2019年06月02日

寒い所への出張に備えてキープしていた最後の冬物を、昨日クリーニング屋さんに
出してきました。

が、お店に長い列が出来ていてげっそり。

店員さんが服の素材を1つ1つ確認するので、時間がかかるのは仕方ないのですが、
昨日は最悪なことに応対する店員さんが一人だけ。
カウンターは左右に2つあるのですが、店員さんが一人のため右のカウンターしか
使われていませんでした。

一人のお客さんが右のカウンターで応対してもらっている間に、次のお客さんが左の
カウンターで服を袋から出して準備していればもっと効率的に進むのにとイライラ。

すると、私より2人前に並んでいた女性がいきなり左のカウンターに服を広げはじめ
ました。(店員さん、一瞬びっくりしていました)

この人ステキ!と思ったら、
あれっ!! 知っている人(昔の上司)でした。

クリーニング屋さんで合うとバツが悪いので、スマホに熱中するフリをして顔は
見ないようにしましたが、正面から顔を確認しなくても間違いない。

”どこにいても変わらないなぁ。”と可笑しくなりました。

製薬会社向け生産管理システムASTROMはこちら→ https://astrom.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 14:21│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字