2008年06月22日

遠くの空に消えた ─ 和製ビッグ・フィッシュのような世界観 ─

遠くの空に消えた─ 和製ビッグ・フィッシュのような世界観 ─

長澤まさみの熱演で話題になった映画『世界の中心で、愛をさけぶ』や『春の雪』『クローズド・ノート』など意欲的に作品を発表している行定勲が脚本・監督を務めたこの作品『遠くの空に消えた』(2007年/日本/ドラマ)。

「何かを信じられなくなった時にパワーをくれる映画を作りたかった」という行定監督の言葉どおり、この話は少し現実感からは乖離していて、でも子供の視線から描いた世界をそのまま実写化したような、そんな自由で希望に満ちたパワーが溢れていたと思います。

出演は子役といえばお馴染みの神木隆之介、味のある名脇役で私も大好きな俳優・小日向文世、そして映画『Always 三丁目の夕日』『陰日向に咲く』などでも哀愁が漂う役がハマっていた三浦友和が好演しています。

簡単にあらすじをご紹介します。
舞台は、おかしなギャング集団や怪しげなバーがある少し変わった田舎の村。そこでは空港建設の話があがっており、反対する村人たちは建設会社と抗争中だった。そんな中、都会から一人の男と少年が引っ越してくる。その男は空港建設のために政府から派遣されてきた責任者だった。一方、その責任者の息子・亮介は地元の悪ガキ・公平と仲良くなり、冷徹な父親や不甲斐ない大人達に反発して、史上最大のいたずら作戦を実行するのだった…。

── まるで和製『ビッグ・フィッシュ』のような世界観
UFOと交信を試みる少女・ヒハル in 遠くの空に消えた
ヒハル、亮介、公平 in 遠くの空に消えた
いたずら作戦決行 in 遠くの空に消えた
さて、この作品を観る前は正直、もう少しリアルなドラマをイメージしていたのですが、実際はその対極にあるような物語で子供の空想をそのまま実写化したような話でした。それでまず思い出したのはティム・バートン監督の映画『ビッグ・フィッシュ』

映画『ビッグ・フィッシュ』同様、その世界観は現実より少し強調されていて、例えば舞台となる村にはレトロでビビッドなバーがあったり、ウエスタン風のギャングや、いつも鳩を持っている障害者の男、UFOと交信を試みる少女、秘密の隠れ家など、変わった人やものがたくさんあります。そんな世界で繰り広げられる大人達の空港反対抗争や、美人先生の恋の話など、最初はどう捉えて良いのか少し戸惑ってしまったのは否めません。


── 奇跡は待っていても起きない!
しかし、気になったのは、作品中の子供達は何故か両親ともにいるという家庭が少ないということ。彼らはどこかしら寂しさや孤独を抱えていて、空想の世界を信じることでそんな気持ちを補っているようにも見えました。そう考えると、この物語の全ては子供から見た世界だということに気づきます。

そしてラストに繋がる最大のいたずら作戦。そこで亮介と公平は言います。「奇跡って待ってても起きないんだろ?だったら俺たちの手で起こそうぜ!」この言葉こそが、この作品の一番のメッセージのような気がしました。

大人になり現実を知って奇跡を信じなくなった私たちに、もう一度奇跡を起こそうとするパワー、そして子供の頃に信じていたものに対して挑戦する想いのようなものを感じさせてくれるものでした。良かったら一度観てみて下さい。


■YouTube「遠くの空に消えた 特報」


prototype_cr at 22:23│Comments(0)TrackBack(6)mixiチェック 映画(た行) | 邦画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 遠くの空に消えた  [ ネタバレ映画館 ]   2008年06月23日 00:53
太股を思い出してムセイする神木・・・
2. 「遠くの空に消えた』  [ ラムの大通り ]   2008年06月23日 05:32
----この映画、行定勳監督が長年温めていたと言う企画でしょ? 「うん。一言で言えば、 空港建設計画で存続が危ぶまれている馬酔村を舞台に、 3人の子どもたちの友情を描いた作品。 主演が神木隆之介と大後寿々花、ささの友間の3人。 これに呼応するように 彼らの親たちの世...
3. 遠くの空に消えた  [ Akira's VOICE ]   2008年06月23日 10:14
ファンタジーといえばファンタジー。 シュールっちゃあシュール・・・。
4. 遠くの空に消えた〜試写会にて  [ シャーロットの涙 ]   2008年06月24日 17:10
「蜂は航空力学的に言えば、飛べる構造じゃないらしいんだ。 なのに、実際はとんでるだろ。 何故だと思う?・・・」
5. #114.遠くの空に消えた(舞台挨拶つき)  [ レザボアCATs ]   2008年07月06日 19:12
HNが猫仲間の、『ノラネコの呑んで観るシネマ』のノラネコさんより呼んでいただき、舞台挨拶つきのマスコミ試写に行って来ました。ノラネコさん、ありがとう〜!まず、舞台挨拶の模様から。
6. 神木隆之介 大後寿々花 / 遠くの空に消えた  [ 中川ホメオパシー  ]   2010年01月05日 11:28
ワケもなくババアゾーン 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのスガシカオ担当、ブロッケンです。 行定勲脚本・監督の映...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字