ビジネスニュースを識者のコメントと合わせてまとめます

    日々のニュースについて、識者のコメントと合わせてまとめていきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日の大阪都構想の選挙でも問題になりましたが、若者の選挙離れが深刻です。

    高齢者の方の投票率が高い一方で、少子化で人口も減っている若者は選挙にも行かず、若者の声が反映されにくい選挙構造になっています。

    この問題の解決策として期待できる施策の一つとして「スマホでの投票」があります。

    今回の記事では、次期のアメリカ大統領選で「スマホ投票」が実施されるかもという内容です。

    個人的にはこのような取り組みを日本でも取り入れてほしいです。


    (以下引用)

    ついに「スマホで投票」がアメリカで実現するかも

    ギズモードジャパン 
    http://www.gizmodo.jp/2015/07/post_17779.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss

    選挙投票率

      【スマホ投票で若者の選挙離れを食い止めろ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    東芝の会計的な今後の問題点を指摘したよい記事がありましたので取り上げます。

    記事によると、東芝は1兆円を超える巨額な”のれん”と”繰延税金資産”を計上しており、今後の業績悪化等に伴いこれらを減損処理すると、最悪債務超過になる可能性がある点を指摘しています。

    そして、この記事で面白いなと思ったのが、将来的にIHIが東芝の支援に入るのではということです。

    過去の東芝とIHIとの関係等から、IHIが支援者として入る可能性があることを記載しています。

    (以下引用)

    東芝を圧迫する「巨額のれん代」と迫る「債務超過」危機

    Foresight 
    http://www.fsight.jp/articles/-/40315

    東芝IHI支援

    【東芝の今後の状況を読む良記事。東芝の支援者候補は・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本ではマウントゴックスの破たん以来”怪しいもの”としての評価が定着してしまったビットコインですが、

    今、欧米の銀行ではこのビットコインを新たな取引通貨として組み込むことを本格的に検討しているようです。

    ビットコインを使えば、現在のユーロのようなどこか1国の経済状況で通貨の価値が下がるというようなこともありませんし、外国への送金もよりスムースになることが期待されています。

    記事自体はそこまで価値があるようなものではないのですが、識者の方のコメントが参考になるため取り上げました。

    (以下引用)

    ビットコインは、欧米金融の新プラットフォームになるか

     ビットコイン
    【ビットコインの可能性。金融の新プラットフォームになる!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    一旦落ち着きを見せていた中国の株価下落問題ですが、ここにきてまた株価が大きく下がっています。

    前回は政府の介入により株価の下落も落ち着きを取り戻しましたが、今回は政府が支援策の継続を発表しても株価の下落が止まらない状況となっています。

    この中国市場の混乱を受けて、日本やNYでも下落基調となっています。

    今後この問題はどのように進んでいくのでしょうか。

    (以下引用)

    中国は大幅続落、支援継続するとの当局発表に反応せず

    Reuters
    http://jp.reuters.com/article/2015/07/28/china-stock-idJPKCN0Q203J20150728
     
    中国株再度下落
      【再び中国市場が下落。世界同時株安の懸念】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    毎年二けた成長を続け、今や日本を代表する大企業になったユニクロ。

    海外進出にも積極的で、今や店舗数は全世界で3000店を数え、売上はこの25年間で400倍の1兆6500億円にまで成長しています。

    このように華々しく成長を続けてきたユニクロですが、ここにきて国内売り上げが前年比11%のマイナスとなりました。

    ユニクロに何が起こっているのでしょうか?

    今回紹介する記事では、マーケティングや消費者心理の専門家のコメントを参照しつつ、今ユニクロに起こっていることの分析をしていますので非常に参考になるかと思います。

    (以下引用)

    マクドナルドの二の舞か? なぜだ!ユニクロが突然、売れなくなった

    現代ビジネス
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44266
     
    ユニクロに異変
      【ユニクロに異変発生。突然のマイナス成長。今後どうなる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    私もいろいろとはまっているスマホゲーム(ソーシャルゲーム)ですが、その伸び率がこの7年間で1400倍という記事がありました。

    少子化や人口減少が進む日本で、これだけの伸び率を誇る市場もなかなかないのではないかと思います。

    一方でテレビゲームの市場は、この7年間で半減しているようです。

    この市場の推移については、識者からもコメントも非常に参考になるのでぜひチェックしてみてください。


    (以下引用)

    14年ゲーム市場:7年間でテレビゲーム半減、ソーシャル1400倍

    MANTANWEB
    http://mantan-web.jp/2015/07/27/20150727dog00m200042000c.html


     ゲーム市場
    【7年間でソーシャルゲームの伸び1,400倍。一方テレビゲームは半減】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    イギリスがEUからの離脱を検討しているという問題があります。

    EUに属していることで、人や物の行き来はしやすくなる一方で、ギリシャ問題のように自国以外の影響で経済が混乱したり、金融政策が自国だけで判断できなくなるという問題があります。

    また、政治的にもEU離脱論がブルーワーカーを中心に指示を集めているということもあり、EU離脱という機運が高まっているという背景もあります。

    イギリスがEUから離脱した場合、影響はEUだけでなく世界経済に及びと考えられます。

    その意味でもこの問題の行方は要注目です。

    (以下引用)

    EU離脱を問う英国民投票、2016年6月に実施か 英紙報道

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3055536

    キャメロンイギリス

    【イギリスはEUから離脱するのか?来年6月に国民投票を実施する見込み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日経によるFinancial Times紙の買収に関して、その買収の経緯と内幕に関する記事がありました。

    しかも、これを報じたのは当事者であるFinancial Timesです。

    さすがFTといった感じですが、この内幕を読むと更に興奮します。

    交渉の最終段階まで日経は他の買収候補よりも劣勢に立っていました。そこを最終日の最後の10分で逆転の条件を提示し、FTをものにしたようです。

    ぜひ読んでみてください。


    (以下引用)

    「最後の10分」で形勢逆転=自社買収劇の内幕報道-FT紙

    時事通信社
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2015072400117

    日経

      【日経のFT買収のドラマチックな交渉の内幕。最後の10分で逆転】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    経済専門新聞の発行部数での上位3社は、WSJ、FT、日経らしいのですが、このうちFTを日経が買収することとなりました。

    Financial Timesと言えば、英語圏では一流の経済専門新聞です。

    日本人として何か痛快な気持ちになりました。

    でも今後どのような協業をしていくのかイメージが湧きませんね。今後の展開が楽しみです。

    (以下引用) 
     

    日経がフィナンシャル・タイムズ買収、親会社から1600億円で

    Reuters
    http://jp.reuters.com/article/2015/07/24/nikkei-to-buy-ft-idJPKCN0PX2FR20150724

     financial times
    【アッパレ日本経済新聞社。FTを1600億円で買収】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日Jリーグのアドバイザーに堀江氏をはじめとする、各界の識者を選任するという記事を紹介しましたが、
    早速堀江氏がJリーグへの提言を公表しました。

    サッカー専用スタジアムの件や、試合のインターネット中継等々の提言をしています。

    提案内容としてはそこまで斬新というわけではないかもしれませんが、堀江氏のように影響力と実行力が人が提言することで、実際にJリーグに変化を起こせそうな気がします。

    これからも堀江氏をはじめとするJリーグアドバイザーには期待ですね。

    (以下引用)

    Jリーグはどうすれば盛り上がるのか 堀江貴文氏が提言「一番リーグにすべき」 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

    Soccer Magazine ZONE WEB
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/3941
    soccer magazine
      【Jリーグアドバイザーの堀江氏が早くも提言!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アマゾンは利益のほとんどを研究開発費につぎ込み、利益を計上しないことで有名です。

    そのアマゾンが昨日発表したQ2の決算で予想外の黒字になっていることが分かりました。

    北米での物品の売上が伸びたこと、クラウドサービスが伸びたことが主な要因のようです。

    これを受けて株価も17%超上昇しています。

    (以下引用)

    米アマゾン第2四半期は予想外の黒字転換、株価大幅上昇

    Reuters 
    http://jp.reuters.com/article/2015/07/23/amazon-com-results-idJPKCN0PX2LM20150723

    amazon黒字化

    【なぜ?AmazonがQ2で予想外の黒字転換】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今まで一般的に、日系のグローバル企業が資金管理等を行う拠点としてはシンガポールやルクセンブルクが中心でした。

    しかし、今回パナソニックは資金管理の拠点をマレーシアに移すと発表しました。

    パナソニックはアジアでのセールス、製造を拡大しているため、従来のオランダ拠点よりもマレーシアに資金管理拠点を移した方が、資金移動の観点からもより効率的に行えると判断したようです。

    (以下引用)

    パナソニック、マレーシアで世界の資金を集中管理 20兆円超

    日本経済新聞  【パナソニック、マレーシアでグループ資金を管理。なぜマレーシア?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    予想されたことではありましたが、東芝が今回の不適切会計処理問題の関係でアメリカの法律事務所から提訴を受けました。

    海外の投資家も多い東芝ですし、アメリカでは不正等による責任追及訴訟は日常茶飯事ですので、当然の動きともいえます。

    今後複数このような訴訟が起こされる可能性もありますし、東芝にとってはつらい期間が続きそうです。

    (以下引用)

    「東芝 不正発覚で株価急落、米の法律事務所が提訴」

    TBS News i
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2545996.html

    訴訟

      【東芝が米国法律事務所から提訴。今後どうなる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    東芝の不適切会計処理問題に関して、一般的に考えればなぜこの会計処理上の問題を監査法人は気づかなかったのか、あるいは修正させなかったのか?という疑問を持ちます。

    このようなことから、最近では東芝を担当していた新日本監査法人への責任追及の声が大きくなってきています。

    これを受けて公認会計士協会は、新日本監査法人の監査に問題がなかったのか調査を行うこととしたようです。

    (以下引用)

    公認会計士協会 東芝担当監査法人を調査

    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150721/k10010161421000.html

    新日本有限責任監査法人

    【東芝を担当していた監査法人は適切な対応をしていたのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    私は、以前からJリーグは非常に発展するポテンシャルを秘めたサッカーリーグであると感じていました。

    特にアジア地域でのファン獲得等の力は相当にあると感じていました。

    今回、Jリーグの更なる発展・拡大に向けて各界の専門家をアドバイザーとして採用するというニュースが出ました。

    コンサル会社ATカーニーの日本法人会長の梅沢氏や、元ライブドアの堀江氏等々の各方面の専門家です。

    これでJリーグが更なる発展を遂げてくれることを祈ります。

    (以下引用)

    Jリーグが堀江貴文氏らとアドバイザー契約締結へ

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?167687-167687-fl

     jリーグ
    【Jリーグの更なる発展のために堀江氏ら識者をアドバイザーへ】の続きを読む

    このページのトップヘ