2010年07月25日

人間の自分本位なエゴと問題定義 ─ 借りぐらしのアリエッティ ─

借りぐらしのアリエッティ ポスター─ 借りぐらしのアリエッティ ─

スタジオジブリの新作ということで、類に違わず見てきました『借りぐらしのアリエッティ』。まず個人的な感想を言うと、「面白くないわけじゃあない。けど、何か物足りない」といったところかな。

たしかにジブリブランドが出す作品なので、絵は綺麗だし、自然・動物・虫たちもふんだんに出てきて、世界観はトトロに近い。主人公のアリエッティもナウシカ時代の主人公を彷彿させる。「いや〜普通の童話でもジブリフィルターをかけるとこうなるんだね〜」といういいお手本を見たような感じ。ただ・・・個人的には、心にザクっと突き刺す“何か”が欲しかった気がします。

それでも考えさせられたのは、“人間のエゴ”という部分について。人間が小人たちのために提供しようとしたドールハウスなどは、あくまでも人間の自分本位なエゴでしかなく、そのあたりの視点や考え方の違いについてはなかなか興味深いものがありました。

監督はジブリの新鋭・米林宏昌。声の出演は志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林など、お金をかけるにもほどがある豪華さ(苦笑)まぁ誰も違和感なく演じてて良かったですが。。。脇役で藤原竜也まで起用してるんだから贅沢にもほどがある。まぁ、このあたりは話題作りの広告宣伝費の一環だったりするんでしょうけどね。

簡単にあらすじをご紹介します。
アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。(goo映画より引用)


── 徹底したジブリフィルター効果

借りぐらしのアリエッティ シーン1
借りぐらしのアリエッティ シーン2
さてこの作品、児童文学「床下の小人たち」を原案にしているとかで、話自体はとってもこじんまりした内容でした。視点も小さければ、物語の展開も小さい。あくまでマクロの世界に徹底した内容だった気がします。

ただ、そんな中でも魅せてくれるのは細部まで徹底したジブリフィルター(勝手に名づけた!)アリエッティが床下から人間たちの世界に出ていくあのシーンだけでも、これがホントに床下なのかと思うくらい冒険世界が描かれていましたし、バッタ、ゴキ、アリなどの虫くんたちも、“気持ち悪いもの”ではなく、一緒に共存している生物として自然に出してくるあたり、さすがジブリだなぁと感じました。

特に気になったのは、団子虫がウニウニ歩いてきて、それをアリエッティがおもむろに拾って丸めて遊んでるとこ。「何だか懐かしいなぁ」なんて思ってしまう。こういう何気ないシーンを細かく手を抜かずに入れ込んでいるところがまさにジブリフィルターであり、見終わったあとの印象を全然違うものにするんでしょうね。


── 人間の自分本位なエゴと問題定義

借りぐらしのアリエッティ シーン3
借りぐらしのアリエッティ シーン4
借りぐらしのアリエッティ シーン5
借りぐらしのアリエッティ シーン6
借りぐらしのアリエッティ シーン8
あと、やはりこの作品で中心となってくるのは、小人・アリエッティと人間の少年・翔とのやりとり、そして、小人と人間との関係性についてです。

気になったのは、翔がアリエッティに「君たちはやがて滅び行く種族なんだよ」と言っちゃうところ。この流れは何だかヘンでしたね。自分の命があまり長くない(かもしれない)ことを悲観しての言葉だったとしても、アリエッティに興味を持ち始めた翔の言葉としてはあまりに厳し過ぎるかなと。


ただ、この言葉をどうしても出したかった意図もわからなくはないんです。それはやはり“人間のエゴ”という部分に直結してるから。

翔の家では先代の時代から小人の存在が多少なりとも認知されていて、いつかは小人たちに豪華なドールハウスをプレゼントしたいという望みを持っているんですね。でも、それこそが人間のエゴ。小人の目線から見れば、「誰がそんなことをしてほしいと頼んだ?勝手に自分たちの生活スタイルや考え方、価値観を押し付けるな!」となるでしょう。


これを見て思い出したのが、昔、学研の科学と学習の付録についていた「アリの家」。透明のケースに土を入れてアリを入れれば、アリの巣が外から見れるようになってるというもの。今考えると子供ながらにえげつないことをしてたなぁ…なんて思います(汗)

まさにアレと同じですよね。人間が人間主体の考え方で、動物や自然に対しておこなっていることは果たして本当にいいことなのか?そして、結果的に滅びてしまえば、「自然の淘汰だのなんだの」と結論づける。本当にそうなのか?この小さい小さい物語の中に、そういった問題定義も込められていたように思います。


なーんて、真面目なことを語りつつも、「藤原竜也を脇で使うなんて、贅沢にもほどがあるやろ〜」とツッコミを入れていたりするわけで(苦笑)

まぁ、あとはこの新鋭・米林監督の意向なのか、余裕がなかったのか、物語が結構フラットのまま最後まで流れちゃってたんで、もうちょっと想いを入れ込んで、心に何かザクッと引っかけてほしかったところ。でも夏休みにサラッと見るには良い作品だと思いますよ〜p(^^)q


■Youtube:借りぐらしのアリエッティ 予告



■Youtube:主題歌「Arrietty's Song」Cecile Corbel ( セシル・コルベル )


prototype_cr at 12:46│Comments(8)TrackBack(11)mixiチェック 映画(か行) | アニメ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 借りぐらしのアリエッティ  [ Akira's VOICE ]   2010年07月25日 17:27
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
2. 劇場鑑賞「借りぐらしのアリエッティ」  [ 日々“是”精進! ]   2010年07月25日 17:29
「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞してきましたとある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリス...
3. 『借りぐらしのアリエッティ』  [ めでぃあみっくす ]   2010年07月25日 17:46
スタジオジブリのヒロイン像原点回帰。それが今回の鈴木敏夫プロデューサーの狙いであるような気がしました。 『となりのトトロ』を思わせるような小さな世界で起こるシンプルなお話に、これまでのジブリ作品のキャラたちにどこか似ているこの映画のキャラクターたち。いか....
4. 『借りぐらしのアリエッティ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年07月26日 08:08
    □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月1...
5. 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers)  [ yanajun ]   2010年07月26日 12:04
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。先日、劇場に観...
6. 映画<借りぐらしのアリエッティ>  [ 美味−BIMI− ]   2010年07月28日 12:26
  早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>!   ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人たち...
7. 借りぐらしのアリエッティ  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2010年07月29日 00:33
【監督】米林宏昌 【声の出演】志田未来/神木隆之介/大竹しのぶ/竹下景子/藤原竜也/三浦友和/樹木希林 【公開日】2010/7.17 【製作...
8. 借りぐらしのアリエッティの感想 ??宮崎駿に潜む人間への絶望感??  [ アニプレッション!! ]   2010年07月31日 10:39
昨日、借りぐらしのアリエッティを見てきました。 映画館の入り状況ですが、客は120人収容ぐらいの会場に半分ぐらい埋まった感じでした。男女比の割合は女性6、男性4の割合でしょうか??..
9. 借りぐらしのアリエッティ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年08月08日 08:39
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。  ア...
10. 映画:借りぐらしのアリエッティ  [ よしなしごと ]   2010年09月21日 00:33
 観たのはだいぶ前なのですが記事にする時間がなくてようやくのアップです。今回は借りぐらしのアリエッティです。
11. 「借りぐらしのアリエッティ」「カラフル」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2011年08月04日 10:25
夏休み子供と一緒に見れそうなアニメ映画2つ  

この記事へのコメント

1. Posted by たいむ   2010年07月25日 16:41
こんにちは。
うん、さらっと見るこの夏の1作ですね。

学研のアリの家とはまた面白い発想でしたねー。
お母さんはこんな台所が欲しかったとか言っていたけれど、無理やり取り替えて行った時なんて、ドアはゆがむし余計なお世話って私も思ってましたが(^^;

目線を的確に表現できるあたりは自然派ジブリって印象ですけど、内容はもう少し監督の独自色が欲しかったかなぁ。
2. Posted by にゃむばなな   2010年07月25日 17:45
今回は鈴木Pが宮崎監督にまた思春期のヒロインで新作を撮ってや!というメッセージを込めたことが宮崎監督に伝われば、それだけである意味成功なのかも知れませんね。

ともあれ宮崎監督の次回作を楽しみに待ちましょう。
3. Posted by Ageha   2010年07月25日 20:36
う〜ん、物語に抑揚がないのな。それがもったいない。
絵はきれいだし、音楽もいいし、小人ってのがいい!この手のファンタジーは大好物なんで。(笑)

スピナーの声は最後まで捜してて
ホントに偶然そのタイミングでたまたま会う機会があって
コレだ!って交渉したらしいですよ。
何がきっかけになるかはわかんない。
でも集められるのもまたジブリだからでしょうね。
4. Posted by GAKU   2010年07月25日 21:56
> たいむさん、こんばんは。
たしかにドールハウスはお母さんは気に入ってたみたいでしたね〜
でも、いざあの部屋に住んだとしても、人間に監視されながら
生活することになるんでしょうから、小人にとってはやはり
住みづらいものになったように思います。

内容はたぶん原作に忠実に作ったんだと思いますが、
その中でもどこにどういう思いを込めて強調する、という部分を
入れ込まないと、見終わった後に残るものが薄くなっちゃうのかも
しれませんね。
5. Posted by GAKU   2010年07月25日 21:56
> にゃむばななさん、こんばんは。
なるほど。あえて宮崎監督のクリエイティブ魂に火をつけるために
新人監督を起用して、抑揚のないフラットな作品になってしまうことも
計算づくで、鈴木Pは今回の作品を打ち出したと。。。

たしかにポニョとか、童心に戻ってる感じの宮崎監督に
思春期ヒロインの作品をもう一度作らせるための前ふりと考えると、
考えられなくはない。

ということは、鈴木Pは今回よりも次の宮崎監督作品にこそ
本命をぶつけてくるということだろうか。ちょっと楽しみですね。
6. Posted by GAKU   2010年07月25日 22:01
> Agehaさん、こんばんは。
そうそう、抑揚がなく、どこを強調したいのかがわからない。
物語としては完成されているだけに、ちょっともったいなかったかな。

スピナーの声に藤原竜也を起用したのは、たまたまだったんですね。
もともと広告戦略も折込み済みでの起用かと思ってました。
でも天下のジブリなら、俳優さんも「出たい出たい」と手を挙げるのかも。
7. Posted by みぃみ   2010年08月03日 15:07
こんにちは(^^)。

いつも何らかの助けがラストに現れるジブリの作品とは、一線を画した作品だなぁ、という印象を持ちました。
ラスト、これで終わり?と瞬間思うのですが、各々の力強い旅立ちに「未来を決めるのは自分自身」のメッセージを感じました♪。

藤原竜也君、ジブリ作品のファンだそうで、ニコニコしながらスタジオ入りし、楽しそうに収録している姿を映している番組がありました。
舞台も映画も、力入れる彼なので、大丈夫かな?と心配(←偉そうですね:笑)していたのですが、ちゃんとスピナーだったのでホッとしました(*^_^*)。
8. Posted by GAKU   2010年08月03日 21:14
> みぃみさん、こんばんは。
ラスト、たしかに拍子抜け(おっと)、もとい、シンプルでしたね(笑)

まぁ尺のこともあるので、あれ以上拡げないとは思ってましたけど…(^^)

未来は自分自身で切り開く、たしかにそうなんだけど、アリエッティと翔がそこまで心を通じ合わせるにはエピソード不足かなぁなんて思ったり(辛口)

あっ藤原君、やはりジブリファンだったんですね。そういえば蒼井優さんも「子供の頃からジブリ作品に出るのが夢」なんて言ってました。芸能人へのジブリオファーでは断られることは皆無なのかも。。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字