2007年03月18日

アンフェア the movie 〜 マルコムXへのオマージュか!? 〜

アンフェア the movie〜 マルコムXへのオマージュか!? 〜

人気TVドラマの映画版。主演は、3月に最終回を迎えたドラマ『ハケンの品格』でも、“できる女”を好演した篠原涼子で、この作品でもバツイチ、子持ち、大酒飲みなのに、検挙率No.1の敏腕刑事を熱演しています。

真犯人が二転三転するのが特徴のこのシリーズ。今回も、裏切り者は誰か、そして、一番“アンフェア”なのは誰か、ということをテーマに、最後まで目が離せない。キャストも、加藤雅也、江口洋介、椎名桔平、成宮寛貴など豪華メンバーを揃えて物語を盛り上げています。

簡単にあらすじをご紹介します。
女刑事・雪平は、独自に警察の不正が書かれているという極秘文書を調査していた。そんなある朝、娘が雪平を狙った爆発事故に巻き込まれ、警察病院に入院することに。娘が入院した同じ日、その警察病院がテロリストに占拠される事件が発生。警視庁の裏金80億円を要求するテロリスト。雪平は娘を救うという目的のため、独断で病院内に潜入する。。。

正直、テレビシリーズは見ていなかったのですが、この裏切り者や真犯人が二転三転する構成に、映画『ユージョアル・サクペクツ』のような騙された感を期待したのだと思います。

作品では、冒頭から裏切り者らしき候補者が続出し、本部と雪平の電話はほぼ敵側に筒抜けであることを利用して逆に罠を仕掛けたり、仲間のフリをして連絡してくる者が本当に信用できるのかどうか、という心理戦・頭脳戦などは、なかなか見ごたえのあるものに仕上がっていました。ただ、真犯人はある程度は予想できてしまい、騙された感はやや薄め。ではこの作品テーマに潜むモノは何か、ということについて考えてみました。

テーマ「一番アンフェアなのは誰か?」ということで言えば、裏金や極秘文書に関わる「国・政府」ということになるのでしょうか。ただ、それに対抗していく為には、自分もアンフェアにならなければ握り潰される。

“アンフェアには、アンフェアを”

過去に、黒人指導者のマルコムXは、「暴力には暴力を」と、白人の暴力には暴力でこたえる運動を展開しつつも暗殺されます。その後、キング牧師の“非暴力運動”なども伴い、黒人開放は徐々に世論に認められます。

ちょっと小難しい話ですが、「目には目を」の考え方は一般に認知されるための劇薬としての効果はあるとは言えやっていることは同じ。結局、戦争を戦争で終わらせるのと同じく、その連鎖は終わらないという事ではないでしょうか。

作品のエンドロール後、冒頭でも出てくるビルの屋上で雪平が寝転がる姿を見て、この“終わらない連鎖”について考えさせられました。裏切りや頭脳戦というエンターテイメント部分と、テーマに潜む深い思想部分の両方を感じられる作品だと思います。


■YouTube「アンフェア the movie 予告編」
「ラストシーンは誰にも話してはいけない」というほどのものでもないかも。。


prototype_cr at 13:35│Comments(6)TrackBack(8)mixiチェック 映画(あ行) | 邦画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『アンフェア the movie』  [ ラムの大通り ]   2007年03月18日 22:51
※映画の核に触れる部分もあります。 『アンフェア』ファンで鑑賞ご予定の方は、 その後で読んでいただたくことをおススメします。 ----この映画って、もともとはテレビの人気シリーズニャんだよね。 「そういうことのようだね。 いったん終了したものの、 ファンの熱い声に...
2. アンフェア the movie  [ 何書☆ねくすと ]   2007年03月18日 22:52
 評価:凹    評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  雪平夏見は、父親が探していた警察内部の不正を暴く極秘文章をな『" "htt??
3. 「アンフェア the movie」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2007年03月18日 23:40
宣言どおり、昨夜スペシャルを見届けたばかりのフレッシュな感覚のまま初回を鑑賞(何もそこまでしなくても・・・と自分でも思うのだが・・^^;) 珍しく座席のほとんどが埋まるほどの混雑ぶりだった。チケット売り場で5分以上掛かったのも久々。「ED
4. 「アンフェア the movie」スパイラルの先にみた事件の真実と全容と真犯人  [ オールマイティにコメンテート ]   2007年03月18日 23:55
5 「アンフェア the movie」は昨年連続ドラマで放送されたアンフェアの映画版であり、連続ドラマからの事件の結末を描かれた作品である。事件の闇の深さをみた映画版ではそのスリリングな展開には息を呑んで観る事になるだろう。
5. 『アンフェア the movie』  [ アンディの日記 シネマ版 ]   2007年03月23日 00:07
感動度[:ハート:]          2007/03/17公開  (公式サイト) 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 緊迫感[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】小林義則 【脚本】佐藤嗣麻子 【原作】秦建日子...
6. 映画「アンフェア the movie」  [ ミチの雑記帳 ]   2007年04月02日 09:38
映画館にて「アンフェア the movie」 バツイチ、子持ち、大酒飲みだが検挙率ナンバーワンの美人刑事の型破り捜査を描いた同名人気TVドラマの劇場版。 何者かが仕掛けた爆弾で自宅の駐車場に止めてあった雪平(篠原涼子)の車が爆発炎上し、娘の美央が巻き込まれてしまう...
7. マルコムX  [ 1-kakaku.com ]   2007年04月10日 19:12
妨害、中傷などのさまざまな困難を乗り越えて完成にこぎつけた、スパイク・リー監督による入魂の一大力作である。 <br> あくまで史実に基づいて描かれてはいるものの、本作は単なる伝記映画ではない。マルコムXの生涯を語ることで、今なお差別にあえぐ同胞にアフロ・ア...
8. アンフェア the movie(5点)評価:×  [ 映画批評OX ]   2010年10月16日 11:08
総論:全てがズサン・・・観てるコッチが恥ずかしいわ!このたわけ者!ムリムリな展開が満載のテキトーな脚本。「どこがハイテクじゃ!」とツッコミたくなる最新鋭の対テロ施設。素亮...

この記事へのコメント

1. Posted by たいむ   2007年03月18日 23:39
GAKUさん、こんばんは。
アンフェアとは、「目には目を」どころか、それ以上の優位性をもつ為にはどんな汚い手を使ってもかまわない、ということでしょうね。けれどアンフェアをもってしても、アンフェアはエスカレートするばかり。
そこまでがこの映画の結末。
雪平が刑事になった理由もそこにあるわけで、こうなった今、これから彼女が何を思って、どう行動するのか、何を求めるのかが、この作品が最終的に昇華するか否かだと思います。
犯人探しで終わるなら、単なるエンタメで終わっちゃうかもしれません。それくらい深い闇のお話ですよね。本当は。
2. Posted by GAKU   2007年03月20日 06:35
> たいむさん
コメントありがとうございます。
確かにあのラストは「最後の事件」と言いつつも、
まだ先がありそうな予感を漂わせていますね。
どうせなら、深い闇の部分まで踏み込んだ話を期待したいと思います。
3. Posted by こーいち   2007年03月22日 23:28
GAKUさん、こんばんは。
ボクもドラマはリアルタイムで見てなかったので
映画の前に見たのですがドラマはかなり面白かったですよ。
やっぱりドラマの方が犯人が分からなくてハラハラさせられました。
映画も普通に面白かったですけどね〜。
4. Posted by GAKU   2007年03月23日 06:32
> こーいちさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ドラマ版はホントにおもしろいそうですね。
他の人に聞いても好評なようで、心理戦なども時間に縛られず
存分に繰り広げられているらしいので、この作品はどちらかというと
『24』や『LOST』のように、連続ドラマの方が向いているのかもしれませんね。
5. Posted by ミチ   2007年04月02日 09:44
GAKUさん、こんにちは♪
上手くしたもので、映画公開の前に連日夕方テレビドラマの再放送をしてくれました(笑)
ドラマは怪しいなと思う人が殺されたり、警察内部の裏切り者は誰か分からずに、とても面白い展開でした。
映画もちょっと大味でしたが、それなりだったと思います。
エンタメとしての面白さとは別に、GAKUさんがおっしゃるように報復の終わらない連鎖を考えさせられますね。
だから雪平にはまだまだ頑張ってほしい!
完結編なんていわないでほしいです。
6. Posted by GAKU   2007年04月03日 01:36
>ミチさん
こんばんは。いつもお世話になっております。
完結編と言いつつも、なんだか含みの残る終わり方で
またロングコートが着れる冬には、雪平が戻ってきそうな気がします。
今回のテレビシリーズは見ていなかったのですが、
もし次回作がはじまるなら見てみたいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字