謹賀新年崖下~崖上の土地活用

2012年01月22日

築30年~木造住宅の有効活用耐震診断のすすめ

プロスパーデザイン所長 大内です^^


今日は、某w 築30年、昭和56年11月確認申請済証の


耐震診断現地調査  です。

(ホームインスペクションも一緒に行いました。。)


築30年といいますとちょうど耐震性能が大きく変わる境目です。


昭和56年5月31日以前の建築確認申請済の建物は

「旧耐震」


昭和56年6月1日以降の建物は

「新耐震」

この時期を境目にして
耐震性が最も多く異なる

いってよいでしょう。

まずは、外部の基礎・・・・地盤沈下の兆候がないかどうか?などなど・・・

DSCF6999

鉄筋が入っているかどうか?


DSCF7001


換気口などにひび割れがないかどうか?


こちらは小屋裏の調査

DSCF7047

金物の補強がすでに入っていました!!

ほぼ入れたい箇所に施工! 




そして、床下・・・

DSCF7065


基礎は布基礎です。基礎も補修がすでにされていました。

換気口には、換気設備設置済。 床下は、良い状態です。

結構お金がかかったんだろうなぁ~と思いながら・・・・



この建物は、非常バランスがよく、柱や床の

傾きが、ほぼゼロ 0!!!この築年数で、このような精度を

保っていることは、すばらしいことですね。

DSCF7032


中古建物の場合、不具合事象の目安として

柱・床の傾きは・・・・6/1000以上 です。


このようにさまざまな劣化事象を調査し、診断していきます。





依頼者にその状態を説明すると、まさかこのような補強がすでにされているとは

思わなかったようです。

また、建て替えもある程度考えられていたそうですが、今回の

建物の状態をみて・・・まだまだ使えるようにリノベーションの道も

選択肢の一つとして、ご理解いただきました。。


でも今回の建物は、状態がよかったので、一安心でした・・・・。



建物の有効活用法として、



   まずは・・・・・


「ホームインスペクション」


      と


「耐震診断」


     を


おこなってみることも必要ですね^^





プロスパーデザイン一級建築士事務所

ホームインスペクション&耐震診断

こちらからお入りください!!





ランキング参加中です^^ ご協力おねがいいたします。

下のボタンをポチット押していただければうれしいです^^

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


prosperdesignをフォローしましょう

prosperdesign1 at 22:29│Comments(0)TrackBack(0) 【ホームインスペクション】編 | 【建築設計事務所の日々】

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
謹賀新年崖下~崖上の土地活用