バベル 〜 世界の境界で愛を叫ぶ声が聴こえる 〜デスノート the Last name 〜 自分と同じレベルで戦える相手の存在 〜

2007年05月10日

スパイダーマン3 〜 浮き彫りになった黒い部分を許せるか 〜

スパイダーマン3〜 浮き彫りになった黒い部分を許せるか 〜

人気アメコミ『スパイダーマン』の実写映画版でシリーズ第三弾。今回は東京でワールドプレミアがおこなわれたとのことで、かなり日本の興行収入を意識しているのが伺えます。また、プロモーションでもガラス張りのビルに映る、真っ黒なスパイダーマンの姿を強調、かなりインパクトに残る作りとなっていました。

簡単にあらすじをご紹介します。
大学では成績TOP、スパイダーマンとしてもNY名誉市民に選ばれ、ピーターは絶好調の日々を送っていた。ただ、恋人MJはブローウェイ・デビューするも、厳しい批評で役を外されてしまう。それが原因で、微妙に噛み合わなくなる2人。父親の仇と復讐に燃える親友ハリーの陰謀や、叔父を殺した脱獄囚のサンドマンへの復讐心などから、徐々に心が闇に支配されるピーター。そんな彼に謎の黒い液状生命体が寄生、ブラックスパイダーマンが誕生する。

今回のスパイダーマンは、宣伝でも強調されているようにブラックスパイダーマンがメインとなる展開となっています。“ブラック”とは、つまり映画『スターウォーズ エピソード3』でフォースの暗黒面に支配されたアナキンのように、憎悪や復讐の心に支配されてしまうということ。スパイダーマンであるピーターも同じく、謎の黒い液状生命体に寄生され、物語前半から中盤にかけて、その心の暗黒面が存分に描かれています。

そして同様に、仕事が上手くいかずピーターに八つ当たりをするMJ、父親の仇としてスパイダーマンを狙う親友ハリー、ピーターのライバル記者であり、ピーターに恨みを持つエディなど、登場人物のほぼ全ての心の闇がメインとなって描かれているのです。

そういう意味では、ヒーローの活躍を望むファンからすれば、前半ちょっと辛い内容かもしれません。ハリーの陰謀で、MJに振られてしまったピーターが、その腹いせにMJに嫌がらせをするシーンなどは、観ていて痛々しい。ただ、そんなダークサイドも人間の持つひとつの感情。それはスパイダーマンも我々と同じ一人の人間であることに他ならない証明でもあります。

最終的にピーターはダークサイドを打ち破って、親友ハリーとも和解、手を取り合って敵と戦うという夢のタッグのような展開になるわけですが、前半のダークサイドがある分、この和解は何よりも嬉しい。

イラク戦争の砂漠を彷彿させるサンドマンを、悩んだ末に“許す”ピーターの心の変化は、未だにテロへの報復を叫ぶ米大統領へのメッセージのようにも受け取れます。そんな最大の敵“自分”に打ち勝つことの難しさと重要さを教えてくれる充実した作品でした。


■YouTube「スパイダーマン3 予告編」


prototype_cr at 00:47│Comments(8)TrackBack(11)mixiチェック 映画(さ行) | 洋画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画 【スパイダーマン3】  [ ミチの雑記帳 ]   2007年05月10日 09:25
映画館にて「スパイダーマン3」 アメコミのヒーロー・スパイダーマンが活躍する大ヒットアクション大作の第3作。 オープニング前に原色使いのアメコミのマンガがチラチラ流れてMARVELのロゴが現われるのが好き。 そしてオープニングはクモの糸をモチーフに「1」と「2」...
2. スパイダーマン3  [ Akira's VOICE ]   2007年05月10日 10:33
スーツは黒より赤!
3. スパイダーマン3  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007年05月10日 15:16
4 今度の敵は、みんな強すぎる!。強敵続々!、我らがヒーロー最大の危機! 彼は決意する、「自分」に挑め。ヒーローとしての活躍がようやく世間に認められ、ニューヨークの市民から愛される存在となったスパイダーマン(トビー・マグワイア)。私生活では、MJ(キルステ...
4. 「スパイダーマン3」みた  [ たいむのひとりごと ]   2007年05月10日 21:45
GWの後半戦は身動きが取れなくなるため、今のうちにと劇場通い。映画の日で気が進まなかったけれど、早速「スパイダーマン3」を鑑賞。毎度クモ嫌いな私は鳥肌モノで観ることになるのだけど、それでも観るって言うのが何よりの証拠かな?面白かった。(以
5. 映画「スパイダーマン3」  [ 映画専用トラックバックセンター ]   2007年05月10日 22:00
映画「スパイダーマン3」に関するトラックバックを募集しています。
6. ★「スパイダーマン3」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年05月10日 23:46
世界最速劇場公開をニッポンで・・・ GW中に稼いで・・・こりゃ記録狙いかなっ。 ファーストデイで1000円だし、初日観客動員とか初日から3日間動員記録とか・・・ 絶対狙ってるね。 という事で混雑が予想されてたので、あらかじめネットで予約。
7. スパイダーマン3  [ ネタバレ映画館 ]   2007年05月11日 19:18
スパイダースーツはいつ縫製・修繕しているのだろう・・・
8. スパイダーマン3  [ Kinetic Vision ]   2007年05月11日 20:50
復讐する側であり同時に復讐される側でもあるという、複雑な立場にピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は立たされる。伯父殺しの真犯人が脱獄囚フリント・マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)と分かり、ピーターは復
9. 【2007-64】スパイダーマン3(Spider-Man 3)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年05月13日 21:55
2 自分の中に在る<悪>に気づいた時・・・ <悪>と闘い続けられるのか──。
10. スパイダーマン3  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年05月13日 22:44
せっかくの世界最速公開なので、朝一番に鑑賞したぞ〜【story】ある日突然、謎の黒い液体状生命体がスパイダーマンであるピーター・パーカー(トビー・マグワイア)に取り憑き、全身を黒く染めていく・・・黒いスーツがもたらす新たなパワーに酔いしれるピーターだったが、怒...
11. ★ スパイダーマン 3 ★  [ 私の気ままな部屋 - ♪asitahatennki♪ ]   2007年06月06日 00:04
今回は ブラックスパイダーマンが登場。 宇宙からの寄生虫が、人の心の悪の部分で行動させ あのおとなしくて優しいピーターが変貌{/face_gaan/} 親友だったハリーとの戦い、和解・・・。 そして、別れ・・・。 まさかの展開に涙してしまいました{/namida/} 砂男という出...

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   2007年05月10日 09:28
GAKUさん、こんにちは♪
人間の心の闇というかニ面性が登場人物全てに描かれていましたよね。
そして「赦す」という大切なメッセージも。
そういうところはとっても良かったし、全編食い入るように見ていたのですが、なんせ敵が多すぎて「もったいないよ〜」と思ってしまいました。
「1」「2」は敵が一人ずつだったのにな。
6部作になるというウワサですが、それはいくらなんでもやりすぎですよね?
2. Posted by たいむ   2007年05月10日 21:49
GAKUさん、こんばんは。
心の闇との戦いは、影との戦いと同じく、最強の敵となりますね。
あっちもこっちも自分との戦い。
唯一勝てなかったのがエディであり、ちょっと残念でした。
「教会へ行け!」って黒味が買ったピーターがエディに言い放ち、本当に教会へ行ったらあーなっちゃうなんて、皮肉ですよねぇ(笑)

自分に勝つ為には、まず自分を許すことも時には必要。メイおばさん、スゴイ。
3. Posted by GAKU   2007年05月11日 00:24
>ミチさん
いつもお世話になっております。
敵、多かったですよね。私もちょっと思いました。
そういう意味でも、ヒーローモノのお決まりの
誰がワル者で誰をやっつける、みたいな展開は
今回はあえて避けていたのかもしれませんね。

>6部作になるというウワサ
えっ、そうなんですか?知りませんでした。
トビーも「次回作には出ない」なんてことを言っているので
今回で終わりなのかと思っていました。
しかも、6部とはまた長いですね。
敵として、ニンジャとかサムライとかが出てきたり、
地球環境破壊をテーマに植物怪人とか出てきたりして!
・・・すいません、ふざけすぎました。
4. Posted by GAKU   2007年05月11日 00:36
>たいむさん
いつもお世話になっています。
エディ、ほんとはそんなに悪い奴でもないんでしょうケド、
運が悪かったんでしょうかねぇ。
神に祈るはずの教会で、あんなものに寄生されてしまうなんて。。。

余談ですが、ハリーの執事が最後に父親の死がピーターの責任
じゃないことを親友ハリーに告げて誤解が解けるという展開にひとこと。
もしかして、この執事が最初からそれをハリーに告げていれば、
今までの仲違いも、ハリーが死ぬことすらなかったのでは?
なんて邪推をしてしまうのでした。それを先言えよ、執事。

5. Posted by たいむ   2007年05月12日 14:09
そうですね〜。「先言えよ」分ります!(笑)>執事
けれど、執事って主人の言動に対して見ざる言わざる聞かざるが基本でしょ?
優秀で誠実な執事さんならば、当然のことかもしれません。
おそらく、あのシュツエーションに至らなければ、ハリーは聞く耳を持たなかったでしょうしね。
とはいえ、見るに見かねての助言。これで救われるお話って泣けるんですよね(笑)
お約束ってことで、OKとしませんか??(笑)
6. Posted by GAKU   2007年06月04日 23:58
>たいむさん
すいません。お返事が遅くなってしまいました。
まぁ確かにあの状況じゃないとハリーは何も信じなかったでしょうね。
一緒に観た人とは、「おいおい、執事!」という話で盛り上がって
いたのですが(悪趣味・・・笑
でもまぁ、結果的にピーターとハリーの気持ちが通じ合ったのは
この作品の中で一番心が温かくなったシーンでもあり、
何だか親心のような気持ちも生まれました。
7. Posted by asitahatennki   2007年06月06日 00:03
こんばんは。

コメントとTBありがとうございました。

そうですね。
GAKUさんのブログに書いてあるとおり、
今回 ピーターがブラックスパイダーマンの
悪の魅力に惑ってしまい、
それに気が付きながらも
その誘惑に打ち勝つ勇気を持たなければいけないと。
自分に打ち勝つ事の難しさを訴えてる!
ってことだったんですね。

うーーん 奥が深い映画でした。(^_^;)
8. Posted by GAKU   2007年06月06日 23:28
>asitahatennkiさん、こんばんは。
こちらこそ、コメント&TBありがとうございます。
この作品、ヒーローモノにしては結構高尚なテーマでしたね。

キャッチコピーも“自分に挑め”ということで、
何だか昔やったゲーム「リンクの冒険」だったかな、
そのラストの敵が黒い主人公“リンク自身”だったのを
思い出してしまいました。。。
ファミコンディスクシステム全盛期・・・年がバレますね(汗

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バベル 〜 世界の境界で愛を叫ぶ声が聴こえる 〜デスノート the Last name 〜 自分と同じレベルで戦える相手の存在 〜