2008年08月25日

ダークナイト ─ 心の光と闇を考えさせる濃厚さ ─

ダークナイト─ 心の光と闇を考えさせる濃厚さ ─

バットマンのエピソードゼロ的な作品であった『バットマンビギンズ』の続編である今作『ダークナイト』(2008年/アメリカ)。このタイトルから最初バットマンの続編であることがわからなかったのですが、作品を観るとこの作品がなぜ『バットマン●●』でないのかが何となくわかった気がします。

過去アメコミ系作品では「そこそこ面白かったけど…まぁこんなもんかな」という作品もかなり多かったため、正直この作品にもあまり期待していませんでした。しかし、この作品はアメコミだからと馬鹿にできないほど濃厚な内容で、例えるなら背油入りこってり豚骨ラーメン(笑)。人間の潜在的な狂気と守るべきルールについて考えさせられる見応えのある作品です。

監督は『〜ビギンズ』と同様、『メメント』のクリストファー・ノーラン。出演もクリスチャン・ベール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンは前作同様、今回は宿敵ジョーカー役として本作撮影後に急逝したというヒース・レジャーが怪演を見せていて必見です。

簡単にあらすじをご紹介します。
ゴッサムシティーに現れた最凶の犯罪者・ジョーカー。彼は街のマフィアたちに成り代わり、バットマンを追い込む“ゲーム”を開始する。それは「バットマンが正体を明かさなければ毎日市民を殺す」というもの。自分の自警市民的な活動にも限界を感じ始めていたバットマンことブルースは遂にバットマンの正体を明かすことを決意。街で“光の騎士”と話題になっている新任検事デントに街の未来を託し、名乗り出ようとするが…。

── ライトなポニョとは対極にある濃厚さ
ジョーカー as ヒース・レジャー その1 in ダークナイト
ジョーカー as ヒース・レジャー その2 in ダークナイト
バットマン as クリスチャン・ベール in ダークナイト
さてこの作品、前述でもお話したように濃厚な内容+約2時間半の長さに、人によっては途中でノックアウトされてしまうかも…。ライトな感覚で何も考えずに観れる『ポニョ』とは、良い意味で対極に位置する作品とも言えそうです。

内容もバットマン VS ジョーカーという単純なものではなく、人の潜在的な悪意を言葉巧みに引き出して操るジョーカーの策略、鼻歌を歌いながら平然と殺戮するその姿は、『レオン』のゲイリー・オールドマンすら彷彿させる怪演で見入ってしまいました。これは歴史に残る演技と言っても過言ではありません。


── 人の中の“光と闇”を考えさせられる
そして、この作品でもっとも考えさせられたのが“人の中の光と闇”という部分について。印象的なシーンに、ジョーカーがマフィアの手下二人に「互いに殺しあって勝った方を部下にしてやる。殺しあえ!」を誘惑するシーンがあります。

このシーンは作品のラストエピソードへ繋がる伏線でもあるのですが、これは「自分が生き残るためには、他人をも殺すのが人間の本性だ」というジョーカーの美学でもあり、あながち間違っていない部分もあるのが皮肉なところ。そして光の騎士とまで言われた検事デントまでが、復讐という強い想いから、ジョーカーによってダークサイドに堕とされます。まるで『スターウォーズ・エピソード?』のアナキンのように。。。

それに対し、“悪人であっても決して殺さず”というルールを貫き通すバットマンの姿勢は、その真っ黒な姿に反して眩しい。市民からは犯罪者扱いされ、さらにデントの罪まで自ら被って警察に追われながらも犯罪を失くすために飛ぶ姿は、アメコミ“バットマン”ではなく“ダークナイト”と呼ぶに相応しい孤高さを感じました。

私も「所詮バットマンやろ…」と思って敬遠していた作品ですが、観てみるとその内容の濃厚さにノックアウト寸前になりながらも、鑑賞後はバットマンの姿勢を見直すために前作『バットマンビギンズ』を見返してしまうほど考えさせられる作品。ぜひ一度観てみてください。



■Youtube: ダークナイト 高画質版 予告編(HD)



prototype_cr at 00:14│Comments(6)TrackBack(13)mixiチェック 映画(た行) | 洋画

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ダークナイト  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年08月25日 08:48
昔のバットマン映画は暗くてあまり好きじゃーなかったけれど、前作の『バットマン ビギンズ』で大好きなクリスチャン・ベールがバットマンになってから、豪華キャストも手伝ってかスッカリ魅せられてしまった。今作は、今年1月に急逝したヒース・レジャーのジョーカーも物凄...
2. 『ダークナイト』  [ Sweet*Days** ]   2008年08月25日 09:49
監督:クリストファー・ノーラン  CAST:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート 他 犯罪都市ゴッサムシテ...
3. ダークナイト/THE DARK KNIGHT  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年08月25日 10:20
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリストフ...
4. ダークナイト  [ そーれりぽーと ]   2008年08月25日 13:02
故ヒース・レジャーの形見は、バットマン、バットマン…あれ?タイトル変えたのね、と思ってから約半年。 ようやく公開になる『ダークナイト』、タイトルの意味も気にしつつ先行で観てきました。 ★★★★ 前作『バットマン ビギンズ』で、完全リニューアルした新シリーズの...
5. ダークナイト  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年08月25日 13:21
5 あなたは息をのみ、そして言葉を失う__これほどまでにイカレた<悪>と出会ってしまったら。 理由もなく、理屈もなく、退屈を紛らわすために、極悪非道な犯罪で遊び狂う男。 平和を蔑み、愛を嘲笑い、破滅してゆく世界をみることだけに唯一の悦びを感じる男。 __奴...
6. 「ダークナイト」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2008年08月25日 21:35
「最強」と「最狂」と「最凶」とは、なんて上手い表現だろう。ポスターにはそれぞれ「バットマン」と「デント」と「ジョーカー」が配されているけれど、角度を変えると3人ともどれにでも当てはまるんだよね。『バッ
7. ★「ダークナイト」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年08月26日 01:45
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。
8. 映画 【ダークナイト】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年08月26日 20:43
先行上映にて「ダークナイト」 『バットマン ビギンズ』の続編。監督はクリストファー・ノーランが続投。 おはなし:悪のはびこるゴッサムシティ。ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン...
9. ダークナイト  [ ネタバレ映画館 ]   2008年08月30日 09:56
ランボルギーニが地味ですかぁ・・・
10. 【映画】ダークナイト…高評価↑ 残念な点はマ○ー・ギレンホールの顔ぐらいですね  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年02月13日 13:52
洗車をすると翌日高確率で雨{/kaeru_rain/}が降るピロEKです{/face_hekomu/} 先程、夜勤から帰ってきました{/ase/} 私の会社は夜勤があります。ほとんどの生産現場の従業員さんは夜勤で働いている訳で…とはいえ私の場合、ここ数年間は夜勤なんてしていなかったんですけど...
11. 「ダークナイト」(The Dark Knight)  [ シネマ・ワンダーランド ]   2009年03月03日 01:15
実験映画風なタッチで鬼面人を驚かせた「メメント」や「インソムニア」「プレステージ」などの作品で知られる英国出身の映画作家、クリストファー・ノーランが2008年にメガホンを執ったサスペンス・アクションムービー「ダークナイト」(米、ジョナサン&クリストファー...
12. ダークナイト  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月06日 18:28
あなたは史上最凶のジョーカーを引く。
13. 『ダークナイト』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2009年10月07日 20:08
あらすじ悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台にゴードン警部補やハービー・デント地方検事の協力のもとバットマンは街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあったがジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により街は再び混乱と狂気に包まれていく。感想東洋人スターを冷遇する...

この記事へのコメント

1. Posted by たいむ   2008年08月25日 21:41
まさか「バットマン」が・・・という衝撃でした。
いろいろな作品のテーマが収束したような感覚でもあり、ものすごく作品に入り込んでしまいました。
熱血ヒーロー結果オーライよりも、悩めるヒーローが大好きです。たとえ後手後手に回るしかないとしても(^^;
2. Posted by GAKU   2008年08月26日 06:14
>たいむさん、こんにちは。
私も「まさかバットマンでここまでのものができるとは…」でした。
(←どこまで侮ってるねん!失礼ですね)
アメコミヒーローものだと、大体変わった怪物が出てきて戦うだけの
構図に収まりがちなんですが、この作品はもっと精神面に踏み込んだ
脚本に脱帽です。ヒースのジョーカーも良かった!
悩めるヒーロー像も非現実ではなく、リアルで良かったです。
3. Posted by TOMITAN   2008年08月26日 08:29
深そうな映画ですね。
GAKUの文章を読むと、ついつい映画館に足を運びたくなります。
とはいえ、そのような時間が作れない現状ですが・・・・。

さて、「ダークナイト」もまたすばらしい作品のようですね。
ヒーローだって悩みがある。「煩悩即菩提」という言葉がありますが、
悩みがあるからこそ、成長することができる。つまり、その悩みこそが
成長の因になるんですね。
ところが、その悩みと戦うことを辞めると、その瞬間ダークサイドに落ち
てします。「煩悩即堕地獄」となるわけです。
今の風潮では、自分と向き合おうとしないで、あれもこれも全部他人のせ
いとか、誰かがやってくれるだろう的な考えが蔓延している。
それこそが社会の行き詰まりやカオスを生む元凶なんだと思うのです。

そういう意味で、こういう精神面に踏み込んだ心の葛藤を描く作品が増え
て、よい意味で影響を及ぼしていくといいですね。
中にはジョーカーに共感する人もいるから困ったもんですが・・・。

GAKUがいたら、無理やりでも時間を作って一緒に映画に行っただろうに、
一人じゃ行けないですなぁ。そこに自分の弱さが・・・。(爆)
4. Posted by ミチ   2008年08月26日 20:46
こんにちは♪
私も所詮バットマンと思っていて、長い間このシリーズから遠ざかっていました。
でも、
>鑑賞後はバットマンの姿勢を見直すために前作『バットマンビギンズ』を見返してしまう
私も同様なことをしました!
そして「ダークナイト」二度目の鑑賞をしてきたんですよ。
鬼気迫るジョーカーには驚きましたが、悪を被って去っていくダークナイトがカッコよすぎて、目をハートにして見送ってました。
5. Posted by GAKU   2008年08月26日 23:01
>TOMITAN、こんばんは。
これはホントにかなり深くて濃ーい作品だったよ。
人が人を殺すという概念そのものにスポットを当てて見せる内容は
現代社会におけるいろんな問題のメタファーだったように思います。

ヒーローの悩みにおいても然り。
自分の存在がまた新しい怪物(犯罪者)を生み出す要因になっている
のではないか…という悩みは、新しい武器ができればまたそれを上回る
武器が開発されて争いは永遠に終わらないという、軍事問題への警鐘
とも受け取れますし。。。こういった作品で心の葛藤を描くことで、
それに対して考えるきっかけになれば、少しでも何かが変わっていく
ような気がします。

>無理やりでも時間を作って一緒に映画に行っただろうに
そやねー。今は遠いのでちょっと難しいか。。。
ただ、わしは一人でも行ってしまう派だったりして(苦笑)
決して強くはないですが…(連鎖爆)
6. Posted by GAKU   2008年08月26日 23:34
>ミチさん、こんばんは。
おおっ、二度目観られましたか(笑)
そういえば、たいむさんも二度目を観に行かれたと言われていましたが、
やはりあれだけ濃い内容を詰め込んだ作品ですから、一度ではわかりません
よね。わたしもスケアクロウとかは『〜ビギンズ』を見返して、
「ああ、こいつかー」なんて。すっかり忘れていました(苦笑)。

たとえ人々から非難されようとも、全ての罪を自ら被り飛び去る姿は
男の目線から見ても「渋い!」と思ってしまいます。彼は決して人から
賛美されるために犯罪者を追うわけではないという、志の高さに敬服
してしまいます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字