2007年11月04日

ALWAYS 続・三丁目の夕日 〜 夕日がいつまでも綺麗だと思える理由 〜

ALWAYS 続・三丁目の夕日〜 夕日がいつまでも綺麗だと思える理由 〜

日本アカデミー賞にも選ばれた前作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編です。懐かしい昭和の時代の街並みや、人々の暮らしぶりは前作同様に活き活きと描かれており、冒頭ではゴジラが東京タワーを倒してしまうなど、最新のVFXを使った映像もパワーアップしています。

ただ、この作品の魅力はやはり人間物語。吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希をはじめ、少し大きくなった子役達も変わらず、人情味に溢れた三丁目の人々を暖かく描いた作品に仕上がっています。

簡単にあらすじをご紹介します。
舞台は昭和34年。結婚を約束しつつも、黙って出て行ったヒロミを想い、二人暮らしていた茶川と淳之介の元に、再び淳之介の父親・川端が訪れる。人並みの暮らしをさせる事を条件に淳之介を預かった茶川は、安定した生活を得るため、一人前の自分をヒロミに見せるため、再び芥川賞に挑戦する。同じ頃、鈴木オートに親戚から預けられた少女・美加が新しく家族に加わる。裕福な家で育った美加は、最初は三丁目の生活に馴染めないのだが…。

茶川ほか三丁目の仲間たち
鈴木オートファミリー&美加&淳之介
小雪 as ヒロミ(ベティー朝岡)
さてこの作品、前作が異例のロングランを記録するほど好評だったため、「 続編はちょっと難しいんじゃないかな? 」と心配していたのですが、観終わった今の感想は「 本当に良かった! 」の一言に尽きます。

今回新たに加わった“元金持ち”の少女・美加の目線ともリンクさせて描かれる三丁目の生活は、懐かしい昭和の時代を前作以上に見せてくれる。

「当然のように家の手伝いをする子供達」「手回し洗濯乾燥機」「お母さんが塗ってくれるハンドクリーム」「銭湯」「オシャレして銀座にお出かけ」「戦争で生き別れになった恋人同士や戦友との再会」など、観客がどれかのエピソードを体験していれば、そこから観客の記憶という枠にまで世界観を広げることができる仕掛けは相変わらず上手い。

また、それら昭和時代の描写だけでなく、やはりメインで描かれているのは、茶川・淳之介・ヒロミの3人の生活が再び実現するのかどうか。

芥川賞に挑戦する茶川たちがどうなるかはあえて言いませんが、出品作の中の一節「ただ近くで、君の笑顔を見れるだけで、しあわせなんだ。」という言葉が、その時の茶川の心を明確に表現していて、それが茶川だけでなくこの時代の人たちみんなの願いなのではないだろうか。それは家族への願い、街の仲間への願い、好きな人への願い、そして、戦争で亡くした者たちや離れ離れになった者たちへの願いだったりします。

「 今日の夕日は、なんでこんなに綺麗なんだろう。 」

作品中で茶川たちが言います。その答えは映画館で明らかになりますが、三丁目の人たちも、そして現実の私たちも、夕日をいつまでも綺麗だと思えるようにいたいと感じさせられた、心に残るシーンです。この時代を知っている年配の方はもちろん、平成生まれの若い方にも、この頃から何も変わらない“人の想い”の部分を感じてもらいたい、そんな作品です。ぜひ、見てみてください。


■YouTube「ALWAYS 続・三丁目の夕日 予告」




■YouTube「主題歌 - 花の名 / BUMP OF CHICKEN」


prototype_cr at 21:38│Comments(6)TrackBack(11)mixiチェック 映画(あ行) | 邦画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ALWAYS 続・三丁目の夕日 前作のテンションを維持したジラシのテクニックと吉岡秀隆とその他沢山  [ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) ]   2007年11月04日 22:33
タイトル:ALWAYS 続・三丁目の夕日  ジャンル:大ヒット作の続編・2007年東宝 場所:福知山シネマズ(146席) 日時:2007年11月3日(土) 10:25〜(約20人) 初日初回 満足度:70% おすすめ度:75%:幅広い層に安心してオススメできます。 ◆序 今日は、ある意味私の地...
2. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ ラムの大通り ]   2007年11月04日 23:06
----この映画、前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は大ヒットだったよね。 日本アカデミー賞も独占したし。 「うん。今回もヒット間違いなしだろうね。 ただ、個人的にはデジャヴというか、 既視感にとらわれてしまったね」 ----どういうこと? 「登場人物がほとんど同じの上、 物...
3. 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2007年11月04日 23:12
あれから4ヶ月(ほんとは2年w)。「夕日町三丁目」の相変わらずの賑やかさがとても心地よい。前作では”昭和33年”がこれでもか!とばかりに押し出されており、(観てる側の)懐かしさの”押し売られ”がちょ
4. 前作よりも更に良い!『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年11月05日 07:05
2005年に劇場公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。
5. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ Sweet* Days** ]   2007年11月05日 07:08
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家??..
6. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ 欧風 ]   2007年11月05日 07:23
さて、昨日は今日公開の映画、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に合わせて「昭和の町」を紹介しましたが、昨日テレビでも1作目の<a href="http://minkara.carview.co.jp/userid/122479/b
7. 映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】  [ ミチの雑記帳 ]   2007年11月05日 08:39
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました。あ...
8. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ Kinetic Vision ]   2007年11月07日 01:35
前作同様、泣けるエピソードを巧みに組み合わせて構成されている。そして各エピソードは心に残る小道具を中心に組み立てられている。前作では母の縫った継ぎ当て、万年筆、空の指輪入れなどが琴線に触れる要素になっていて、作品世畀9
9. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ ネタバレ映画館 ]   2007年11月07日 06:52
テレビのドラマ〜♪、ヤクザのドラマ〜♪と、嵐を呼ぶ男がやってきました。
10. お金より大事なもの。~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2007年11月18日 02:14
最初はサブタイトルを「日本橋と”プー”」にしたろかと 思いましたわな。(ノ*゚▽゚)ノ でもそれじゃ~あんましなので。 今回は薬師丸ひろ子演じるお母さんにも ちょっぴり甘いおもひで話がこの場所で出てきます。 んで家に帰ったら、鈴木オートは モモヒキ姿で大の字、起き...
11. Always 続・三丁目の夕日 07206  [ 猫姫じゃ ]   2007年11月18日 16:26
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007年   山崎貴 監督・脚本・VFX吉岡秀隆 小雪 堤真一 堀北真希 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 小日向文世 ピエール瀧 福士誠治 小池彩夢 あの名作ALWAYS 三丁目の夕日&nbsp;は、もう2年前か、、...

この記事へのコメント

1. Posted by たいむ   2007年11月04日 23:02
GAKUさん、こんばんは。
金曜にはTVでしっかりおさらいしてからの鑑賞です。
そして、たった今まで「ボーン」を見ていました(^^)
いよいよ来週ですね〜。前日には「スプレマシー」も放送するし、準備万端で臨みますよ〜(^^)

脱線しました(^^;)
いつの間にか狭い空にぼんやりとなってしまった東京の夕日ですが、好きな人と一緒に見る夕日は、どんなものでやっぱり綺麗かもしれませんね。

変っていくものと変らないもの。要は気持ちの問題でもあるんですよね。
変らない為に変っていく必要もありますが(^^)
2. Posted by ミチ   2007年11月05日 08:42
こんにちは♪
現代に生きる人たちは夕日を見上げる心の余裕さえ無くしてしまっているのではないかな〜と思いました。
前作と共にラストの夕日がとても効いていましたね。
映画の中の物であれ人であれ風景であれ、どこかに必ず感情移入できる所のある、誰に見せても恥じるところのない良作ですよね〜。
3. Posted by GAKU   2007年11月05日 23:41
たいむさん、こんばんは。
>「ボーン」
私も観ましたよー。しかもレンタルで(爆
テレビで放送するなら借りなきゃよかった。。。
「アルティメイタム」、今からとても楽しみですねー。
あの先の先の先を読むウルテクは背筋がシビレます。
次観るのは絶対コレでしょう。

>変らない為に変っていく必要もありますが
難しいですよね、これは。
自分が大事にしたい気持ちを継続していくために、
自分も変わっていかなきゃいけないってのは何となくわかります。
夫婦間の思考パターンや性格が徐々に似てくるのは
そんなことが関係しているのかもしれません(たぶん)
4. Posted by GAKU   2007年11月05日 23:48
ミチさん、こんばんは。
>夕日を見上げる心の余裕さえ無くしてしまっている
そうですね。忙しくなってくると、自分以外の周りが見えなくなって
しまいがちですし。。。(しかも夕日の時間には断じて帰れない…爆)
でもそんな時こそ、夕日が綺麗だと思える余裕が必要なんだと思います。
ちょうど今の時期は寒くなってきて、星も綺麗になってきたので、
ちょっと空を見上げるだけでもいいかもしれませんね。
そんな、心にちょっと余裕を与えてくれる良い作品でした。
5. Posted by asitahatennki   2007年12月18日 01:02
こんばんは。

遅ればせながら観てきました。
本当に 心が温まる映画ですね。

ミカちゃんが素直になっていくのは
とても良かったです。
とにかく子供達が素直。
今の子供達には感じられない何かを感じた映画でした。
6. Posted by GAKU   2007年12月19日 00:19
>asitahatennkiさん、こんばんは。
本当に良い作品でしたよね。今もバンプの主題歌を聴くと映画のシーンを思い出します。
つい親にもメールで「絶対、観たほうがいいよ!」とか言って薦めてしまいました(^_^;)

にしても、この作品の子供たちはおっしゃるようにホントに素直でした。
私が子供の頃はあんな“いかにも子供らしい子供”ばかりだったように思いますが、今はどうなんでしょうね〜。
そういう時代だったのか、親がしっかりしていたのか、はたまた教育の問題なのか。
ただ、子供がどう育つかはやっぱり最後は親次第なのかなぁなんて、私は子供はいませんがそんなことも考えさせられる作品でした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字