プロス太田の滋養強壮ブログ | 製薬会社向け生産管理システムASTROM

プロス社長の成長記録、ビジネスマンの滋養強壮剤を応援するブログです。

「安全な医薬品の安定供給を支援する」
医薬品製造業のITパートナー 株式会社プロス http://www.e-pros.co.jp/

安倍首相が、誤ったデータをもとに「裁量労働制の方が残業が
少ない」と言ったこと国会で謝罪していました。

そりゃそうですね
プロスでもかつて裁量労働制を実施していましたが1年ほど前
からタイムレコーダーを導入し残業代の実績支給に替えました。

残業代の支払いが大幅に増えることも覚悟していましたが
逆に残業が減り、いつの間にか働き方改革になっていました。

以前は早く帰ることに罪悪感があったが、遅くまで残る人は
残業代が支給されるのだから気兼ねなく早く帰れるように
なったとのこと、なるほど目からウロコでした。

一方的な残業規制は大きなお世話だけど、働いた時間分支払う
のはちゃんとルールにしておかないと悪用するのが出てきますね

不覚ながら風邪をひいてしまいました
熱は全然ないのですがガラガラ声で喉が痛く咳が出ます

風邪をひいても「風邪ぐらいで休んでいられるか」と出勤する
オヤジが、インフルエンザの流行を助長しているという記事が
ありましたが、強い責任感でがんばっているオヤジを、明確な
根拠も無く勝手な理屈で悪者にする悪質な記事は迷惑です。

ベトナムの大手オフショア会社が浜松に営業所を開設するとのことで
同社の営業マン(日本人)が飛び込み営業に来られました。

オフショアとはシステム開発などを人件費の安い海外で請け負う商売です。
なんでもベトナム各地に1万3千人もの優秀大学出の技術者がいて、
日本の何分の一かの費用でシステム開発してくれるとのこと・・

今に始まったビジネスではありませんが、浜松のような田舎町ですら
ベトナムのオフショア会社が目の前に営業所を構えるようになりました。

「この仕事は来月からベトナムにお願いすることになりました」

その一言を告げられる前に、システム開発に携わる技術者の皆さんは
彼らの何倍もの報酬をもらえるだけの差別化が必要ってことっす!

大丈夫?

商工会議所主催の「就活者用の会社説明会」の案内が届きました

サブタイトルはなんと「家族で就活研究会」
会社説明会だけど保護者同伴でご来場くださいというワケです・・・

お父様、お母様
お子さんより長生きするつもりならいいですが
そうでなければ就職先は本人に自分で決めさせてあげてください

商工会議所さま
マスコミさんの一部事例に惑わされることなく
普通のことを普通に実施してください
それと成人した人の親を「保護者」と呼ばないでください

入居して10年以上が過ぎ、手狭になったオフィスを引き払い
思い切って広い部屋へ移転するはこびとなりました

オフィスデザイン会社さんにデザインを依頼していましたが
先日、洗練された素敵な3次元デザイン図が完成
想像以上の出来栄えに、ワクワクと心を躍らせていました!

本日その見積書が届いたわけですが( 一一)
かっこいいオフィスを見るとセンスある会社だなと感心して
いましたが、センスだけじゃなくてお金も必要だったことを
改めて知らしめられました。

まあ背伸びせずに少しづつ近づけようと思います

頭頂部の薄毛が気になりだしたので
調剤薬局で薄毛治療薬を購入しているのですが
帰りがけに必ず「お大事に」と言われます

調剤薬局なのでマニュアル通りなのだろうけど
あたま薄くなったからって「お大事に」ってどおよ?
普通「ありがとうございます」だろ?

来日外国人が日本のお店に入ると、おもてなしマニュアル
通りの大きな声で「いらっしゃいませ」と叫ばれると
入店を拒まれているのかと思い固まってしまう
「いらっしゃいませ」って何?という記事を見ました。

マニュアル通りのおもてなしは、おもてなしじゃない!

社員さんの結婚式にご招待いただきました

こんな自分でも会社の上司として参列していれば
新郎新婦それぞれのご両親がわざわざ挨拶に来られて
「どうぞよろしくお願いいたします」と深々と
頭を下げられていかれます。

本人の周りには彼を大切に思い彼らの幸せを心から
願う人がいる。そういう事実を認識することが
できるというだけでも結婚式って大事だなって思います。

それはそうとして、はやくうちの娘たちも嫁に行かないかなあ

母校の高専の同窓会に2次会から参加、およそ36年ぶりの
再会を楽しんできました!

大先輩から「同窓会ってのは脂が抜けきってからが楽しいよ」
という話を聞いていましたが、ほんとうにそう感じました。

ここまで成功も失敗もそれぞれ様々な人生を生きてきて
大して価値のないことにこだわり、無意識のうちに嫉妬や
妬みなんかもあったような気がしますが
本当にどうでもいいことだってことが今はわかる気がします

まだまだ若造なんで偉そうなことは言えませんが
つまらないことに悩んでないで早く年を取れ!と伝えて
あげたい人がたくさんいます。

人生はこれからが楽しいんだなと実感した次第です。

中核の社員さんから
「B型インフルで1週間の出勤できないけどタミフルで熱も下がり
元気なので在宅で仕事したい」との要望がありました

それならばと最近導入したWeb会議システムを利用して打合せ
にも参加してもらい、在宅テレワークを試してみることにしました

セキュリティに注意を払いサーバーのワークエリアを一部開放
特に支障も無く、かえって出勤するより集中できているようです

全社員に定常的に適用するにはまだまだ課題は多いですが
今後もできるところから柔軟な働き方を取り入れていこうと思います

先日実施した健康診断で、メタボのイエローカードが提示され、
健保組合の「特定保険指導」の対象者に指定されてしまいました。

年齢、BMI値、胴回り、血圧、体脂肪、コレステロール、等の
メタボバロメータの値のうち3項目以上が標準値を上回ったら
対象者に指定されます。

でもそのおかげで、美人保健師さんとの30分の面談し
6か月間のダイエット計画をいっしょに作成してもらいました
3か月後にもう一度検査と面談をすることになっています

スマートになった自分が美人保健師さんと再会することを
とても楽しみにしています

このページのトップヘ