2008年06月29日

ザ・マジックアワー ─ 現実と演技のギャップが笑いを生む ─

ザ・マジックアワー─ 現実と演技のギャップが笑いを生む ─

舞台・テレビ・映画で『古畑任三郎』『NHK大河 新選組!』『THE 有頂天ホテル』など数々の名作を発表してきたヒットメーカー・三谷幸喜の映画監督作品の第4作目となるこの作品。

感想は率直にとても面白かったです!“大爆笑させて、ラストでホロリとさせる”という三谷ワールドは健在。特に前半の佐藤浩市の飛ばし様には腹筋が釣るかと思いました。この三谷監督は「ほんとに映画が好きなんだな〜」というのがわかる、映画愛に溢れた良い作品でした。

出演は、渋い役やキレた役からコメディまで最近は何でもできるイメージのある佐藤浩市。へなちょこ役がハマってた妻夫木聡、気が強いワガママ女がピッタリな深津絵里、更に綾瀬はるか、西田敏行、戸田恵子、小日向文世、香川照之のほか、数々の有名俳優が友情出演していることでも話題です。

簡単にあらすじをご紹介します。
港町・守加護でクラブの支配人を任されていた備後は、ギャングのボスの女・マリに手を出したのがバレて大ピンチになる。5日以内に幻の殺し屋・デラ富樫を探し出して連れてこなければ命はないと脅され、備後が苦肉の中で考えたのがデラ富樫の替え玉を立てる策。そこでデラ富樫役として選ばれたのが売れない俳優・村田。主演映画を撮りたいからと村田を騙し、撮影と称して村田をボスに引き合わせるのだった。。。

── 現実と演技のギャップが笑いを生む
妻夫木聡&佐藤浩市
深津絵里&妻夫木聡&佐藤浩市
綾瀬はるか&妻夫木聡&佐藤浩市&深津絵里&西田敏行
さてこの作品、冒頭のまるで舞台のセットのような街で演じられるやりとりは、正直「この映画、もしかして安っぽい三文芝居になるのでは?」という不安がよぎったのが正直なところ。

しかし、伝説の殺し屋・デラ富樫になりきった村田が登場してからは、見方が180度変わります。デラ富樫は完全に撮影のつもりで演じ、私たち観客はそれが撮影じゃないことをわかって見ている。その演技と現実のギャップがあるため、村田が殺し屋らしい演技をすればするほど現実の視点からは“頭がおかしな奴”に見えてしまい、それがホントに面白かったです。

特にヤバかったのはデラ富樫とボスと初対面シーン。村田はいかにも殺し屋風のアドリブでナイフを舐めながら自己紹介をするのですが、ボスとの3回目の対面をテイク3だと勘違いし、更にナイフ舐めをアレンジして同じ自己紹介を繰り返すのです。もう腹筋が釣りかけました(爆)


── 作りモノの世界の中で確かに息づく人の想い
そのほかにも、カットの掛け声や銃撃戦、目張り、演技指導など爆笑シーンは数知れないのですが、それだけで終わってしまっては作りモノの世界だけの薄っぺらいものになってしまいかねません。しかし、この作品では村田という役者の仕事にかける想い、スタッフたちの想いがしっかり描かれていて、役者という言わば“作りモノの世界”の中で生きる人たちの想いがしっかりと息づいていました。

いつの日かスクリーンいっぱいに自分が映し出される日を夢見て、今はどんなキツイ脇役や、怪しい撮影であるデラ富樫の演技ですらとことん真剣にやり切る姿には、笑いとともにその熱さに共感する気持ちも生まれました。

テレビ番組などでも、三谷幸喜と佐藤浩市がやたらと出演しまくったり、CMなども乱発していて、やや食傷気味にはなってしまいますが、それでもいざ観てみると予想以上に面白かったです。ぜひ一度見てみてください。




(追記:余談)
作品を観終わってこの「現実世界で映画のような、いわば虚構を演じる」という部分をどこかで感じたことがあるような気がしていました。それは以前に読んだミステリー小説 『有限と微小のパン(The Perfect Outsider)』(著:森博嗣 ※押井守の最新作『スカイ・クロラ』の原作者としても有名!)の構成です。

「現実と虚構とは何か?我々の暮らしている世界とは何か?我々はどこに存在しているのか?」そんな哲学的なテーマの解を求めるかのようなその作品。物語では、とあるテーマパークで連続殺人事件が発生するのですが、その事件の警察、容疑者、目撃者など全ての人がエキストラで構成されていて、事件そのものが"虚構"として計画されたものの中に"現実"が挟み込まれたとき、それは"謎"として認識される。現実の中に虚構を作り出したという意味で、その作品はまさに"Perfect Outsider"と呼ぶに相応しい内容でした。

『ザ・マジックアワー』は"現実"の中に"虚構"が入り込んだことにより生まれる"笑い"に焦点を当てた作品。その意味でどちらも「現実と虚構」をテーマにしていることでの共通点を持ちあわせているのではないか。そんなことも考えさせられた作品。余談でした。。。


■YouTube: ザ・マジックアワー 予告編



prototype_cr at 21:46│Comments(4)TrackBack(18)mixiチェック 映画(さ行) | 邦画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ザ・マジックアワー  [ そーれりぽーと ]   2008年07月05日 08:57
三谷幸喜最新作、『ザ・マジックアワー』を観てきました。 ★★★★★ 全く噛み合わないはずの勘違い会話が成立する、三谷幸喜お得意の一番笑えるシチュエーションが今回のメインテーマ。 営業の仕事をしてると、「思ってた」が一番の敵なんだけど、客観的に観るとこんなに...
2. 影で支える感謝の気持ち。『ザ・マジックアワー』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年07月05日 09:10
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出す物語です。
3. ザ・マジックアワー  [ Akira's VOICE ]   2008年07月05日 10:31
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
4. ザ・マジックアワー  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年07月05日 11:31
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました〜^^・だってぇ〜三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも〜んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝しま...
5. “幸” せと “喜” びの 魔法の時間●ザ・マジックアワー  [ Prism Viewpoints ]   2008年07月05日 14:09
誰にでも、いつかは訪れるマジックアワー。 『The Magic Hour』 ザ・マジックアワー - goo 映画 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任さ??.
6. 『ザ・マジックアワー』  [ ラムの大通り ]   2008年07月05日 16:40
----「マジックアワー」というと、 テレンス・マリック監督は『天国の日々』のイメージがあるけど、 やはりそれと関係あるの? 「うん。三谷幸喜監督が前作『THE 有頂天ホテル』のときに、 カメラマンの山本英夫から聞いたらしい。 映画通の三谷幸喜にしては珍しく、 そのと...
7. 『ザ・マジックアワー』  [ みゆみゆの徒然日記 ]   2008年07月05日 22:52
 今日はレディースデーだったし、とても見たい映画だったんで久々に映画館へ行ってきました。三谷幸喜監督の最新作です。三谷監督が・・というよりも私が好きな佐藤浩市が出るし、西田局長も出るから見に行こうと思ったんですが(笑)その二人が出ていた三谷監督の前作『THE...
8. ザ・マジックアワー  [ ネタバレ映画館 ]   2008年07月05日 23:42
映画に生きるべきか、舞台に戻るべきか・・・
9. ★「ザ・マジックアワー」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年07月06日 02:26
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
10. 映画 【ザ・マジックアワー】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年07月06日 08:47
映画館にて「ザ・マジックアワー」 三谷幸喜脚本・監督の最新作。 おはなし:ギャング組織のボス手塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)と恋仲になった事がバレた備後(妻夫木聡)は、命を助けてもらうため伝説の殺し屋”デラ富樫”を連れてくる約束をする。 監督自身に...
11. ■映画は喜劇〜ザ・マジックアワー  [ AKATUKI DESIGN ]   2008年07月06日 12:05
先週見そびれてしまった三谷幸喜監督作品”ザ・マジックアワー”を見てきちゃいました!!! --- いやぁ〜本当に楽しい映画ですよ。 アレだけ番宣で三谷監督がTV各局を回っているのでストーリーは見てない方もご存知だと思いますが、念のためおさらい。 西田敏行演じる...
12. 「ザ・マジックアワー」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2008年07月06日 14:35
「ザ・マジックアワー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:佐藤浩市、西田敏行、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、戸田恵子、寺島進、小日向文世、伊吹吾郎、浅野和之、市村萬次郎、柳澤愼一、香川照之、甲本雅裕、近藤芳正、梶原善、阿南健治、....
13. 【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年07月06日 18:50
4 人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
14. ザ・マジックアワー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年07月07日 20:50
4 太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。 物語:「命が惜しければ、五日以内に幻の殺し屋を見つけて来い!」街を牛耳るボス【西田敏行】の愛人【深津絵里】に手を出してしまった手下の備後【妻夫木聡】は、命を助けてもらう代...
15. ザ・マジックアワー  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年01月06日 10:59
三谷幸喜氏の監督第4作目の作品です。 彼の作品はちょっと食傷ぎみ。 「ラヂオの時間」は好きなんですけれどね。 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後登は、 ギャングのボス・手塩の情婦・高千穂マリに手を出したのがバレて大ピンチ。 5日以内...
16. ザ・マジックアワー  [ ベルの映画レビューの部屋 ]   2009年02月04日 21:01
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD] ¥2,952 Amazon.co.jp (2008) 上映時間 136分 出演 佐藤浩市 (村田大樹/売れない俳優)     妻夫木聡 (備後登/ホテルの支配人)     深津絵里 (高千穂マリ/ボスの...
17. 【映画】ザ・マジックアワー…の記事&鳥栖プレミアム・アウトレット  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年02月21日 11:17
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じゃ...
18. ザ・マジックアワー  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年10月07日 19:29
最後に笑うのは誰だ?

この記事へのコメント

1. Posted by みゆみゆ   2008年07月05日 22:59
はじめまして。
TBありがとうございました。
(TB、2回してしまったのでお手数おかけいたしますが一つ削除してください・・・)

CMなど確かに食傷気味ではありますが、「虚構と現実」の笑が楽しかったです。
2. Posted by ミチ   2008年07月06日 08:52
GAKUさん、こんにちは〜♪
前回はホテル、今回は街をつくってしまうなど、どんどん規模は大きくなっているのにますます舞台のセットっぽくなっていっているので、私もかなり不安が高まっていました。
やはり三谷さんはあくまでも舞台の人であり、外気を感じさせるような映像作りは向いていないのかもしれませんね。
この映画は「佐藤浩市ありき」だったと思います。
彼の演技が秀逸だったし、彼に一番笑わせてもらいました!
3. Posted by GAKU   2008年07月06日 11:49
>みゆみゆさん、こんにちは。
こちらこそTB&コメントありがとうございます!
CMなどは未だに流れていますもんね〜。「まさにマジック」とか…(苦笑)
それでも作品には大爆笑してしまいました。
劇場でも笑いをこらえる人ばかりで、みんな苦しんでいました(笑)
あれは特に昔ならがの“くさい演技”が大好きな村田だからこそ、
特に笑いを誘ったのかもしれませんね。
4. Posted by GAKU   2008年07月06日 12:03
>ミチさん、こんにちは。
そうそう、三谷監督ってやっぱり舞台をイメージして作ってるんだと
思います。だから逆にあれが実際の外ロケだったりすると、何だか
イメージが違うような、変な違和感がでちゃうんじゃないかと。。。

ちなみに、会社の後輩の女性と三谷監督について話していたんですが、
その話によると「三谷監督はコメディを作りたくても、ついラストで
かせようとか、感動させよう」というものになっちゃうらしいです。
ビリー・ワルダーなどの影響が強いためにそんな感じになるのでは
ないか、というのが彼女の説。なるほど、そういうのもあるのかも。

にしても、佐藤浩市には意外にも笑わせてもらいました!
「ここまでコメディできる人だったんだ」と改めて俳優としての器の
大きさを感じてしまいました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字