プロス太田の滋養強壮ブログ | 製薬会社向け生産管理システムASTROM

プロス社長の成長記録、ビジネスマンの滋養強壮剤を応援するブログです。

「安全な医薬品の安定供給を支援する」
医薬品製造業のITパートナー 株式会社プロス http://www.e-pros.co.jp/

先日、同業者の方が「どこのソフト会社も忙しいらしいね、
いま忙しくないソフトウェア会社なんて潰れるよね」
と話されていいました。

確かに忙しいのですが、景気がいい時に忙しいのはもっぱら
労働集約型のソフト受託開発会社ですかね・・
忙しい=儲かっている、かというとちょっと違います。
受注単価は現状維持で人員確保も難しく、人手不足で賃金は
上昇傾向、忙しい分残業が増えるだけで一次的に給料は増えても
結局のところ会社にはさほど残りません。
今忙しいソフト会社こそ景気次第で潰れる会社じゃね?

IT企業の営業利益率ランキングを見ると、ランキング常連企業は
景気に関係なく毎年30~40%以上の利益率を出し続けています。
彼らはきっと今の景気でも、あたふたと忙しくしてはいないでしょう。
忙しくなくても潰れるどころか成長を続けています。

そこのところを勘違いせずに、売上数字に一喜一憂することなく
そこそこヒマでも利益を出せる会社にしなければ
遠からず来るであろう景気後退の時にヤバそうに思います。

近所の先輩から、
最近ブログの更新ないので、体調が悪いか
会社がヤバい状況なのかと心配していた・・
とお声かけ頂きました。

それはヤバい、ブログは生存証明的な役割もはたすのですね
ご心配ありがとうございます、会社も個人も元気でやってます!
ブログも再開しますのでよろしくお願いします。

買い物ついでに用も無いのに家具展示場をブラブラしていたところ
スマートな北欧風リクライニングチェアを発見
人生を変えるベッドで有名なシモンズ製です

椅子が欲しかったわけじゃないのですが、なんとなく座ってみると、
これが驚き、絶品の座り心地
上質レザーの触り心地、程よい無段階のリクライニング
天然木を美しくカーブさせた落ち着いたデザインで
ありがちなゴテゴテしたゴージャス感も無くとてもスマートです

これは素晴らしい!と思ったのですが、28万円もする椅子なので
さすがに衝動買いできませんでした。たかが椅子に・・と思いますが
年齢を重ねるとこういうのが欲しくなるもんなんですね

ちょっと前までマッサージチェアーが欲しいなんて思っていたけど
これにした方が人生が変わるかも、今度のボーナスで買っちゃおうかな

週末アルファロメオジュリアの発表会で、車両価格1132万円
とても手の届く車ではありませんが話のタネにと
最上位車種であるクアドリフォリオというやつに試乗させてもらいました。

ミドルセダンのボディーに、フェラーリ開発の
V6 3000cc ツインターボ 510馬力エンジンを載せたこの車
EVやPHVなどエコ車ブームの中、真反対のコンセプトとはいえ
最新の安全装置類はしっかり装備されています。

ところがなんとナビが無い、しかもオプション設定も無く
営業さんいわく「基本的に付けられません」というから驚きです!

モノづくりの基本は「お客様が求めるもの」であるはずですが
「自分たちが作りたいもの」に徹する尖ったカーメーカー
セオリーや基本が全てじゃない、そんなことを勉強させてもらいました

いつの間にやら日経平均が21,000円超!
この1年で25%も上がっているんですね、
みなさんはどれくらい儲かりましたでしょうか?
正直あんまり関係ないですね

アベノミクス継続の期待感なんて記事がありましたが
日銀のTEF投資信託買いが下支えしていることがアベノミクスで
株価が上がるしくみらしいですね

つまりは国が国のお金で株価を引き上げて、大企業と資産家が
ウハウハ儲かって、経済が良くなったということです

これがよいことなのか、よくないことなのか
一般国民にもその恩恵が届けばよいのですけど
どうも貧富の差が拡大しただけのような気もします

あーぁ、ブログを2週間も空けてしまいました

選挙ネタで原稿は何度か書いたのですが、一応ビジネスブログの
つもりなので政治的な主義主張はやめておこうと思った次第です。

マスコミによれば起きかけた大きな風は選別発言で一気に潮流が
変わり、結局現政権の承認になりそうな報道をしています。
トップの失言?の怖さがひしひしと伝わる選挙戦です。

メルケル首相みたいな人が登場しないかな・・・

船井総研さん主催による、福岡の先進IT企業を訪問するツアーに参加

グーグルやFaceBookの自由奇抜なオフィスはテレビでもおなじみですが、
今回訪問した会社のいくつかは、地方の中小企業でありながらも、
そうした巨人企業に劣らない自由で奇抜なオフィスでした。

その会社を経営する社長さんは哲学者風の講演をする人だったり、
会社に遊びに来ている風の人だったりと、超個性的な人たちです。

それぞれ極端なタイプではありますが共通点も見えてきます
・みなさん超上向き志向であること
・ジャンルやスケールは違えど「社会の課題に挑戦する企業」
・楽しく仕事をすることにこだわっていること

生き残る会社、成長する会社の条件なのかもしれないですね。
福岡は元気で活気があるとよく話には聞いていたましたが、実際に
自分自身の目と耳で見聞きすることが大事だと強く感じました。

静岡駅でタクシーに乗車
徒歩15分くらいの距離でしたが雨だったのでタクシーを利用しました

一応上場企業の本社ビルなので、もしかしたらわかるかなと思い
〇〇社さんってわかりますか?と尋ねると
運転手さんいわく「静岡には何万社もあるんだからわかるわけないよ」

「もう降りる」と言いたかったけどぐっとこらえて地図を見せました

この運転手が不幸になりますように、世の中からこういう運転手が
いなくなりますようと、心の底から願った次第です

母を連れてお彼岸の墓参りに行ってきました

認知症を患う母はトイレの使用に介助が必要なのですが
市営墓地のトイレには障がい者用トイレが設置されていません

たまたま女子トイレには誰もいなかったからなんとかなりましたが
そういう目にあってはじめて、そういうものの重要性がわかります

限られた人用の設備だと思っていましたが、年を取れば誰でも
必要になる設備なんですね、せめて公共施設には設置をお願いします

勤労感謝の日に、日頃の勤労を労うべく日帰りバス旅行を企画

ガイド付きの貸切バスでビール飲みながらどんちゃん騒ぎ
現地で宴会、帰りは高いびきで寝て帰る
自分が若かりし頃には普通に存在していた会社イベントですが
最近はあまり聞かれないですね

まあ正直なところ、この企画を話したところ、皆さん怪訝な顔を
されていましたが、当日はもともと出勤日、有給取得不可で
全員無条件でこの企画に参加していただきます。
年に一度の社長のわがままをきいてください。

このページのトップヘ