ダックのBLOG

ルアーフライフィッシングに関する話題。 新製品、入荷品等のご紹介をどこよりも早くお知らせ致します。

モアザン シーバスロデムTG30g

今日は午前中は曇っていましたが、午後になって晴れてきました。
天気予報では、九州南部が例年より20日近く早くに梅雨に入ったそうです。
今シーズンは季節が早いようです。

さて、今日はダイワのモアザン シーバスロデムTG30gが入荷してきました。
スタイルは、コアマンのJVにニテマスネ。

モアザン シーバスロデム TG30g 1650円(税込) *ご注文は、ご注文方法をご覧の上、ご注文下さい。
カラー:イナッ子、グリーンシルバー、ケイムラチャートバックパール、ケイムラレッドヘッド、オレンジゴールド、不夜城、ブルーシルバー、マイワシ、ウルメイワシ、グリーンゴールド、マットチャート、バーニングイワシ、SGケイムラ生シラス、セグロイワシ




それから、ウェーダーが少量入荷!
 RV コンフォータブルチェストブーツウェーダー  15000円(税込) *ご注文は、ご注文方法をご覧の上、メールでお願い致します。
サイズ:M , L  カラー:グレー
  • 本体素材:高密度ポリエステル100%(aquamax3レイヤー透湿防水加工)
  • ブーツ部素材:PVC(塩ビ)、フェルトピンソール
 
スニーカー感覚の超軽量ブーツ。
リミテッドサーフウェーダー 3.7.180円(税込)50%OFF *ご注文は、ご注文方法をご覧の上、メールでお願い致します。    
カラー:GBLK  サイズ:XL(28cm)、 素材:ポリカーボネート系防水透湿素材4レイヤー





ニシネスメルトヘッド 

週明けのいわきは強風が吹き巻くっています。
気温は高いのに釣りをするには残念な日です。

さて、シーバスフィッシングをされているバスフィッシングアングラーの影響なんでしょうか。
いわきにおいてもシーバスのビッグベイトフィッシングが盛んです。

元々は、東京湾のシーバスがコノシロを好んで食べることに由来して、メガドッグ、ジョイクロ、アユロイド、バスタージャーク、グリフィススプーン等のビッグベイトが使われていました。
ビッグベイトと云われるだけあって、重量も半端ありません。
100g優に超えるルアーもありますので、ロッドもラインも許容のタックルを使わないとキャストだけで壊れてしまうほどの破壊力です。

そんなタックルですから、バランスを考えないとキャストは繰り返しすることは出来なくなります。
先ずは筋肉痛、それから手袋を嵌めないと手の皮は破けてしまいます。

そんな苦痛を伴いながらも、ビッグベイトで釣りたいのは、水面を割る水しぶきに感動するからでは、無いでしょうか。
青物がビッグベイトで水面を割ることは、すでに青物アングラーの中では周知の事実です。
シーバスは、港湾や河口、川の中でも釣れることは、判っていながら、未知なる可能性がある魚です。

シーバスフィッシングは、バスフィッシングでのリグが応用されて、次々に新しい釣り方が開発される余地があります。

これからも色々試してみたい魚です。

今日の入荷品
ニシネスメルトヘッド 
0883462120130_2

スメルトヘッド 1/8oz-#1   660円(税込) *ご注文は、ご注文方法をご覧の上、ご注文下さい。
カラー:スメルト、パールホワイト、ブラックバック
 0883462120130_2

 スメルトヘッド 2/7oz-#2/0  715円(税込) *ご注文は、ご注文方法をご覧の上、ご注文下さい。
カラー:スメルト、パールホワイト、ブラックバック
 0883462120130_2

 スメルトヘッド 3/7oz-#2/0  715円(税込) *ご注文は、ご注文方法をご覧の上、ご注文下さい。
カラー:スメルト、パールホワイト、ブラックバック
キャスティング、バーチカルジギングなど、様々な使用方法が可能なバーサタイルスイムベイトヘッド。

キャスティングで使用した場合は、少し頭下がりの状態で泳ぐため、スイムレンジをキープし続けることが可能。
テール部分が少し上がった状態で泳ぐので、ボトムをヘッドでノックしながら泳がせた場合も、テールがボトムに擦りつけられることもなく、セットしたワーム本来の泳ぎを損なうことなく巻き続けられます。

バーチカルに使用する場合は、ジグが水平姿勢を保ち理想的なアプローチが可能に。
フロントへビー形状のヘッドバランスで水を切るように沈み、スピーディーに狙いの水深まで沈めることができます。

アイの角度は90度を採用。
それぞれのウエイトサイズに#2/0と#4/0をラインナップしているため(1/8ozを除く)、釣りのシチュエーションや、使用するスイムベイト(ワーム)のサイズに応じて、より細かくマッチングさせることが可能です。



尺越えヤマメ

今日は、母の日。
いわきは、天候が不安定。
晴れていたら、黒い雲が上空を覆い、雨。
黒い雲が過ぎたら、また晴れだして・・・
気温は高いので、動くと暑く感じます。
(特別意味はありません。)

さて、バスアングラーでフローター仕様のお客さんから、野池を釣行しているとルアーの流行りがわかるという話を聞きました。
フローターで漕ぎ出して、最初にキャストする場所は、おかっぱりがギリギリ手を出させないポイントだそうです。そんなポイントには必ずといって、ルアーがぶら下がっているそうで・・・。
おかっぱりアングラーがロングキャストしてみたものの、ルアーコントロールが効かずに障害物に引っかかり、やもう得ず、ラインを切って残ったのがルアー。
そんなポイントですから、アングラーが使ってみたい最新のルアーが多いそうです。

最近の流行は、ゲーリーヤマモトのヤマタヌキ。
ノーシンカーが多いようで、オフセットフックもキレキレの新品がぶら下がっているようです。
「ショップに行くより、種類が多いよ。」と云われました。
それから、レイドジャパン社の2Way.
これは、マスバリ仕様が多いので、ラインも細く、障害物に引っかかったら、簡単にあきらめてしまうようです。
やはりワーム全盛ですが、時々数千円するビッグベイトや羽ものも引っかかっているときがあるそうですが、お宝は、余り口に出さないようです。


今日、O氏から、写真が送られてきました。尺越えヤマメ。
GW明けでも釣る人は釣るんですね。
MOV_8056_000012








記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ダック

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ