2012年03月

2012年03月31日

今日も業務と全く関係のない話です。

先日、システムの立上作業のために、ある製薬会社様にお邪魔した際、携帯電話の
着信メロディをJRの発車メロディにされているお客様がいらっしゃいました。

その方の携帯が鳴った瞬間、私は思わず”JRの発車メロディですね!”と言って
しまいました。

一緒にいた同僚には”発車メロディだなんて全然気づかなかった。”と言われました。

そう言われてみて、発車メロディ好きの自分に気付きました。
これが、意外に色々記憶しているのです。

中央線のメロディは特に好きです♪

以前、東京駅で、同じ中央線でも1番線と2番線で発車メロディが違うことを発見して
感動して以来、東京出張の時は、聞くのを楽しみにしていたりします。

私はニッチな鉄子さんかもしれません。

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 20:14│コメント(0)

2012年03月30日

今日は三重のお客様を訪問してきました。

ここのお客様は、交通が少々不便なため、東名→伊勢湾岸道→東名阪
を通って、車で行ってきました。

余裕を見てAM5:30に出発したのですが、渋滞に巻き込まれることもなく、
非常に順調に行くことができました。

この調子なら、帰りも15時には浜松に戻れるだろうと思っていたら、そうは
いきませんでした。

岡崎近辺で午前に横転したトラックの片付けの渋滞と、4/14に一部開通
する第二東名の準備工事の渋滞に巻き込まれ、行きより3時間多くかかって
しまいました。

しかし、渋滞より辛かったのは連続して襲ってくる睡魔です。
手の甲をつねりながら、必死で眠気と闘いつつ、夕方、どうにか浜松まで
戻ってくることができました。

車の出張は、この睡魔との戦いが大変です。。。

しかし、沿道の景色を楽しめる点は最高です。

水仙、ユキヤナギ、ハクレン、モクレン、こぶし、レンギョウ、そして、まだ
咲き始めの桃や桜。
さまざまな花を見ることができました。
雪が多くて大変な冬でしたが、今年も春がやってきたことを実感しました。

もうじき新年度のスタートです!
(コンピュータ化システム適正管理ガイドラインの施行もスタートです)

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 23:59│コメント(0)

2012年03月29日

今日は滋賀の製薬会社様を訪問させていただきました。
新幹線で京都まで行き、京都から湖西線に乗って琵琶湖を眺めながらの移動でした。

琵琶湖の景色があまりに美しかったのでネットで色々調べていたら、意外な事実を知りました。
なんと、琵琶湖と浜名湖は対の関係にあるのです。

琵琶湖(2012/1/12)                   浜名湖(2012/3/27)
20120112_16073320120327_071659

古代、琵琶湖は都から近い淡水の海として近淡海(ちかつあわうみ)、浜名湖は都から遠い
淡水の海として遠淡海(とおつあわうみ)と呼ばれていたそうです。
それが語源となって、滋賀県は「近江国(おうみのくに)」、静岡県西部は「遠江国(とおとうみ
のく)」と呼ばれるようになったらしいです。
(参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96)

全く知りませんでした。それにしても、どちらの湖も青空によく映えます!!

http://www.e-pros.co.jp/


pros_hashimotopros_hashimoto at 21:29│コメント(0)

2012年03月28日

今朝の富山は土砂降りの大雨と雷でした。

午前中に打ち合わせを行い、14:03富山発のしらさぎ(北陸線)で浜松に戻ってきました。
早くに会社に戻れたと思ってたら、やらなければいけないことが山積。

気付いたらもう朝焼けです。春分が過ぎて、夜明けが早くなりました。
ブログはバックデートで更新です。


20120329_053824

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 23:59│コメント(0)

2012年03月27日

今日は朝から神戸の製薬会社様でPQのお打合せを実施し、現在、サンダーバードで
富山に移動中です。

乗ったサンダーバードの横と後ろの席には、小さな6人の子供を連れた2人のお母さん。

この6人の子供たちが、うるさい、うるさい。
歌う、叫ぶ、泣く、笑う。。。

しかも、後ろの席に座っている子達は、私の椅子の反対側についたテーブルを勢いよく
開いたり閉じたり。
頭・首・腰にガンガン響きます。

そして、この6人の子供達の騒ぎのおかげで、前の席に座っている別の家族連れの赤ん坊
が泣き始め、地獄絵状態です。

今までどこでも眠れるという自信がありましたが、今日、私にも眠れない環境があるということ
を知りました。

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 21:16│コメント(0)

2012年03月26日

名古屋のシステム会社さんが開発された文書管理システムを見せていただきました。

3/21のブログにも書きましたが、PIC/S GMPに対応するには、文書管理システムが
不可欠になると思われます。

そのため、これまで、中堅・中小の製薬会社様でもお使いいただける手頃な価格で、
必要な機能が揃ったシステムを探していました。

しかし、非常に高額であったり、コスト的には手頃でも機能が不足していたりで、なかなか
これと思うシステムが見つけられずにいました。

それが、今日見せていただいたシステムは、価格的にはお手頃で、しかも、セキュリティ、
監査証跡、ワークフロー、版管理と、求めている機能がほぼ揃っていました。
多少機能アップが必要と思う部分もありましたが、そこは簡単にクリアできそうです。
弊社の生産管理システムや在庫管理システムと組み合わせて使っていただいても良さ
そうです。

探していたシステムにようやく巡り会えた気がします。

製薬会社様に具体的な運用をイメージしていただけるご提案をするためには、もう少し
検討しなければいけませんが、きっといい形になると思います。

今後の展開が楽しみです!

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 22:37│コメント(0)

2012年03月25日

わが身の恥をさらすような話なのですが、反省を込めて書きたいと思います。

今日は日曜ですが、私が午前に上司に送ったメールがもとで、午後から上司が
出勤。部下として言動をわきまえるようにと厳重注意を受けることになりました。

この上司とは、しばしば議論をしている中で、ついフランクに物を言う癖がついて
しまって、本来、”私は***だと思うのですが、○○さんはどう思われますか?”と
言うべきところを、”***なんじゃないですか?”という風に、部下としてわきまえ
のない言動になってしまっていました。

他の上司や若者にはここまでストレートに意見をぶつけることはなかったのですが、
この上司なら話をわかっていただけるだろうという甘えがありました。
しかし、上司からすればずっと不快に感じられていたのだと思います。

何度か”わきまえるように”と注意されてはいたのですが、その場のことと軽く考えて
しまっていました。大きな甘えがあったのだと思います。
けれども、今日上司に、どう落とし前をつけるのかと詰問され、事の重大さをはじめて
知りました。。。

これまでのことを十分に反省し、明日からは”長幼の序”を胆に銘じていきたいです。

http://www.e-pros.co.jp/




pros_hashimotopros_hashimoto at 19:14│コメント(0)

2012年03月24日

今朝のちょっとヒヤッとする出来事です。

会社近くの横断歩道を渡っていたら、白いバンが前方からかなりのスピードで
右折してきました。

青信号の横断歩道を渡っているのだから大丈夫だろうと思っていたのですが、
車のほうは全く減速する気配がありません。

これには焦りました。
頭の中では、”えーっ!これは、もしや、交通事故?”と考えを巡らせている
のですが、体が固まってしまい足が動きません。

車の風圧を感じるほどのぎりぎりの状態になって、飛んでくるボールをよける
ような感じで反射的に体が動き、どうにか車にぶつからずに済みました。

こういう状態になると、考えて動くことは無理で、反射神経に頼るしかない
のかもしれません。

白いバンはといえば、そのまますごい速さで走って行ってしまいました。
もしかして、私が歩いていたことも全く気付いていないかも。。。

それはさておき。
以前、お客様に、”プロジェクトは最後までちゃんと見てくれますよね?”と
聞かれ、”交通事故にでも遭わない限り大丈夫です”と冗談でお返事したことが
ありましたが、今朝、あまり大丈夫ではないかも・・・と思いました。

横断歩道は注意して渡りましょう!!



pros_hashimotopros_hashimoto at 19:34│コメント(0)

2012年03月23日

今日は、昨日ののんびりモードとうって変わって、朝から提案書のドラフト検討、
PQシナリオの作成と忙しい1日でした。

でも、提案書の方向性が決まり、PQシナリオのほうも夜中にどうにか完成。

疲れましたが、きり良く1日が終わりました。
今日もよく働いたなーと自己満足に浸ってます。

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 23:59│コメント(0)

2012年03月22日

今朝、会社に行く途中の道端で土筆を発見。
うれしくなって思わず携帯カメラで撮影してしまいました。

最近バタバタと忙しく、道端の草に目を向ける余裕がありませんでしたが、いつの間にか、
春が来ていたようです。
20120322_083500

巣作りをしているのか、口いっぱいに木の枝を運んで飛んでいくカラス。
春休みの小学生らしい兄弟に連れられて、時折首をふって抵抗しつつ散歩している小犬。
黄色いパンジーが咲いている花壇。

なんだか、ほのぼのする光景がいっぱいです。

これが毎日続くと退屈してしまうかもしれませんが、出張がなくのんびり出勤する朝もいい
ものです。

http://www.e-pros.co.jp/


pros_hashimotopros_hashimoto at 20:58│コメント(0)

2012年03月21日

東京の流通センターで、イーコンプライアンスの村山先生による「FDAが要求する
CAPAシステム導入に関する留意点」というセミナに参加してきました。

東京モノレールから見た流通センター付近の風景。水がとてもきれいです。
20120321_164529

ところで、今、なぜ、CAPA(是正措置・予防措置)システムかというと、今後、
PIC/S GMPに準拠するためには、CAPAを管理するツールが絶対に必要
になると思われるからです。

CAPA専用のシステムというと使い方が限定されてしまうため、CAPAだけでなく、
製薬業務全般に使える文書管理システムがないかなと、ここ最近調べていました。

でも、一口に文書管理システムと言っても、世の中には色々なシステムが存在していて、
PIC/S GMPに対応するために最低限必要な機能は何か判断がつかずにいました。

そんな時、ちょうどこのセミナが開催されると知り、参加を決めたというわけです。

村山先生のお話をうかがって、CAPAも含めて製薬会社様が重要な文書を管理するため
に必要な文書管理システムの要件が見えてきました。
 ・セキュリティ
 ・文書の承認内容により可変なワークフロー
 ・代行承認
 ・進捗管理
 ・版管理
 ・様々な切り口での検索(例:記録が作られた時に有効だった手順書の検索)等々

大変勉強になりました。

今日学んだことを参考に、早速、中小の製薬会社様でも使えるようなコストパフォーマンスの
よい文書管理システムを探していきたいです。

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 23:58│コメント(0)

2012年03月20日

厚労省が3/9付でPIC/Sに加盟申請書類を提出したそうです。
5月の総会で認められれば正式に申請が受理されるそうです。

 これは中小の製薬会社様にはかなりのインパクトがあるのではないかと思います。
というのも、2012年2月1日に出た「PIC/SのGMPガイドラインを活用する際の考え
方(案)に関する意見募集の結果について」にこんな内容があったからです。

(No.27一部抜粋)
意見:許容できないリスクがあると判断される場合について、製造所に輸出品目の
有無、製造所の規模に関わらず、PIC/S GMPガイドラインとの同等性及びリスクを
元に判断がなされると理解してよいか。 
回答:その理解で差し支えありません。

つまり、PIC/S加盟により、これまで輸出をしていなかった製薬会社様であっても
グローバル規制に対応していかなければならないということです。

それからもう1点、気になることがあります。
それは、製薬会社様同士でも話題になっていると思いますが、都道府県により査察
の内容や厳しさが異なる点です。
来月の1日から施行されるコンピュータ化システム適正管理ガイドラインも同様、
都道府県により温度差、解釈の違いがあるように思います。

PIC/Sは加盟国(団体)のGMP基準を調和させ、査察の情報共有を図るのが目的
の団体なので、日本が加盟するためには、当然、国内の査察レベルを統一しなけれ
ばいけませんが、この状態から都道府県の格差をなくしていくのは、かなり大変な
ことだと思います。

製薬会社様向けシステムを作っている我々も、今後の動向から目を離せません。

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 23:59│コメント(0)

2012年03月19日

時折小雪の舞う中、既存ユーザ様にお邪魔してきました。

原価計算の話をしたいということだったので、何か問題でもあったかと少々心配
しながら、ご訪問したのですが、お話をうかがってみると、今の配賦方法では、
現場の実態が原価に反映しきれていないので、マスタ設定を細かくし原価計算の
精度をあげていきたいという内容でした。

お客様が、原価計算の結果をよく分析されたうえで、販売価格の検討や、現場の
問題点の発見に活用してくださっていることがわかり、非常にうれしかったです。

原価の活用の理想型です!!こんなにうれしいことはありません。

まだまだ課題は多いので、喜んでばかりはいられませんが、原価計算を是非、
改善活動のツールとして活用していただけるよう、出来る限りのサポートをさせて
いただきたいと思いました。

http://www.e-pros.co.jp/


pros_hashimotopros_hashimoto at 21:18│コメント(0)

2012年03月18日

明日の朝一番の打ち合わせに備えて、富山に移動中です。

途中の名古屋駅の風景。真っ黒な雲が近づいてきています。
20120318_181957
天気が悪くなるのかなと心配になって、明日の天気を調べたら、
富山は、なんと雪のち晴!
寒そうです。でも、ちょっとワクワク。

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 19:56│コメント(0)

2012年03月17日

今日は船井総研さんの月例コンサルティングの日でした。

その中で、今後3年間に予想される変化について、興味深いお話をうかがいました。
それは、成果主義の時代は終わり、プロセス重視にシフトしていくであろうという
ものです。

”震災の影響もあり、価値観が変化してきている。
利潤を追求するだけの会社はそっぽを向かれ、正しい理念を持った会社が評価される
時代になってきている。
社員の評価も、数値目標の達成ではなく、どれだけ会社の行動指針にあった行動が
とれるかが重要になってくる。”
そういった内容のお話だったと思います。(解釈が違っていたらすみません)

一頃の私だったら、以下の理由で、プロセス重視に強い抵抗を感じたと思います。
・仕事をしている以上、結果が出せなくてどうするのか?
・プロセス重視というと、”結果が出せなくても、頑張ったんだからいいでしょ”と
 いう甘えが出てくるのではないか?
・成果主義は客観的に評価しやすいが、プロセス重視は評価が主観的になるのでは
 ないか?

でも、今は、プロセス重視もありかなという気になりつつあります。

・行動指針が正しければ、行動指針にあった行動をとったりプロセスを経るだけで
 結果は自ずとついてくるかもしれない
・プロセスをモニタリングするために、KPIを使えば、客観的な評価も可能かもしれない
と思いはじめたためです。

ただ、100%すっきりはしていません。
KPIを使って数値目標を設定することと成果主義にどれほどの差があるのかという
気がしているからです。

それから、そもそも、成果とは?ということにも疑問があります。
成果を売上や利益とするのであれば、脱成果主義というのもありでしょうが、顧客満足を
成果としたら場合は、成果主義であっても全然問題ないように思います。

本当に成果主義→プロセス重視にシフトするためには、まず、成果(もしくは最終目標)
とは何かを明確に定義する必要があるし、成果に至るプロセスを評価するKPIの設定も必要
なんだろうなあ。。。

とりとめのない話を長々と書きましたが、今日もコンサルティングを受けたお蔭で、色々と
考えさせらました。

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 23:59│コメント(0)

2012年03月16日

今日は大阪でPIC/S対応セミナを開催しました。

セミナ終了後のアンケートを拝見したところ、条文が確認できてよかったというコメントや、
自社で対応が必要な箇所を見つけられたというコメントをいただきました。

PIC/SのGMPガイドラインと現行の日本の法令及び通知・事務連絡等に、特に重大な差異は
ないということになっていますが、細かく条文を読んでいくと、対応が必要な箇所は間違い
なく存在しています。

今後も、このようなセミナを開催して、PIC/S情報を製薬会社様にお伝えしていければと思い
ます。

帰りの新幹線では、新大阪―名古屋間はしっかり起きてパソコン仕事をしていたのですが、
名古屋を過ぎたあたりでいつの間にか爆睡。浜松に到着する直前で目が覚めました。

今回は新横浜まで行ってしまうこともなく無事に浜松に戻ってこられた点はよかったのですが、
眠ってしまう直前に作成していたワードの文書には今まで見たこともないほどたくさんの"0"の
文字が。。。
寝ながらずーっと0を押し続けていたようです。

0の先頭にいこうと画面をスクロールするのですが、スクロールバーをドラッグしてもドラッグ
してもたどりつけません。
一体、何回押したのかと可笑しくなりました。




pros_hashimotopros_hashimoto at 20:11│コメント(0)

2012年03月15日

東京・台場でPIC/S対応セミナを開催しました。

昨晩の地震の影響もあったようで急なキャンセルもあり、本日のセミナ参加はお一人に
なってしまいました。

ご参加いただいた方が治験業務のご担当でいらっしゃるため、製造現場寄りの内容が
多い本日のセミナがお役に立つか心配でしたが、セミナ終了後に、”設備に関する話も
新鮮でした”とおっしゃっていただき、ほっとしました。
ありがとうございます。

良い情報がご提供出来ていればうれしいです。

帰りにゆりかもめのお台場海浜公園駅から見た東京タワーです。ぼやけてますが美しい。20120315_175812

それから、これは写していないのですが、ゆりかもめの中から富士山が見えました。
ゆりかもめから富士山を見たのは初めてです!
今日は風が強く空気が澄んでいたせいでしょうか。

本当は写してブログネタにしたかったのですが、仕事帰りの人がたくさん乗っている車中
で一人うれしそうにパシャパシャ撮るのはさすがに恥ずかしく、やめました。

http://www.e-pros.co.jp/


pros_hashimotopros_hashimoto at 22:30│コメント(0)

2012年03月14日

今日は情報収集の1日でした。

まず午前中は、東京のソフトウエア会社様にて、新旧ワード文書比較システムや文書管理
システムについて、デモ&説明をしていただきました。

新旧ワード文書比較システムは、新旧の文書を比較して変更箇所を抽出するだけでなく、
自動的に新旧対比表を作成してくれるシステムでした。
ワード文書に挿入した画像や表の変更箇所も検出してくれるスグレモノです。

文書の変更管理をしっかり行わないといけない製薬会社様に是非是非ご提案したいシステム
です。

午後は、月に一度のCSV研究会に参加してきました。
 
この4月に適用されるコンピュータ化システム適正管理ガイドラインの査察方針が都道府県で
大きく異なることがよくわかりました。

ある製薬会社様でCSV組織図を拝見し、あれっ?と思ってお話をうかがってみると、 ”県の
講習会でそうするようにと言われました”というお返事をいただき???と思っていたのですが、
その原因はここにあったのかと合点がいきました。

今は、各社様が属する都道府県の査察方針に従わなければ改善指導を受けてしまうので、
その通りにしないといけないと思いますが、今後、PIC/S対応で各都道府県の査察レベルの統一
が図られた場合、何らかの問題が起きるのではないかと少々心配になりました。

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 18:53│コメント(0)

2012年03月13日

今日は東京ビックサイトで、この6月に開催されるインターフェックスの説明会に
参加しました。
20120313_132908

 展示会の説明会というと、パネルは何cm×何cmとか、荷物の搬入は何日までと
いう話を想像しますが、今日はそんな話はかけらも出てきませんでした。

かわりに、この展示会で顧客を獲得するために何をすべきかについて、たっぷり
説明していただきました。

”インターフェックスを単なる自社PRの場とか名刺交換の場などと思っていたら、
うまくいかない、目標をしっかり設定し、しっかり準備をしなければいけない”という
ことがよくわかりました。

インターフェックスまで、あと3ヵ月少し。
これから忙しくなります!!

ところで、インターフェックスでたくさんの商談が成立した会社さんが、お客様に
ブースに気軽に立ち寄っていただくために、パンダの着ぐるみを使われたそうです。

 着ぐるみ!ちょっと面白そうです。(間違いなく却下されますが。。。)

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 22:44│コメント(0)

2012年03月12日

最近、仕事で使用しているノートパソコンの調子が悪く、いつ壊れるかとヒヤヒヤ
しています。

買った時から、長時間使用すると、熱くなりやすかったのですが、最近どんどん
ひどい状態になってきています。

処理が急に遅くなったり、パソコンが出すとは思えないエンジンのような音を立て
ていきなりシャットダウンしたり、マウスポインタが消滅したり。

でも、パソコンを変えるのは大仕事です。必要なアプリケーションのインストール、
メールや必要なファイルのコピー等々、考えただけでもぞっとします。

ということで、今は、どうか壊れないで下さいと祈りながら、そーっとそーっと使って
います。

 お客様には”BCPが・・・”なんて言いながら、実は、自分自身のBCPが全く出来て
いません。

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 23:52│コメント(0)

2012年03月11日

東日本大震災から1年がたちました。

テレビで、震災当時や今の被災地の状況、そして追悼式典の様子を見るにつけ、
被災した方々の悲しみを感じます。

そんな中、今朝、公民館の前を通ったら、数名の男性が、大きな和凧を持って
糸の調節をしていました。
5月の浜松まつりの準備でしょうか。

昨年は震災の影響で中止になった浜松まつりが、今年はまた開催されるようです。

被災地から離れた場所にある浜松ですが、これも復興の1つのあらわれのような
気がしました。

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 16:12│コメント(0)

2012年03月10日

使い捨てコンタクトレンズを使っているのですが、そのストックが底をつき、
眼科兼コンタクトレンズ屋さんに買いに行ってきました。

この眼科は会社が入っているビルの中にあります。

コンタクトレンズがないと生きていけない私にとっては、会社から1分で行ける
所にあるのは非常に便利でありがたく、もう5年近く利用しています。

今日も仕事の合間に買いに行ってきました。

さて、この眼科には、眼科の受付をする人、視力測定をする人、コンタクトレンズ
を販売する人などなど、たくさんの人が働いているのですが、皆さん、とても丁寧で
テキパキしていて、驚かされます。
しかも、5年間この状態が変わらないのです。

今日も、1人の受付の人が、ゴミ箱のゴミがいっぱいになりつつあることに気付いて、
さっと片付けていました。

当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、それがきっちりできているのが
とてもいいなと思いました。

http://www.e-pros.co.jp/









pros_hashimotopros_hashimoto at 21:18│コメント(0)

2012年03月09日

昨晩、富山に入り、今日は朝からお客様とお打合せをしてきました。

お打合せの合間、参加されている社員の方々が、”19日の夜にホタルイカを採りに行く”と
いう話をされていました。ホタルイカとは、いかにも富山らしい話題です。

それにしても、皆様の仲がいいことにびっくりしました。

というのも、この会社の方々、お打合せの時は、内心えっ!と思うほど、お互いストレートに
意見を言い合われるためです。

お互いによい信頼関係が築けているので、仕事の時はシビアに発言ができるのかもしれません。
こういう会社様、いいですね。

いろいろな会社様でお打合せをさせていただく機会がありますが、様々な社風があり、いつも
刺激をいただいています。

http://www.e-pros.co.jp/




pros_hashimotopros_hashimoto at 22:18│コメント(0)

2012年03月08日

今日は業務に合った内容の話を書きます。

 一昨日、インターネットで”売れない営業が辞めない時代”という記事をみつけました。
  出典:ダイアモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/16405
営業担当の私としては結構ぐさっとくる内容でした。

昔は「売れない状況が続いた営業は自然と職場を去る」のが当たり前だったようです。
実は全然知りませんでした。
 
上司にこの記事の話をしたら、”結果が出せないなら当然じゃないの。”という回答でした。

その時は、冷水を浴びせられたような気がしましたが、今は自分に甘えがあったのだと
思います。

営業という仕事は、お客様と接する機会が多いので、うれしい瞬間をたくさん経験できます。
そんな経験が出来る分、責任は重いのだと思います。

まずはベストを尽くすこと。
そして、何をやってもダメな時は、いつまでも居座らないこと。

でも、正直、どこまでが居座りになるのか、判断は難しいです。
自分では、まだまだ頑張ろうと思っていても、実は上司に、いつやめてくれるのか?思われ
ていたら悲しいです。
やめてほしいと思ったら、やめてくれと言ってほしいものですが、変に権利に守られている
のが、まどろっこしいところです。

それはさておき、このぐさっとくる記事のおかげで、営業の仕事について再認識しました。
 楽しいですが、厳しい仕事です。いや、厳しいから、楽しいのかもしれません。

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 19:54│コメント(0)

2012年03月07日

またまた最悪の出来事、発生。

三重に出張した帰り、名古屋から新幹線で浜松に戻ろうとして、うっかりのぞみに乗車。

取引先のXさんと電話をしているうちに新幹線の発車時刻が迫り、よく確認をせずに
慌てて止まっていた新幹線に飛び乗ってしまいました。

気付いた時には既に新幹線は発車。うわーっ!

当然、のぞみは浜松駅に止まりません。
車中から、浜松駅をうらめしく眺めつつ、新横浜へ向かいました。

今日はいつになく出張から早く会社に戻れると思って喜んでいたのに。

親切な車掌さんは、時刻表を調べ、新横浜からこだまに乗ってくださいとのこと。
各駅停車のこだまで帰るしかないんですね。

ただでさえ忙しい時に、新幹線に乗って行ったり来たり。何をやっているのだろうか?
双六じゃあるまいし。。。
自分のそそっかしさに怒りを覚えます。

この怒りを仕事エネルギーに変換するしかありません。

http://www.e-pros.co.jp/


pros_hashimotopros_hashimoto at 16:40│コメント(0)

2012年03月06日

今日は早起きをして、AM7:09富山発のしらさぎで浜松に戻ってきました。

早朝だったこともあり富山は肌寒かったのですが、浜松に戻ってくると
陽がさし、コートがいらないくらいの暖かさでした。

同じ東海地方ですが、富山と浜松では気候が全く違うことを実感しました。

午後は、来春大学を卒業予定の学生さんが会社見学に来てくれました。
大手志向の人が多いと言われている中で、やりがいのある仕事を探して
いる学生さんです!

会社というのは、これから約40年、一日の大半を過ごす場所です。
人生に占める仕事の割合は、誰にとっても決して少なくありません。

一度きりの人生。老婆心ながら、是非、悔いのない選択をしてほしいと
思いました。


http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 23:10│コメント(0)

2012年03月05日

今日は富山泊です。

20:00近くなのに7℃あります。暖かくなってきました。

コーヒーを飲みながら仕事をしようと喫茶店に入ったら、隣の席にエントリーシートを
書いている若者2人。
聞こえてくる会話から製薬会社志望とわかり、思わず観察してしまいました。

スマホで応募する会社のHPを検索。社員のコメントを適当に茶化し、書かれている
”求める人材”をうまくアレンジして自己PRに変え、楽しそうにエントリーシートを書いて
いました。

”最後に、御社の発展をお祈りしますって書いてみようか”とか、”これを書いたら飲みに
行こう”等々、聞いていておかしくなってしまいました。
飲んだら、各々、夜行バスで名古屋方面と関西方面の製薬会社に移動するらしいです。

最近見てきた就職説明会にくる若者達は笑顔なし、悲壮感にあふれていたので、こんな
若者達の姿を見てちょっと安心しました。
厳しい就職活動も、時には若者らしく楽しんでいるようです。

大変さは全然違うと思いますが、自分の学生時代とそんなに変わらないんだなと感じた
ひとときでした。

http://www.e-pros.co.jp/


pros_hashimotopros_hashimoto at 21:36│コメント(0)

2012年03月04日

昨日も今日も、せっせとたまった仕事の片付け。

でもPM7:00を越えたあたりから、効率があがらなくなってきました。
こういう時にすべきことはただ1つ。

きりのいいところで仕事をきりあげ、会社と家の中間地点にある
地ビール屋さんへ直行。
20120304_195951
極楽、極楽。やっぱり仕事の後のビールは最高です。

液体燃料補給、完了! 
明日はまた朝から富山です。

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 23:48│コメント(0)

2012年03月03日

今日は、出張の合間に読んだ「10年後に食える仕事 食えない仕事」(渡邉正裕 著)
いう本について書きます。

タイトルが生々しく、あまりいい印象はなかったのですが、内容が気になって読んでみたと
ろ、予想していたような”カネの儲かる仕事”系の話ではなく、なかなか面白い本でした。

日本の職業を4タイプ(①重力の世界②無国籍ジャングル③ジャパンプレミアム④グロー
カル)に分類したうえで、企業の海外移転、高齢者の増加、TPP加盟、海外からの単純労
働者の流入等を考慮した分析がなされていました。

<印象に残った内容>
・低付加価値の技能(例:プログラマ)は、グローバルの最低給与水準に収斂されていくこと
・どんなに安い労働力が入ってきても、ネイティブの日本語を扱う人間でなければ出来ない
 仕事や、日本人の強みを活かし高付加価値なサービス・商品を提供することで海外企業
 とは差別化できる仕事が存在すること(←日本にはおもてなしの心がありますという話で
 終わってしまわないのがよかったです)

自分自身や会社が、どの方向に向かうべきか?何を強みにすべきか?について、あらため
て考えることができました。

すごい答えを期待して読むと拍子抜けになると思いますが、読みやすい(薄い!字が大きい!
図が多い!)割に、いろいろ考えるきっかけを与えてくれる本だと思います。
興味のある方は是非読んでみてください。

http://www.e-pros.co.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 18:19│コメント(0)

2012年03月02日

富山2日目。
昨日とうって変わって寒い1日でした。

お客様の所に行くために富山駅でタクシーに乗り行き先を告げたら、この運転手さん、
 ”そこの製薬会社さんは数か月前に新しい技術を開発して新聞に載っていましたよ”
という話題から始まって、何故か、イタリアでみつかったアイスマン→富山の縄文遺跡
の話に発展。

富山の縄文遺跡からは、保存状態のいい人骨が大量にみつかり、調査のため、つくば
に運ばれたこと、そのうち2体は調査を終え富山に戻ってきて展示されたことを説明して
くださいました。

タクシーの運転手さんと天気の話をすることはありますが、ミイラや人骨の話をすると
は。。。私、骨好きに見えたのでしょうか?

でもお蔭でこの遺跡に妙に興味がわき、帰りの電車の中で調べてみたところ、運転手さん
の話していた遺跡は小竹貝塚だということがわかりました。

縄文人は小柄だと言われているのに、小竹貝塚から出土した人骨には身長170cm以上
と推測されるものがあったそうです。非常に珍しいらしいです。

また、ここからは、犬の骨がほぼ完全な形で出土。縄文人のそばに丁寧に葬られていた
ことから、犬は食糧ではなく大切なペットだったこともうかがえるのだそうです。

犬を大切に葬っていた縄文人が好きになりました。

ちなみに、運転手さんによると、縄文顔の代表は片岡鶴太郎さん、弥生顔の代表は笑福亭
鶴瓶さん、運転手さん自身の顔は中間だそうです。

今日も楽しい出張でした!

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 19:50│コメント(0)

2012年03月01日

今日・明日、富山出張です。

ところで、今日から、格安航空会社のピーチ・アビエーションが運航を開始しました。

関空―福岡は片道3,780円~11,780円、関空―新千歳は片道4,780円~14,780円、
高速バスより安い場合もあるようです。

運賃に大きな幅があるのは、需給バランスで価格が変わるためらしいです。
通常、航空機のチケットは早く予約したほうが安く買えますが、この航空会社の場合、
運賃は空席状況によって変動し、購入時点で有効な金額が適用され、差額調整は
しないそうです。

テレビの乗客のインタビューを見ていたら、 ”値段の割によいサービスでした”と答える人
と、初日の混乱もあってのことだと思いますが、 ”あのサービスは考えたほうがいい”と
答える人がいました。

一体、この違いはどこにあるのでしょう。
時間がなくて機内食が食べられなかったとか?

そもそも、いくらを高い/安いと感じるかは人により異なります。
そのうえ、4000円でチケットを買った人と、1万円以上で買った人に同じサービスを提供した
場合、評価が大きく分かれるの当然のことなのかもしれません。

ピーチ・アビエーションの例は極端ですがプロスの仕事にも同じようなことがいえます。
お客様により、高い/安いの感覚が異なるし、システムへの期待度も異なります。
しかし、評価が分かれて当然なんてことは言っていられません。
いかに、お客様の期待を越えるサービスを提供し、価格以上の価値があると思っていた
だけるか。
しっかり考えなければいけない時期にきています。

http://www.e-pros.co.jp/

pros_hashimotopros_hashimoto at 23:59│コメント(0)