2019年07月01日

ネットを見ていたら、20代の社会人の過半数が「飲みニケーションは社内の円滑な
コミュニケーションに役立つ」と回答したという記事を発見。

記事によると、
・飲みニケーションの時間は「1~2時間が適切」という回答が約半数を占め、
 全体平均では約100分
・気を遣わなくて良い同僚と、翌日の仕事の出ない範囲内の時間で、プライベート
 の話題で盛り上がりたいと思っている人が多い
らしい。

非常に興味深い!!
若者は「飲みニケーション」なんて100%NGなのかと思っていました。

気を遣わなくて良い同僚って点でアウトなのかもしれないけれど、多少は誘っても
いいってこと?
100分程度は我慢してくれるの?

なーんて、こういう記事を鵜呑みにすると、ウザがられちゃうんだろうな。ふー

出典: https://irorio.jp/ericolatte/20190627/531428/

製薬会社向け生産管理システムASTROMはこちら→ https://astrom.jp/



pros_hashimotopros_hashimoto at 10:30│コメント(0)

コメントする

名前
 
  絵文字