グローバル・ファンド・アップデート第5号2013年07月21日
<グローバル・ファンド・アップデート第5号 掲載記事>

世界基金関係ニュース
世界基金、技術審査委員会(TRP)メンバーの募集を実施
=応募締め切りは7月31日=



 世界エイズ・結核・マラリア対策基金は、現在、2014年~16年の3年間の任期を務める技術審査委員会 Technical Review Panel の委員となる専門家を募集している。応募締め切りは7月31日正午(グリニッジ時間。日本時間では同日午後9時)。


TRPは、世界基金内に設置された独立した専門家委員会で、HIV/AIDS、結核、マラリア、保健システム、コミュニティ・システム強化、その他横断的な課題に関する専門家からなる。そのもっとも重要な役割は、世界基金に応募された三大感染症対策の案件申請書(プロポーザル)を審査、評価し、資金拠出が妥当かどうかを理事会に諮問することである。TRPは、その判断によって、世界基金の資金拠出の戦略性、適切性をかなり左右している。

日本からは、初期のTRPで、結核予防会の森亨氏(現在、結核研究所名誉所長)が委員を務めたほか、これまで数名がTRPの委員となっている。

TRPの人選については、以下のプロセスで進行する。

(1)7月:委員候補者の募集
(2)8月:審査
(3)9月:ショートリストの作成
(4)10月:戦略・投資・インパクト委員会(SIIC)での承認

応募の締め切りは、7月31日正午(グリニッジ時間。日本時間の同日午後9時)となっている。

★詳細については、以下の世界基金のウェブを参照のこと。応募用紙の書式などもダウンロードできる。
http://www.theglobalfund.org/en/trp/recruitment/

★応募用紙の提出もしくは候補者の推薦については、以下のメールアドレスにメールを送ることとなっている。
 globalfund.trp@hlsp.org

★また、個別の質問については、以下のメールアドレスにメールを送ることとなっている。
 trprecruitment@theglobalfund.org

projectring at 14:30│ グローバル・ファンド・アップデート第5号 | グローバル・ファンド・アップデート第5号

Copyright© Japan AIDS & Society Association. All Rights Reserved.