はっぴーらいふ奈良新大宮の近くの奈良公園を中心に、

      ここ数年、素敵な出来事があります


夏のたった10日間だけ、
     広大な奈良の緑と歴史の中に
               ろうそくの花が咲きます。
1300年前に都として栄えた奈良。
  広大な自然の中に古代日本のおもかげが今も残る。
そんな奈良にふさわしい、どこか懐かしさを感じ、
          心を癒してくれるろうそくを燈します。 

そんなやさしいイベントが1999年に誕生した「なら燈花会」です。

  「燈花」とは、灯心の先にできる花の形のかたまりのことで

          これができると縁起が良いと言われています。


「なら燈花会」を訪れた人々が幸せになりますように。

     そんな願いを込めてろうそく一つ一つに灯りをともします。


SKM_C224e17081314010_0001
SKM_C224e17081314000_0001
 
 ひとつだけではこんなに儚い灯火です。
SKM_C224e17081314470_0001

 それが寄り添うと
SKM_C224e17081314460_0001

それら小さな一つ一つの灯りが、

       幻想的な世界をつくりだします。

 ぜひ一度お立ち寄りになられては

                いかがでしょうか?




 はっぴーらいふ奈良新大宮のブログのTOPページは

     そんな「なら燈花会」の画像です。