ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: テザリング・アクセスポイントモード・無線LAN


NTTドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)を持っているもののスマホは持っていない。だけど、Wi-Fiタブレットは持っている。
もしくはSIMの入っていないスマホを持っているという場合。

Wi-FiタブレットやSIMなしスマホをdocomo Wi-Fiのみで利用することができます。

ドコモのケータイを利用していてspモードの利用があれば、docomo Wi-Fiを月額300円(税抜)で利用することができるため、フィーチャーフォンのiモードに追加してspモードの申し込みをします。
iモード、spモード両方利用していても、ISPセット割が適用されますので、結局月額300円で両方を利用可能となります。その上で、docomo Wi-Fiの申し込みをすることで、フィーチャーフォンを持ちながらdocomo Wi-Fiが利用できるようになります。

このdocomo Wi-Fiの設定を、持っているタブレットやスマホで行うために、docomo Wi-FiのSSIDとキー、docomo Wi-FiユーザーIDとパスワードを確認する必要があります。

その両方を確認するために、まずはdocomo IDとパスワードを発行して、ドコモの公式サイトよりmy docomoにログインします。
docomo IDとパスワードの発行も、ドコモのサイト上より行うことができます。

my docomoのサイト上でdocomo Wi-FiのユーザーIDとパスワードの確認が出来たら、まずはdocomo Wi-FiのSSIDを見つけてキーを入力して接続をします。
その状態でブラウザを開くと、docomo Wi-Fiのログイン画面が表示されるため、その画面上でユーザーIDとパスワードを入力します。

これで設定が完了で、docomo Wi-Fiのエリアであれば通信が行えるようになります。

docomo Wi-Fiの申し込みをした直接の回線はこの場合特に関係することもなく、フィーチャーフォンがあるにしろないにしろ関係なくdocomo Wi-Fiの利用ができます。

そもそもdocomo Wi-Fiは、ドコモの契約がなくても申込みすることはできますが、その場合月額料金が1500円かかります。もしくは日額500円で利用することもできます。

前述したように、ドコモの契約があり、かつspモードを利用していればdocomo Wi-Fiは月額300円で利用できます。さらにパケホーダイフラットなどのパケット定額制を利用している場合は、docomo Wi-Fi永年無料キャンペーンにより、月額料金がかからずにdocomo Wi-Fiを利用できます。

かといってドコモのスマホを利用すると月額料金が高くかかりますし、そもそもパケホーダイが使えるのであればdocomo Wi-Fi自体あまり必要なくなります。

どういう形で利用したいのかにもよりますが、フィーチャーフォンしか持っていない、もしくはドコモの契約自体がないという場合も、こうした方法でdocomo Wi-Fiを利用することが出来ます。

利用シーンなど含めて、検討してみてもいいかもしれません。



 


今更ですが、NTTドコモのデータ通信用ISPサービス「mopera U」についてです。

spモードが開始されてから、利用されるシーンは減ってきていますが、ドコモのUSB型データ端末やWi-Fiルーターなどを利用する際には必要となるインターネットサービスプロバイダとなっています。

接続の際のAPN(アクセスポイント)は、基本は「mopera.net」となっています。
XiのデータプランからXiパケホーダイフラット/ライトまで、ほぼ共通のAPNを利用します。

mopera Uにはそれ以外に、通信料が無料となる初期設定用のAPNが存在します。
「0120.mopera.net」です。

さらに、今となっては利用している人もかなり減ってきているとは思いますが、FOMAの定額データプラン用のAPNも存在します。
「mopera.flat.foma.ne.jp」です。
かつてFOMAのデータプラン全盛時代には、定額データプランのSIMをタブレットやスマホに入れて利用する際に、よくこの設定をした覚えがある人もいるのではないかと思います。

そしてFOMA専用のAPNでもう一つ、FOMA128k通信専用アクセスポイントがあります。
「mpr.ex-pkt.net」。
これはほとんど知られていないのではないかと思います。

通常のXi/FOMA共通のAPNである「mopera.net」は、悪意あるウイルスや不正アクセスと思われる通信を遮断するフィルタリング機能がついています。

そのせいで利用できないサイトやアプリケーションがあった場合は、完全にフィルタリングフリーとなるAPNも用意されています。
「open.mopera.net」

こうしてみていくと、同じmopera Uでも、色々なAPNがあることがわかります。

手動でAPN設定をする場合は、この内容を参考にして、正しいmopera UのAPN設定を行うようにしましょう。






年末年始、海外に渡航した人も多いのではないでしょうか。

海外旅行時も今や手放すことができないスマートフォン。海外でも日本国内同様、いつでもどこでもインターネットが使えたらどんなに便利だろうと思います。

日本のスマホで海外でインターネットを利用するには、海外パケット定額サービスを利用するのが一般的です。ドコモであれば海外パケホーダイや、最近始まった海外1dayパケなどの定額サービスがあります。

旅行で行くのであればそれでも十分かもしれません。
ただ、現地で長期間滞在する場合は、日本のスマホを日本の契約で利用するとどうしても費用が高額になってしまいます。

そこで、現地のプリペイドSIMカードを購入して利用する方法にチャレンジしてみます。

まずは事前準備として、SIMロックが解除された、SIMフリーのスマートフォンが必要になります。
日本のNTTドコモのスマートフォンであれば、最近のスマホはiPhoneを除いてSIMロック解除が可能です。
ドコモショップで申し込みをすれば、手数料3150円を支払ってSIMロック解除をしてくれます。

もしくは、元々SIMフリーの海外製スマホを手に入れて利用するという方法もあります。

次に、現地のプリペイドSIMカードを入手する必要があります。ここが実は一番難易度が高いかもしれません。
言葉がわかればまだしも、片言の語学力では思うようにいかない可能性もあります。利用方法やプランなどを理解するのも一苦労かもしれません。

それでも何とか入手に成功したなら、設定をする必要があります。

ここで必要な設定はAPN設定です。

Androidスマートフォンのメニューの「設定」から、「モバイルネットワーク」を選択し、「APN」もしくは「アクセスポイント」などの項目が見つかると思いますので、そこでAPNを新しく登録する必要があります。

APN、アクセスポイントの画面でメニューキーを押し、「新規APN」や「APN追加」などを選択します。

ここで、新しいAPNの名前を任意で設定し、契約したプリペイドSIMのAPNを入力します。
例えばアメリカのAT&Tであれば「wap.cingular」、イタリアのTIMであれば「ibox.tim.it」などといった具合です。
これがわからなければ設定ができませんので、事前にどの事業者のプリペイドSIMを利用するのか、APN設定はどうすればいいのか調べておいた方がいいかもしれません。

さて、このAPN設定さえ終われば後はつながるのみ、と思ったら通信ができない、というケースもあります。

この場合、一体何が悪いのか調べるのも一苦労です。色々なケースが考えられるものの、切り分けをするのが非常に大変で、しかも言葉がわかりにくい海外です。

ただ一つ、試すことが出来る点としては、「データローミング」です。
ここにチェックを入れてONにすると、その瞬間接続ができるようになり、通信が可能になることがあります。

Galaxy S2 SC-02Cなどでは、データローミングがOFFの状態でもつながっていたところが、最近の機種ではデータローミングをONにしないと繋がらないという症状が多く出ているようです。

少なくともサムスン、LG、SONY製スマホなどでは確認されているようです。

個人的に確認したのもその三メーカーの機種ですが、データローミングにチェックを入れると通信可能となります。

海外で、しかも海外現地SIMを入れた状態でデータローミングをONにした場合、料金がどうなるかがわからないためかなり不安な気持ちになりますが、そのまま利用しても高額請求が来るわけではないようです。

設定として、もしかしたらそういうものなのかもしれません。

とりあえず海外で、SIMフリースマホで、通話も通信も自由にできるようになります。

海外に長期滞在する際などには、是非試してみてもいいかもしれません。






NTTドコモの公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」が、SIMカードの情報を活用した認証方式・SIM認証に対応するということです。

これにより、docomo Wi-Fiを利用する際に、SIM認証対応エリアにおいて設定が一切不要でdocomo Wi-Fiに接続ができるようになるということです。

今まで、docomo Wi-Fiを利用するには、手動であればSSIDやキーの設定に加えて、docomo Wi-FiユーザIDやパスワードの設定などが必要であり、手動でなくても「docomo Wi-Fiかんたん接続アプリ」などを利用する必要がありました。
それが一切必要なくなるということで、docomo Wi-Fiに対するハードルが一気に下がることになります。

加えて、iCloudへのバックアップ時にWi-Fi接続を必要とするiPhone利用者にとっては何よりありがたいニュースと言えそうです。

対応機種は、iPhone 5s及びiPhone 5c、2013年冬モデル以降の機種ということで、2013年夏モデルを含む以前の機種は非対応ということです。

ということで、現状ドコモのiPhone利用者以外の人はほとんどまだ影響がないニュースですが、今後冬モデル春モデルを購入検討している人は、docomo Wi-Fiを色んなシーンで設定なしで利用可能となります。

Xiパケホーダイの上限7GB(ライトは3GB)に悩まされていた人は、docomo Wi-Fi活用シーンが今後どんどん増えてきそうです。







NTTドコモのiPhone 5sでdocomo Wi-Fiを利用する方法です。

メインでドコモのiPhoneを利用している場合、docomo Wi-Fiは無料で利用することができます。

その設定方法は、ドコモのAndroidスマホの手動設定と全く同じです。

SSIDにWPA2キーを設定し、その上でブラウザを開いたときに表示される画面でdocomo Wi-FiユーザIDとパスワードを入力することで接続が可能となります。

実際のところそんなに難しくはないのですが、まず引っかかってしまう点としては、docomo Wi-FiのユーザID/パスワードがわからないというところだと思います。

このdocomo Wi-FiユーザID/パスワードを見つけるためには、iPhoneのブラウザSafariを開いたうえでブックマークを確認。その中にお客様サポートの項目を見つけることができますので、そこからspモード設定で発見できます。

このdocomo Wi-FiユーザID/パスワードさえ把握できれば、docomo Wi-Fiの設定は簡単なので、利用時にしっかり確認し、いつでも設定しなおせるようにメモしておきましょう。





↑このページのトップヘ