ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: スマホの使い方・基本設定(NTTドコモ他)


かなり世間の流れには乗り遅れたけれど、いい加減スマートフォンというものを利用してみようかな、という人はまだまだ世の中にたくさんいます。

そういう人々が、周囲の人々に勧められるままにiPhoneを購入しようとするときに、実際は思っているのになかなか言い出せない気持ちがあるようです。

それは、「何故iPhoneがいいのか」という気持ちです。

ケータイショップや家電量販店で話を聞いて必ず言われるiPhoneの注意点として、「防水がついていない」、「テレビ機能がない」、「バックアップ用のmicroSDカードが使えない」、「ケータイショップで修理受付ができない」、「操作、設定はAppleに聞く必要がある」などなど、多数あります。

これら、iPhoneの注意点は、iPhoneユーザーからすれば常識であり、それでもiPhoneがいいと信じて疑わないのは今まで利用してきて不満を感じたことがないからでしょう。

しかし、これからiPhoneやスマートフォンを利用しようという人からすると、Why?となるしかありません。

上記の注意点のどれもが、Androidのスマートフォンであれば対応しているという話を聞けば、それならわざわざiPhoneにしなくても、スマートフォンでいいじゃないか、という気持ちになってもまったくおかしくはありません。

ですがその言葉を発することができずにiPhoneデビューする人もいます。もちろん実際にその質問を投げかけてみる人もいるでしょう。

「では、iPhoneの何がいいの?」

この質問に対して明確に答えられるショップ店員がどれだけいるのかはかなり疑わしいところです。

「サクサク動きます」、「固まったりすることがありません」、「セキュリティがしっかりしています」

そんなところでしょうか。しかしいずれも決定的な理由としては弱すぎる感がありありです。ではAndroidスマートフォンはサクサク動かないのか、固まるのかと言われた時に最近の最新スマホであればそんなことがほとんどないことは利用している人は知っているはずです。

セキュリティに関しては、Androidに不正アプリが多いのはこれは間違いないところかもしれませんが、iPhoneはiPhoneで、先日iCloudの情報流出があったばかりで、悪意ある相手の仕業だったとしても信頼性が揺らいだのは間違いありません。

つまり今、iPhoneを選択する決定的理由というものはほとんど存在しません。人によってはiPhoneでなければならないという理由がある人もいるでしょう。それはすなわち、「人による」、ということです。自分の利用シーンに合わせて、iPhoneがいいのか、スマホがいいのか冷静に選択できる環境になっているとも言えます。

人がいい、と勧めるからiPhoneにする、という選択方法は実はナンセンスで、人と自分とは使い方や趣味嗜好も違います。心の底で、Xperiaの方がカッコいいな、と思いながらみんなが勧めるiPhoneを選択するのは何か間違っています。

初心者だからこそ人の意見を参考にしたいのは当然ですが、初心者だからこそ両者の特性などをしっかり見極めた上で、自分にあった端末を選択して後悔しないスマホデビューを果たしたいところです。






Aさんは先日、念願のスマホをついに手に入れ、いつでもどこでも好きな動画を見ることが出来ると考えて、喜んでパソコンからお気に入りの動画をスマホにコピーしてみました。

多くの動画をそのまま視聴することが出来て大満足のAさんですが、いくつかの動画が再生しないことに気が付きました。
視聴できる動画だけでなく、何故か視聴できない動画があるのです。
自分の設定の問題かもしれないと考え、Aさんはいろいろと試してみましたが駄目でした。保存先もSDに入れても本体ROMに入れてもどちらでも視聴できません。

こんなときに考えられる原因としては、動画ファイルの保存形式の違いが真っ先に思い浮かぶところです。

例えば、拡張子がaviやmp4になっている動画の多くは、スマホやタブ標準の動画再生プレイヤーで対応でき、再生が可能です。

ですが、それ以外の形式になっている動画は、標準の動画再生プレイヤーで再生できないことがあります。

まずは再生しない動画の詳細を確認し、ファイルの形式がどういうタイプになっているのか確認する必要があります。
拡張子が確認できたなら、その拡張子のファイルを再生するための方法を模索します。

動画の拡張子を、aviやmp4に変換するという方法が一つ。ただし、パソコンなどでそうしたソフトを使う必要があるので、少し難易度が高くなります。

もっと簡単な方法としては、色々なファイル形式の動画を再生することが出来るアプリを利用する、という方法です。

ちなみにAさんのケースの場合、再生しない動画のファイル形式を確認したところ、VOBという形式になっていたそうです。ということで、この形式を再生できる可能性があるアプリを導入してみました。

お勧めは「MX動画プレイヤー」です。かなり色々なファイル形式の動画を再生することが出来るアプリであり、使い勝手も非常によく、かつ1億ダウンロードを突破しているほど有名なアプリなので安心して利用できます。

インストールして起動し、確認をしたところ、あっさり再生に成功しました。

動画に関しては、保存形式に結構色々なパターンがあるので、このように簡単にいかないケースもあり得ますが、ある程度のファイルであればMX動画プレイヤーがあれば再生できる可能性が高いと言えます。

観たい動画が再生せずに困っている人は、一度試してみる価値はあるかもしれません。






スマートフォンが普及してきて、スマホの使い方がわからなくて困っている人もどんどん増えてきているようです。
近くにケータイキャリアのショップや家電量販店があれば早いですが、なかなか毎回使い方を聞きにいくのも面倒だし気が引けるという人も多いようです。

最近、そんなスマホを使い始めて間もない人の悩みとしてよく聞く内容が、「スマホが急に通信できなくなった」というトラブルです。

メールもLINEもインターネットもさっきまで快適に利用できていたのに、急に使えなくなってしまった、というケースは、案外多いようです。

このケース、本当にスマホの故障の場合ももちろんありますが、ただ設定の問題だったりすることもよくあります。

Androidスマホ利用者で最も多いのが、モバイルネットワークの中の「データ通信を有効にする」という項目をOFFにしてしまっているというケースです。

機種によって設定の表現や場所は若干違いますが、「設定」の中の「無線とネットワーク」の中、「モバイルネットワーク」という項目の一番上にある部分です。この部分のチェックが外れていると通信が一切できなくなります。ただ、通話はできる状態のため、「通話はできるのに通信ができない」というトラブルになってしまいます。

通信がいきなりできなくなったという人は、ここをまずは確認しましょう。チェックが入っていなかった人はチェックを入れることにより、LTEマークや3G/Hマークなどが表示されるようになり、すぐに改善します。

この項目にはしっかりチェックが入っているのに、やはり通信ができないという人は、続けて同じ「モバイルネットワーク」の項目の中のAPN設定を確認してみましょう。

ドコモの場合、「spモード」という設定が表示され、選択されていれば問題ありません。もしAPN設定に何も表示されていない場合は、SIMカードをしっかり認識できていない可能性があります。一度電源を落としてSIMカードを抜き差しして、もう一度電源を入れなおしてみましょう。

以前の機種の場合は、手動でAPN設定をしないといけない機種もありますが、最近の機種はほとんど特に設定しなくてもSIMカードを認識していたら自動的にAPN設定はspモードになっているはずです。

spモードではなくmoperaUで通信している人の場合、設定は当然別になりますが、APNにmoperaUを利用している人はその辺りの設定はわかるものとして省略します。

そしてそれでも改善しないときにもう一点、確認しておきたい項目があります。

同じくモバイルネットワークの中の「ネットワークモード」の項目です。

一般的なXiスマートフォンであれば、「LTE/3G/GSM(自動)」と、「LTE/3G」と「GSM」という項目があると思います。この項目は
「LTE/3G/GSM(自動)」になっているのが望ましいのですが、「LTE/3G」になっていても通信はできます。

ただ、日本で使用されていない「GSM」が選択されていると通信が切断されてしまいます。
いろいろわからないままに触っているうちに、この項目をつい「GSM」に変更してしまい、通信ができなくなってしまっていたというケースが考えられます。

以上、それだけ確認した上で、どれも問題がなかったという場合は、あとはおとなしくキャリアショップに持ち込んでみましょう。
SIMカードもしくはスマホ本体の故障の可能性が考えられます。

実は設定だけの問題、アプリの問題というケースは想像以上に多いと思われるため、とりあえずやれることは自分でやれるように、上記程度の最低限の対処方法は覚えておきたいところです。







格安スマホの話題がとどまるところを知りません。うまく活用できそうな人は、既に格安スマホの検討に入っているかもしれませんが、 その分で浮いた分の費用は何に回すべきなのでしょうjか。

格安スマホを利用していくと、家計の負担が一気に減ることも考えられますので、生活がかなり楽になるはずです。
ただそこで、元々利用していたものとして家計には回さず、保険などに活用しようという考え方もあるようです(参考記事:『話題の格安スマホを利用して保険を手厚く』)

その他にも、資産運用にそのまま回す、という方法もあります。今なら話題のFXだったり、投資と言えば株式投資、少額から始められるNISA(少額投資非課税制度)なども最近は話題です。

通信費の削減はそれだけ色々な用途に振り分ける余裕を生み出すことが出来るという意味で、やはり家計において大きなメリットがあると言っていいかもしれません。

どうしても、格安スマホを利用するにはある程度のスマホの知識やトラブルが発生した時に対処できるだけのスキルが求められがちですが、だからこそサポート体制の充実した格安スマホを選択することで、そのリスクを最低限にまで減らします。それにより費用としてはドコモなどのキャリアから脱却して最低限での運用を実現していくことができます。

月数万円の通信費を削減できれば、住宅ローンに回してもよし、車のローンに回すこともできます。保険に加入してもいいし貯蓄したり運用したりすることもできます。家族旅行費として積み立ててみてもいいでしょう。

今までできなかったことが、たくさんできるようになります。

誰しもがわかってはいるけれど、なかなか手を付けることが出来なかった通信費について、抜本的な見直しが実現できる時期が今、やってきています。
今こそ一から勉強してみて、格安スマホにチャレンジしてみてもいいかもしれません。






最近のAndroidスマートフォンに、ほぼ標準で搭載されるようになってきているフルセグ。
本当に使える機能なのか、必要な機能なのか考えてみました。

思えばドコモのケータイにテレビ機能が初めて搭載されたのは、2006年3月に発売されたP901iTVというFOMA端末でした。

スマホ登場のはるか前のフィーチャーフォン時代、さらにドコモの型番も現在のA~Fシリーズに変わる前の900iシリーズの初期端末です。

その時期はまだ、地上デジタル放送に完全に切り替わる前であり、地上アナログ放送が続いていた時期でした。ドコモの端末で言えば、まだmova端末も存在していた時期でもあります。

現在ではサービス終了したmova、そして周波数帯の再編により地上デジタル放送に完全移行してしまって停波した地上アナログ放送。
そう考えると、かなり前のような気もします。

時代は流れ、地上デジタル放送の13のセグメントの中の1セグメントを利用する「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」、通称ワンセグはケータイ端末に搭載するのが常識となりました。

そして今、12のセグメントを利用する地上デジタル放送を受信することが出来るスマートフォンが主流になってきています。

本来地上デジタル放送を受信するためには、限定受信方式を利用するためのB-CASカードが必要ですが、ソフトウェアとしてのB-CASが提供されるようになったために、スマホ端末でフルセグが視聴可能になったということです。

機種によってはアンテナを内蔵している機種もあれば、外付けのアンテナを付ける必要がある機種もあります。
ワンセグと比較すると解像度が高いために受信しにくく、場所をかなり選んでしまい、さらには電池の消費も非常に大きくなってしまうという欠点も指摘されています。

逆に利点としてはやはり、その解像度の高さによる鮮明な画質です。家庭用のテレビで見ているのとほとんど変わらない感覚で番組を視聴することができ、中にはフルセグ録画に対応している機種も登場しています。

外出先でワールドカップを思う存分視聴したい、というようなニーズには存分に応えてくれるフルセグですが、あとは場所を選ばずスムーズに受信できるような環境が整えば、今以上にフルセグのニーズは高まるのかもしれません。





↑このページのトップヘ