今回の記事では、二重整形をするにあたってのクリニック選びをご紹介します。
といっても整形のプロ(そんな言い方でいいのかな?)ではありませんし、医者ではないので個人の意見と思って聞いてください。

まず私は整形を思い立って最初に診察してもらったのが、某大手クリニックでした。

皆さんもよくCMで目にされたり、院長先生がテレビ番組に出られているのでご存じだと思います。
わたしもここなら信頼できるのではないかと思い予約を入れました。
受付の方の対応はごく普通で、待ち時間は予約時間から30分ほど待たされました。
いざ診察!初めての診察で緊張していましたが、そんな私でもわかるほどの塩対応・・・。
早く終わらせて次、次~♪というような印象を受けました。診察時間も5分あったかな・・・。
肝心の二重の幅についても、右目は重いから深くしましょう。くらいのものでした。
あー、ここで頼むことはないなぁ思い失意の帰宅。


次に来院したのが、私の住む都道府県のネットでの評判が一番良かったクリニック
受付がとても愛想が悪く、正直うわーまた外れだ・・・。と思いました。
待ち時間は予約時間から15分ほどだったかな?で通されました。

ここで良かったのが診ていただいた先生!!真剣に親身になって相談に乗ってくれました。
某大手クリニックでは指摘されなかった瞼の脂肪除去や片方だけ深く大きくとるなんてバランス崩れるよ!と某大手クリニックで薦められた手術内容を的確にしてきしてもらえました。

40分ほど診察
をしてもらい、手術は院長先生が執刀してもらえるとのことで一度院長先生と面談しましょうとのことでスムーズに院長先生との面談を入れてくれました。
ここでもうほぼこの病院にしようと傾いていましが、最後の受付でやっぱり愛想が悪く少し萎えるという(笑)

結局はこの二つ目のクリニックで全切開の手術をしてもらう事になりました。
いやー、クリニックを選ぶ点で大事なのはいかに親身になって話を聞いてくれるか意見や質問を伝えやすい先生かという事だと思います。
わたしの判断基準ですが・・・(笑)
あとは、大手だとしても若手の先生が執刀することもあるそうです。私は院長先生でベテランだったので安心でしたが、若手の方で経験不足の方にあたり後悔されたというブログも拝見しましたので、どのような方が執刀するのかもしっかりと事前に聞いておきましょう。

まぁ、フィーリングも大切だと思います!
今現在抜糸が終わったばっかりで、ダウンタイム真っ最中ですがやっぱりいっぱい相談できたので後悔していません!皆さんも後悔しないようにクリニック選びは慎重に!!

はじめまして!
二重整形(全切開)を終え、実はもう本日抜糸まで終えて帰ってきた”たっけん”と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

簡単に自己紹介させていただきますと、

性別:男性
年齢:20歳前半
学歴:関関同立のどれか卒
職業:にーと

大学卒業後、企業に就職したのはいいものの度重なるパワハラにより体調を崩しまくり入院を1年で2回したことによりリタイアしました。←学生時代は格闘技をやっていて身体は強いつもりだったのに・・・

よって時間もできた今だからこそダウンタイムを気にせず整形しよう!!となった訳です。

そもそも何故男で二重整形をしようと思ったのかについて書かせていただきます。
きっかけは学生時代、某パチンコ店での面接での衝撃的な一言によるものでした。
君の眼はお客様に喧嘩を売っているように見えるので不採用!
ほんとに衝撃でした。顔でいじられたりはありましたが、この言葉で社会的にも顔を否定されたような気分になりました。いやーきつい一言。

そこでは整形したいなぁ・・・程度にしか考えていませんでした。
しかし、追い打ちをかけたのが就職をきっかけにでした。

会社では毎日上司からの罵詈雑言、仕事に関することならともかく、容姿まで否定されるようになりました。
どうしようもないブサイクだなぁ
毎日浴びせられる言葉や暴力に体調を崩してしまい、営業外回り中に倒れ救急車で運ばれたこともありました。
死にてぇ・・・って何回思ったことでしょう。

そして今まで普通に話せていた女性とも、自分がブサイクという暗示のようなものにかけられ極端に自信がなくなってしまい話せなくなっていました。

会社は自己都合で退職することになりました。

なんの自信も仕事も失った自分に時間だけはある!と思い、長年のコンプレックスであった目を二重に整形しようと決意しました。

長くなりましたがここまでが整形をしようと思ったきっかけです。

このブログを見てくださっている方は、整形を考えている方や興味のある方が大半だと思います。
そんな方の何か役に立てたらと思いブログを書こうと思いました。
今はダウンタイムの真っ最中ですが、二重完成までお付き合いいただければと思います。

次の記事では、クリニック選びについて書いていきます。

このページのトップヘ

見出し画像
×