ケータイショップというところがどういうところなのか、一度働いてみたいと思わなくもないですが、実際は大変なんだろうなぁと想像します。

それでも、可愛い制服を着てみたいとか、ケータイが好きだから、自分で販売できるようになりたいとか、そういった希望をもってケータイキャリアショップで働きたいと思われる方もいらっしゃると思います。

ということで、知り合いに聞いたケータイショップで働く方法です。

まずは、正社員で働くのか、派遣で働くのか。

正攻法としては、正社員募集がかかっている時に、応募するという方法です。
まぁこれは至極当然というか、当たり前の方法です。
そもそもケータイキャリアショップとは、NTTドコモやau、ソフトバンク本体が経営しているわけでなく、その大部分において全く別の会社、代理店が経営をしています。
ケータイショップで働くということはつまり、その代理店で働くということに他ならないわけです。
ですので、ドコモ本体やau本体で正社員として入社するよりも、はるかに入社の敷居は低いようです。
募集をしているケータイキャリアの代理店があれば、それに応じて応募する。
あとは面接に受かれば晴れて正社員で入社できます。

もう一つの方法は、派遣で入社するという方法です。
ケータイショップは、ストレスが多く辞める人も少なくないということと、女性が多い職場なため、結婚や育児で辞めざるを得ない人がでやすいということで、人の回転が他の業種よりも若干早いようです。
そのため、正社員を毎回募集し雇うことによるリスクをとるより、派遣で簡易的に人を雇おうという考え方をする代理店も少なくないようです。

そういった需要があるために、ケータイショップ専門の派遣会社なども存在します。
つまり流れとしては、ケータイショップ専門の派遣会社に登録しておけば、人の空きが出た段階で話をもらえます。
その上でショップで派遣として働き、あわよくば派遣契約が切れると同時に直接雇用してもらうような流れで社員になる、というパターンです。

最初は派遣でも、やることは全く変わらないし、収入は場合によっては社員より多いこともどうやらあるようです。
実績を積んだうえで、直接雇ってもらいたいという話ができる状況になれば、あとは流れ次第です。

このパターンの最大のメリットは、最初の関門である、その職場で働くまでのハードルが非常に低いというところです。
正社員であれば、面接で落とされる可能性もかなり高いですが、派遣だとそういう心配はまずないと思われます。
もちろんよほど問題があるように観られればNGが出ることもあるでしょうが、基本的に派遣会社を通せば、大体の場合採用されるようです。

ということで、とりあえず優良派遣会社に登録して、それからケータイショップで働いてみましょう。

携帯ショップで働こう!