ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: NTTドコモ2012秋モデル情報

NTTドコモ、2012年秋モデルのOptimus G L-01E 不具合改善のソフトウェアアップデートが実施されています。

今回改善される事象としては、動画ストリーミング再生中に音声が遅れる場合があるというものです。
そのほか、機能追加や品質改善に関する内容も含む更新になっているということなので、最新バージョンへの更新が推奨されています。

さらに今回、追加のアプリとして「Playブックス」のアプリが更新によって追加されます。

自動更新に対応しているため、デフォルトの状態であれば、深夜帯に自動的に更新されます。

最新のソフトウェアバージョンは「L01E10b」となっています。



2012年秋に発売されたNTTドコモの新機種・Optimus G L-01Eを利用して、電池の持ちについて検証してみました。

とにかく今回は電池を5日持たせるというのがコンセプトなので、電池が減りそうな事象を極力なくした状態で検証してみました。

まずは余分なアプリを入れないというのは基本中の基本、大前提なのですが、必要最低限のアプリは入れた状態でチャレンジ。やはり実用できなければ意味がないということで、一般的に人が使いそうなアプリを数点インストールしてみました。

そして、充電を夜に実施、朝起きた段階で100%の状態にしておきます。
ここからスタートです。

まず、自宅では完全にWi-Fiでの利用にシフト。ついでに、余分な通信や電波を拾いに行ったりして無駄な動作を行わないように、念のためモバイルネットワークの「データ通信を有効にする」のチェックを外し、完全に通信をシャットアウト。
外出する際もこの設定を継続します。

これにより、通話はできてもメールやインターネットがまったく利用できない状態になります。
ただし、SPモードメールの通知は来ますので、気づいたら通信をつないで受信をするようにします。
電池をとにかく消耗する、LTEも3Gも切り、電池の消費を抑える作戦です。

仕事中などはほとんど利用はしないため、そのまま放置。昼休憩の際に暇つぶしでインターネットを若干利用するので、通信をつないでみました。そしてここまでまだ電池残量は94%。全く減りません。

午後も同じように電波を遮断して放置。夜、帰宅時までに92%をキープ。利用しなければほぼ水平の電池残量。ほとんど消費しないこのすごさ。

夜は自宅で再度Wi-Fiにつなぎ、通信。自宅ではインターネットを頻繁に利用するので、若干電池を消耗します。
しかしとりあえず5日持たせたいため、利用は少なめにしておき、すぐにスリープ状態に。

夜もそのまま、充電をすることもなく放置。朝起きてもまだ85%以上をキープ。

同じような利用を繰り返して5日、余裕で持ちました。

電波を完全に遮断した状態で、スリープさせておくと、ほとんど電池は減りません。減ったとして数時間で1%とか2%とか、そんなものです。

通信を利用すればもちろん消費しますし、電話をしても減ります。それでも、必要最小限に抑えることができれば、あまり影響はありませんでした。

電池容量が2210mAhのOptimus Gでこのレベルだったので、CPUが違いますが、3100mAhを誇るGalaxy note2や、IGZOによる省電力機能に優れ、その他のスペックはOptimus Gとほぼ同等のAQUOS PHONE ZETA  SH-02Eなどであれば、さらに電池は持つ可能性もあるのではないかと思います。

こまめに通信を切る、というのは、やはり若干手間がかかりますが、電池を最優先として考えるのであれば、方法としてはありではないかと思います。

電池が弱点と言われ続けているスマートフォンですが、使い方によっては、十分数日持たせるくらいのことは出来るようになってきていますので、それぞれの機種でチャレンジしてみても面白いかもしれません。

 

NTTドコモの新機種コラボレーションモデルのSH-01E Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)の事前予約開始日が発表されました。

11月30日事前予約開始の12月8日発売予定となっています。

30000台数限定機種ということで、 手に入れたい方は予約が必須です。
ベースはSH-01Eのため、スペックはそれと同等となっています。
外観のサイズもまったく同じため、カバーやケースはSH-01Eと同じものが利用可能です。
同時にケース類も検討している人は、あまり店頭に置いていない種類のものなどを探してみましょう。

参考記事:「SH-01E 買いたい人気のカバーケース
 
 

ドコモの新機種秋モデルファーウェイ製スマホ、Ascend HW-01Eの事前予約が、11月14日から開始となります。
発売日は21日予定となっています。

秋冬のドコモの新機種の中では比較的地味なモデルで、防水赤外線が非対応となっているため、ターゲットとなるユーザーとしては、最低限の機能がついていて値段も安めの新機種が欲しい層、というところでしょうjか。
防水・赤外線がないのであれば、Galaxyシリーズを選ぶ、という人が多そうなので、なんとなく位置づけが難しい機種ではあります。

ただ、そのほかにワンセグ、NOTTV、おサイフケータイなどには対応しています。
高速起動という特徴があり、電源ボタンを押して5秒で立ち上がるという便利な点もあります。
とはいえ、スマホの電源をそう頻繁に切るものだろうか、という疑問はさておき。

スペックとしては、夏モデルのレベルでみれば平均以上ですが、冬モデルの中ではあくまで平均点。
もちろん普通に利用するには十分すぎるスペックといえます。

検討されている人には、人気のケースカバーも既に用意されつつあります。
各種類ありますので、早めの検討にどうぞ。




独自性を重視したい人には世界に一つしかない自分だけのケースを作ってくれるコチラ。


上記カバーケースは、他の機種のものもありますので、色々と探してみましょう。



NTTドコモのSHARP製スマートフォン秋モデルの、AQUOS PHONE si  SH-01Eの新色の事前予約開始日が決定しました。

9日事前予約開始の17日発売予定です。

小型で女性の方に人気の機種でしたが、男性の方でも使いやすいブラックとブルーが追加されることによって、また違った層の人の購入意欲が出てくるかもしれません。

まぁカバーをしてしまえば色はあまり関係ない・・・などと言ってしまえばそれまでですが、検討している人は、しっかり事前予約をして手に入れたいところですね。

参考記事:AQUOS PHONE si  SH-01E人気の買いたいケースカバー 

 

↑このページのトップヘ