと探してみましたが、まったく見当たりませんでしたので、誰にも気づかれないうちに静かに変更になったのでしょうか。

そのほか、利用者登録をちゃんとしている成人のユーザーが、認証ができないという報告もありましたので、LINE側で若干アプリの機能としても混乱があるのかもしれません。

とにかく、18歳以上の人であれば、利用者登録がなくても認証してくれるというのは数台で確かめたので間違いありませんので、成人している人がわざわざドコモショップへ利用者登録しにいく必要はなくなっています。

ただ、今後も気づかれないようなところで基準が若干変わったりすることはあるかもしれませんので注意が必要です。






先日auに続いてNTTドコモ、ソフトバンクでも開始された、LINEの18歳未満のユーザーに対するID検索規制に対する不満が続出しています(参考:「LINE」)。

LINEが本格的な規制強化に乗り出した背景には、最近の大きな事件に多くLINEが絡んでいたりしたことも無関係ではないと思われます。社会的な批判に対するLINEとしての回答が必要ということもあるのでしょう。

18歳未満のユーザーに対して、ID検索を利用停止し、さらに18歳未満のユーザーをID検索しても、検索結果に出てこないように規制がかけられています。

今回はAndroidスマートフォンに限り、iPhoneは今後規制される予定となっていますが、これを受けて、規制をかけられた18歳未満のAndroidユーザーから不満が続出しています。


2013-10-06-15-09-392013-10-06-15-24-45














年齢認証は、各ケータイキャリアの利用者情報登録を参考にして判定されるため、偽りの情報を登録することができません。

2013-10-06-15-10-172013-10-06-15-22-53




















この認証機能の注意点としては、仮に利用者が未成年者ではなくても、利用者登録がケータイキャリアでされていない場合は認証ができずにID検索が利用できないという点です

もし認証ができない場合は、ドコモの場合はドコモショップに出向き、利用者登録をしてもらう必要があります。契約者=利用者の場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話するだけでも利用者登録は完了するようです。

ドコモユーザーの場合は、LINEの設定の中から「docomoユーザー向け」を選択し、年齢認証が可能です。


2013-10-06-15-28-46





















2013-10-06-15-29-01




これにより事実上、ID検索機能は、未成年者にはまったく利用できなくなります。

抜け道としてよく言われている点は、契約者が親のスマホの場合です。
確かに契約者が親の契約であれば一見大丈夫そうではあるのですが、利用者登録が未成年者で登録してあれば、結局規制がかかるので同じことです。
特に、『学割』利用中のスマホであれば、利用者登録は未成年者が登録してあるはずなので、親の契約であったとしてもID検索は不可となります。

つまりこのID検索をかいくぐるためには、親権者の契約で、学割も利用しておらず、さらに利用者登録を親権者の名前で実施してある必要があります。

この条件を未成年者が一人でかいくぐるのは不可能と思われます。もちろん、学割を捨て、さらに親権者の協力があれば可能ですが、それを許す親権者は少数派ではないかと思われるため、LINEとして、不特定多数とのつながりを持つことができるID検索に一定の効果がある規制を入れたということで、社会に対する面目も立つという形になっています。

さらには、特定の掲示板に書き込まれたLINE IDは、検索不可になるという規制もあるようなので、かなり厳しくLINEはID検索に対して取り組んできているようです。

iPhone版は現在その規制を免れてはいますが、同じような規制がかかるのは時間の問題と思われます。そのため、AndroidからiPhoneに逃げようとしても同じことと思われますが、現状iPhoneは規制がかからないという事実を、子を持つ親であれば知っておいた方がいいかもしれません。

何より、若い世代の女性こそが、もっともiPhone利用率が高いため、iPhoneが規制されないと根本的な解決にはなりませんが、ここまでLINEが対応してきて、iPhoneを規制しないということはないと思われます。

不特定多数との繋がりを持つのが難しくなり、多くの不満の声が出ている状況ですが、ここは社会情勢などを鑑みても仕方がないところと思われます。
いかに不満の声が上がっても、この規制撤廃はまずないと思われ、それどころか他のSNS系サービスもこれを受けて、未成年者の不特定多数との繋がりを助長するような機能に対しては規制をかけてくる可能性もあります。

未成年者からは不満の声が上がる一方で、保護者や大人の立場からは歓迎の声も聞かれています。

そもそもID検索を利用しなくても、普通の友達とは電話番号やメール、SNSを利用して友達登録はできるため、不満を挙げているのはまさしく不特定多数との繋がりを持とうとしていた未成年者たちと思われ、LINEの狙いはまさしく奏功しているとも言えます。

ただ一つ、今回の規制で問題なのは、前述した通り、ドコモで利用者登録をされていない人は、成人であってもID検索の認証を通らないという点にあります。

多少面倒ですが、どうしてもID検索を利用したい人は、ドコモショップに足を運んで利用者登録をするか、インフォメーションセンターに電話して利用者登録を実施するようにしましょう。

追記:取り消し線部分は、現在変更になっているようです。






大人気メッセージアプリを運営する「LINE」は、9月30日よりauに加えてNTTドコモ、ソフトバンクのAndroidユーザーを対象に、18歳未満のユーザーのID検索機能に制限をかけることを発表しました。

この制限により、18歳未満のAndroid端末ユーザーは、自分自身のLINE IDの設定と、他人のID検索ができなくなり、さらには他人が18歳未満のユーザーのIDを検索しても、検索結果に表示されなくなるということです。

未成年者の見知らぬ他人との不特定多数の出会いによる事件などを防ぐ目的がありますが、注意点としては、各キャリアから提供される「年齢判定サービス」を利用して18歳未満かどうか判定されるようなので、契約者利用者ともに親権者名義になっている場合などは、18歳未満という判定にかからない可能性があるため注意が必要です。

このLINEの制限を子供などに適用させたいドコモユーザーの人は、「契約者」が仮に自分(親)であっても、「利用者」を子供に設定することができるため、ドコモショップなどでその設定をしておいた方がいいと思われます。

学割などを利用している回線であれば、おそらく利用者は子供の名前で設定してあるものと思われますが、念のため確認しておくにこしたことはありません。


情報元:「LINE






NTTドコモの「あんしんモード」アプリは、青少年に安心・安全にスマートフォンを利用してもらえるように提供されているアプリです。

その「あんしんモード」の機能を拡張し、ネットスター株式会社が提供する「ファミリーブラウザ for docomo」と連携させる機能を2013年8月28日より追加すると発表しました。

つまりこの機能追加は、今までは普通のブラウザを使ってスマホでインターネットをする際、仮にspモードのフィルタリングを申込みしていたとしても、家庭のWi-Fiなどを利用するとspモードのフィルターを通らないため、有害サイトなどにもアクセスできてしまうというフィルタリングの弱点を補てんするものとなります。

これを利用することにより、Xi、FOMA、docomo Wi-Fi及びそれ例外のWi-Fiを利用したインターネットアクセスすべてにフィルタリングを適用することができるようになります。

「あんしんモード」には元々学齢ルール(小学生・中学生・高校生)があり、年齢に応じた機能制限がかけられるようになっていますが、ファミリーブラウザはそれを引き継いでフィルタリングを適用するということです。


2013-08-26-20-04-40























学齢ルールでアプリを制限した場合、対象を高校生にしたとしてもよく使うであろうLINEやTwitterなども制限をかけられてしまうため、実際の使い勝手はかなり不便なものとなりそうです。

ですのでそのあたりの使い方は両親の判断次第であり、アプリには制限をかけずにインターネットアクセスのみに制限をかける、ということもファミリーブラウザにより今後はできるようになっていきます。

開始当初の対応機種はGalaxy S4のみとなっていますが、順次各機種対応予定となっています。

しっかりフィルタリングをかけて未成年者の利用を管理したい方は、積極的に利用してみてもいいかもしれません。






未成年のスマホ利用が広がる昨今、料金の高額化が改めて問題になっています。

10年ほど前にiモードケータイで問題となっていたのは、パケット料金の高額化であり、パケット定額制プラン(パケホーダイなど)を利用していなかったばかりに思わぬ高額請求が発生してしまったという記憶がある人も少なくないと思います。

現在は、パケット通信料に対する認識が広がったのと、ケータイを持つ際の各キャリアの予防線によるパケット定額制の利用率の向上によって、パケットによる高額請求はかなり減ってきているようです。

ただ、その代わりに特に最近問題になっているのは「ドコモケータイ払い」による請求増加です。
特に最近増えてきているパターンとしては、大人気アプリ「パズドラ」が原因になっているパターンのようです。

パズドラを運営するガンホーの2013年1~6月期の連結決算は、売上高が前年同期比でなんと約10.5倍の746億円、営業利益になると実に44.3倍の451億円という桁違いの成長を続けています。
ダウンロード数も1600万ダウンロードを突破していて、もはや国民的アプリになりつつあります。

そんなパズドラ。

基本的には無料で遊ぶことができるアプリであり、お金をかける必要などまったくないのですが、ゲームを進める中で課金をすることによってプレイ時間を延ばせたり、レアなモンスターを入手したりすることができる要素も含んでいるため、どうしてもハマってくるにつれて課金をしてでも、という気分になってくるという中毒性を持っているようです。

そのため、未成年がスマホを持ち、パズドラを開始した場合が要注意となります。

パズドラは、出会い系のアプリや見知らぬ他人とコミュニケーションをとるようなアプリと比較すればはるかに健全で安心なアプリではあるものの、その中毒性の高さから、未成年者が「ドコモケータイ払い」を利用して課金をしてしまうというパターンが出てきているようです。

もちろん、ドコモケータイ払いは、初期設定時の月あたりの上限金額は1万円であるため、極端に高額請求になるわけではありませんが、それでも毎月の支払いが一万円も増えてくれば、やはり毎月の利用料金を支払う親の立場からすれば余計な負担となってしまいます。

パズドラの課金料金は、ドコモの支払い明細には直接的な名前では出てきません。
ただ、「ドコモケータイ払い」と記載されるのみです。
パズドラの課金にはいくつか方法はありますが、基本的に未成年利用の場合の課金パターンは「ドコモケータイ払い」が最も多いと思われるため、特に注意しておきたいところです。

料金の内訳をみた場合に、「ドコモケータイ払い」という項目があった場合、パズドラの課金や他のゲームの課金の可能性があります。

この「ドコモケータイ払い」を利用する場合、必ずspモードパスワードが必要となります。
そのため、まず未成年の保護者としてするべきことは、このspモードパスワードを親側で管理してしまい、未成年者にわからないようにしておく、ということです。

そうすれば、勝手に未成年者が課金をすることはできなくなります。

親側の無知をついて、知識のある未成年者の方がspモードパスワードを管理してしまっていると、こうした問題が発生するわけです。

基本的にspモードパスワードは、初期値が「0000」になっていますが、最近は初期値から別の値に変更しないと利用できないようになっているため(参考記事:spモードパスワード変更が必要に)、最初の段階で未成年者がそれに気づいて自分の好きなパスワードに変更してしまっているパターンもあり得ます。

この場合、契約者が親権者であるならば、すぐにドコモショップにかけこみ、spモードパスワードを再度初期化してもらい、さらには自分にしかわからないパスワードに変更しておくことで、未成年者の勝手な利用を防ぐことができるようになります。

未成年者のスマホ利用に関しては、とにかく親が目を光らせていないと思わぬ請求の憂き目にあってしまう可能性も高いため、油断ができないところです。





↑このページのトップヘ