浜松まつりも終了し、日常が戻ってきました

10年ほど前、就職人気企業の某有名コンサルティング会社では
新入社員をゴールデンウイーク中に仕事詰めにさせることが
先輩社員の仕事だと指導していました

今じゃ考えられませんが、若いうちの成長はやり遂げた仕事量に
比例するという思想がこうした業界のスタンダードでした
いろいろ問題はあるものの、間違いとは言えない気もします

現在、第一線で活躍しているコンサルタントのほとんどが
こうした教育を長年継続し、めちゃくちゃ仕事量をこなした人達です
働き方改革下のGWを過ごした見習いコンサルタントの皆さんが
10年後にどうなっているかが楽しみですね