ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: PCデジカメ新機種情報


タブレットの出荷台数がかなりの伸びを見せています。
けん引するのはやはりiPadですが、それを追随するAndroidタブレットも勢いがあり、さらには伏兵としてWindowsタブレットが意外な人気でAndroidを追いかけています。

タブレットを選ぶときには、やはりその利用用途によって選択肢が変わってきますが、純粋にタブレットとして利用したい人や操作性などを重視する人はiPad、安価で色々な用途に幅広く使いたい人や、NTTドコモなどのキャリアでの購入組はAndroidタブレット、そしてどちらかというとパソコン寄りでタブレットを利用したいという人がWindowsタブレットを選択しているのかもしれません。

Windowsタブレットの最大の利点としては、Microsoftの強みであるパソコンとの連携にあり、WordやExcel、PowerPointなどとの親和性が高く、さらにはBluetoothキーボードなどを利用すればそれこそ純粋なパソコンにも早変わりしてしまうという点も魅力の一つと思われます。

Windowsタブレットを購入するのであれば、安価なUltrabookでもいいような気もしますが、そこは完全タッチパネルのタブレットだからこその魅力があるのかもしれません。

実際の操作性はiPadやAndroidタブレットにもまったくひけをとりませんし、慣れればタブレットとして十分活用していけます。あとはやはり、どれだけアプリが充実してくるか、かもしれません。

今のWindowsタブレットは、これまでシェアがほとんど取れていなかった分、伸びしろが大きいとも言えます。iOS、Androidに続く第三のOSと散々言われていたのはTizenやFireFoxでしたが、結局第三のOSとして台頭してくるのは、パソコンにおける主役であるWindowsなのかもしれません。


Microsoft Surface Windows Tablet (32GB)

Microsoft Surface Windows Tablet (32GB)
価格:89,800円(税5%込、送料込)




 
 


東芝から、GoogleのChromeOSを搭載したChromebookが発売されると発表されました。
CapD20140109







WebブラウザとしてのGoogle Chrome(グーグル・クローム)は、パソコン上で利用する際も非常に使い勝手のいいOSですが、最近はスマートフォンでもAndroidの普及に伴い主流のブラウザとして存在感を増しています。

そのWebブラウザのChromeにブート機能を搭載したOSとして、Googleが開発したChromeOSを載せたパソコンがChromebookです。

その特徴としては、WindowsやMacとは異なり、アプリケーションやデータをローカルディスクには置かず、すべてWeb上に保存する形となります。

そのため起動も早く、価格帯も3万円を切るなど非常に安価となっています。
ネット環境がある場所での利用であればシームレスにクラウドとの連携を図りながら利用ができますが、逆にいうとネット環境がなければほとんど役に立たないという弱点もあります。

日本ではまだ正式に発売されていませんが、東芝が発売するとなると日本発売もいよいよ期待がもたれてきます。

この東芝のChromebookは写真を見る限りデザインはそれほどかっこよくないような気もしますが、2014年はもう少しデザインもスマートなChromebookが日本でもたくさん発売されるようになるのかもしれません。





SONYの新モデルカメラ「a7」が発表されています。

CapD20131019_1






スマホのカメラとコンパクトデジタルカメラとの差別化が難しくなりつつある昨今、各社まだまだスマホでは実現できない性能を持つ一眼レフカメラやミラーレスカメラを強化する流れにあるようです。

a7は、Eマウントのミラーレス一眼ですが、「NEX」シリーズではありません。
元々SONYは、aマウント採用機を「a」、Eマウント採用機種は「NEX」とブランドを分けていましたが、今後はすべてのレンズ交換式カメラで「a」ブランドを押し出していくということです。

元々「NEX」は、New E-mount eXperienceという意味合いがあり、SONYのミラーレスカメラを愛用している人にとっては馴染みがあるブランドになっていますので、もし全く利用されなくなるのであれば若干寂しい思いはあるかもしれません。

a7は、ミラーレス一眼でありながらフルサイズ35mm CMOSイメージセンサーを搭載したハイスペックモデルで、小型のフルサイズミラーレス一眼カメラという新しいカテゴリーを今後も提案していくということです。
a7の有効画素数が約2430万画素、a7Rが約3640万画素となっています。

発売日は2013年11月15日予定で、価格はa7の本体のみで15万円前後、a7Rの本体のみが22万円前後ということです。

ミラーレスカメラとしては決して安くはありませんが、性能を重視しながら小型軽量にこだわりたい人にとっては注目のカメラです。SONYのカメラには今後も注目です。


情報元:「livedoor ニュース






SHARPの液晶技術「IGZO」搭載のパソコンが登場しています。

富士通のLIFEBOOK UH90/Lは、14型ディスプレイにSHARP製の「IGZO」を採用していると公表した初のパソコンです(富士通ライフブック評価レビュー)。

これまでSHARPのスマートフォン向けに採用されていた「IGZO」ですが、その高精細かつ省電力の機能を活かして、今回はパソコンのディスプレイに利用されています。

Windows8搭載のパソコンで、タッチパネルにも対応しています。

AQUOS PHONEでIGZOを体験した人であれば、同じIGZOが採用されているパソコンには興味がわくと思います。
今回は富士通のパソコンでの採用でしたが、他のメーカーもIGZOディスプレイのパソコンを今後発売してくる可能性もあります。

IGZOはスマートフォンだけでなく、パソコンやテレビでも主流になってくるのでしょうか。

SHARPの未来はこのIGZOの行く末によって大きく左右されるのかもしれません。





日本マイクロソフトが13日、iPadの値上げを発表したアップルに対抗して、逆に値下げを実施すると発表しました。

期間は6月14日から7月14日まで。
値下げ額は一律1万円としており、32GBモデルが約2割値下げの3万9800円となります。
この値下げによって、競合するアップルのiPad miniの32GBモデルよりも安くなります。


日本マイクロソフトの樋口社長は「アップルが値上げするならこっちは下げる」と発言しており、この機会をチャンスととらえているようです。

マイクロソフトの思惑はともかくとして、ユーザー側から見るとお得なことに変わりはないため、SurfaceRTを検討している人は、ぜひこの機会に手に入れておきたいところです。

ただ、値下げしたとはいえ、たとえばGoogleブランドASUS製の7インチタブレット「NEXUS7」は二万円を切る価格帯で設定されており、iPadmini に対する価格的な優位をアピールしても、Androidに対する目立った優位もなければ、なかなか購入には踏切りにくい部分もありそうです。


参考記事:「PC online





↑このページのトップヘ