ケータイ新機種情報ブログ

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマホ・ケータイ新機種などについて。 ※当サイトはリンクフリーです。

Category: NTTドコモ2013秋モデル情報


NTTドコモは、ドコモオンラインショップにおいて「機種限定 MNPで倍返しキャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

内容は、他社からのりかえ(MNP)で購入した場合に、月々の利用料金を減額することにより、購入代金のうち20000円(税込)分をキャッシュバックするというものです。現在行われている「Xiスマートフォン他社からのりかえキャンペーン」と併用で20000円のキャッシュバックが倍の40000円(税込)になる、というものです。

請求額がキャッシュバック分に満たない場合は、翌月以降に繰り越しされていくため、利用料金がそれほど大きくなくても損をすることはありません。仮に月8000円程度の利用であれば、5か月分ほどは利用料金をほとんど相殺できる計算です。

このキャッシュバックは、現金が戻ってくるわけではありませんが、通常のドコモショップなどで手続きをした場合にもらえる現金キャッシュバックの代わりという形です。

ただこのキャンペーンも、ドコモオンラインショップ向けのキャンペーンではありますが、通常の販売店では現金キャッシュバック、もしくは商品券プレゼントが数万円単位で行われていますので、どちらがいいのかはいろんなお店を回ってみて比較してみてもいいかもしれません。


記事元:「NTTドコモ






スマホにとって充電器はなくてはならないアイテムですが、独自路線をひた走るAppleのiPhoneにおいて、非正規のライトニングケーブルを使用不可にする更新がiOS7において行われたようです。

オープンなAndroidのスマホと違い、充電器においても独自規格を推し進めるiPhoneは、サードパーティー製の充電器・ライトニングケーブルに対しても規制を強化し、Appleが認証を与えたものだけを利用できるようにしているようです。

iPhoneの充電器は、決して価格も安くなく、Lightningケーブルに関しては、アダプタ部とケーブル部、それぞれ1800円程度するため、両方購入するとそれだけで4000円近い出費となります。

Androidのスマホであれば、NTTドコモの過去のACアダプタ03は945円、現状のACアダプタ04は1575円と、半分以下の価格になっているのに加えて、強力な規制がかかっているわけではないので、保証はないとはいえサードパーティー製充電器も多数出回っています。

そのためユーザーは自己責任の上であらゆる充電器を利用することもできます。

もちろんこの点も良し悪しで、自由度が高い反面、粗悪品が多く出回る可能性もあり、多少高くても安全性などもしっかり確認された純正品の方がいいというのは間違いありません。

それにしても、iPhoneの充電器の価格はもう少しどうにかならなかったものなのでしょうか。
充電器が二千円をはるかに超えるのは、なんとなく日本人の感覚には合わないような気もします。


参考記事:「ガジェット速報」 

 

 
 


iPhoneユーザーが考えるiPhoneが売れている理由をまとめてみました。

・ブランド力
・周りがみんな使っている
・使いやすい
・簡単で誰でも使える
・シンプル
・タッチパネル感度がいい、サクサク動く
・電池容量の割りに電池の持ちがいい
・安い
・ 外れがない
・かわいい
・デザイン
・app ストアのセキュリティ


一方、Androidユーザーが考えるiPhoneのデメリットとは。

・みんな一緒で個性がない
・使っている人が多くて恥ずかしい
・スマホを使いこなせない人が使ってるイメージ
・自由度が低い。アップルに制限されすぎていてできることが少ない
・ディスプレイが小さい
・安っぽい
・電池容量が少ない
・日本向けのワンセグ・おサイフケータイ・赤外線・防水がなく、SDカードも使えない
・故障時の対応をキャリアショップでしてもらえない
・文字入力が非常に使いにくい
・ウィジェットがない。インテントがない。ATOKが使えない。デフォルトのブラウザも替えられない


やはり細かい設定などを利用する人や、パソコンなどに強い人はAndroidを選択する傾向があるようです。
iPhoneのイメージはやはり、ブランドイメージと簡単でわかりやすく使いやすいという点が最大のメリットと考えらえているようです。

実際のところ、スマホ登場当初にはあまりにも大きな差があったタッチパネル精度に関しては、もはやiPhoneとAndroidスマホの間でもほとんど差はなく、使いやすさという主観的な問題に関しては慣れの問題になってくるかと思いますので、住めば都というように使い慣れている方が使いやすいと考えていいのではないでしょうか。

逆にiPhoneユーザーが持つAndroidに対するデメリットとしては、故障しやすい、タッチパネルがカクカクなど、昔のAndroidのイメージが根強く残っている点が大きいようです。
最近は多少の個体差はあるにせよ、かなりその点向上していますので、それほど気にするほどではないのではないかと思われます。

裏を返せば、それだけ故障してもキャリアが対応してくれるところがAndroidスマホ最大のメリットとも言えます。

両方の視点を踏まえて、しっかり検討材料にしてみましょう。





NTTドコモのらくらくスマートフォンプレミアム F-09Eの事前予約が9月27日より開始されます。

CapD20130927






発売日は10月4日が予定されています。

既に発売されているらくらくスマートフォン、らくらくスマートフォン2との大きな違いとして、google playに対応しているため、アプリのインストールが自由にできるようになっています。

さらには「らくらくパケホーダイ」が適用されず、通常のXiパケホーダイフラット/ライトが適用されます。

つまり、ライトユーザー向けのらくスマに対して、このらくらくスマートフォンプレミアムは、らくスマ世代のヘビーユーザー向けの仕様となっています。
文字は大きく使いやすい方がいいけれども、機能もたくさん使いたいという人には最低の機種となっています。

日本人向け/年配の人向けにカスタマイズされたユーザーインターフェースは大きな魅力であるため、らくスマからの買い替え層などにとっては注目の機種と言えそうです。

ただ、そこまでの機能を必要としない、google playがなくてもプリインストールアプリで十分という人は、らくらくスマートフォン2という選択肢もあります。

予約しないと買えないということはないでしょうが、確実に発売日に手に入れたい人は、しっかり予約をしておきましょう。




 


NTTドコモ、KDDI au、ソフトバンクの三キャリアから発売されたiPhone 5sの家電量販店の販売データによると、ソフトバンク版iPhone 5sが最も売れているとBCNランキングが伝えています。

実際の販売数は量販店だけでなく、各キャリアショップの数も相当数あると思われることと、NTTドコモのiPhoneは取扱い店舗がまだまだ少ないということもあり、さらには数がそもそも足りておらず供給不足になっている状況というところを勘案しても、正確なデータとはいいにくいかもしれませんが、一つの目安にはなります。

やはり元々iPhoneの取り扱いをしていたソフトバンクは、生粋のiPhoneユーザーが多いということも影響しているのかもしれません。

それぞれのキャリアの供給数はわかりませんが、もしかすると取扱い歴の長いソフトバンクの方が、ドコモよりもそもそもの入荷台数が多かったとも考えられます。

NTTドコモが伸びていないもう一つの要因としては、まだまだiPhone販売の土台がしっかり固まっておらず、9月中はiPhoneにおけるキャリアメール(spモードメール)が非対応だったり、ドコモの各種サービスが利用できないなど、サービス面でも充実してるとはいえず、さらには販売店としての準備などもまだまだ間に合っていなかったり慣れていなかったりと、始まったばかりで手探り状態だったことも影響しているのかもしれません。

今後注目される点としては、MNPの純増数がどう動くかという点。
ドコモが今まで一人負けと言われていたのはiPhoneがなかったため、という点が真実なのか、それともiPhoneは全く関係ないところでドコモは他社に対して競争力を失ってきているのかがわかると思います。

ドコモとしてはあらゆるリスクを取ってiPhoneを満を持して発売したのですから、それなりの結果は欲しいところだと思います。
まずは他社への流出、ポートアウトの阻止と、いままで流出した顧客の再度の流入を図ることが最大の命題となりそうです。


情報元:「BCNランキング





↑このページのトップヘ