2013年08月26日

先日札幌に出張に行った際、蛾が妙に多くて気になっていたのですが、今日ネットで
こんな記事を発見。
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/20130825k0000e040111000c.html

札幌の市街地で蛾が大量発生しているとのこと。
やっぱりあの蛾の量は普通じゃなかったのかと納得!

ところで、札幌に滞在中も話題になったのですが、蝶と蛾の違いはどこにあるかと
いうと・・・

一般的に、以下の分類方法があるそうです。
 1.蝶は美しいが、蛾は汚い  
 2.蝶は昼間に活動するが、蛾は夜に活動する  
 3.蝶は羽を立てて止まるが、蛾は羽を広げて止まる  
 4.蝶の幼虫はアオムシだが、蛾の幼虫は毛虫である

しかし、どの方法でも例外があり、実際にはうまく区別できないそうです。
蝶も蛾も、同じ鱗翅目(りんしもく)に属し、違いはないというのが結論のようです。
http://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/chigai/

明後日の夜からまた札幌出張。。。

出張先で蛾が大量発生していると思うとテンションが下がるので、蝶がたくさん
飛んでいるパラダイスに行くと思うことにします。

製薬会社向け生産管理システムASTROMはこちら→ http://astrom.jp/




pros_hashimotopros_hashimoto at 18:27│コメント(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 銀   2013年08月27日 09:29
どうも、ガセっぽいですね。
マイマイ蛾が例年より多かったようですが、今は殆どいなくなってますよ。
各説があるようですが、蝶と蛾の区分はないようですね。
私の基準では採取したくなるのが蝶、触れたくないのが蛾です。
2. Posted by 橋本   2013年08月27日 19:24
コメントありがとうございます。
今はほとんどいないと伺ってほっとしました。
私は、昆虫全般、あまり近寄りたくないです。。。

コメントする

名前
 
  絵文字