※ネタバレなし(ほぼ)

 

2月になりました。こんな趣旨のブログ?でも記事書かないと人が来なくなるものですな。まぁ、steamの年末値下げで買った人が概ね終わったからだとも考えられますが。さて、cryostasisでも進めたいのですが、アレは重い上、画像を取る際のテクスチャ落ちが怖いので食指が動きません。最近はserious samやwolfensteinをやってますが、これらは記事を書く気もうとうない。じゃまぁ感想でも書いてみようかなという案が浮かび、暇つぶしがてらに投稿をば。

 

さて、コレを読んでいる人は購入を検討している人が多いと思うので、それに合わせて記述を。まず最初に言いたい「amnesiaが面白くてもpenumubraを買うのは少し待て。」

amensiaは日本語化パッチが完備されてるのも含め、遊びやすい。しかし、penumbraはパッチが不完全な上、2作目以降は不完全なパッチすらない。その上、後半はストーリーが分からないと置いてけぼりくらう。くらった。まぁすでに、ここ「何か」で攻略記事は最後まで書いているので詰むことはないと思うが、謎解きの部分にしてもpenumbraの方が難易度が高く、その数も多い。英語故に解けない部分は僅かで、多くはインスピレーションで解けるので不可能はないが。

 

ストーリーに興味ないのであれば、penumbra:black plagueがお勧め。他作品より敵が怖い上、どっきりさせられる場面が多い。万人に勧めるのであれば、amnesia>black plague>overture>requiemの順にお勧めする。もちろん、英語が分かるならpenumbraは順番にやることを推す。では、次より個別の感想を書いていきます

 

・amnesia

WS000010

文だけだと読むほうも疲れるからな。画像を織り交ぜながら。さて、amnesia。私のプレイ時間は9時間。マルチエンディグだったので最後の1時間はエンディング分。雰囲気は最も良い。

WS000000

古風な城が舞台だが、牢屋や地下、下水道にも行くので単調さは感じられない。WS000000

他の作品にも言えるが、敵と戦闘することはなく、基本的には逃げたり隠れたりしてやりすごす。amnesiaでは一部のエリアを除いて敵は一度やりすごせば消えるので難易度は低い。しかし、amnesiaでは影の中にいるとsan値が減っていくので物資の足りない序盤では光源を確保するのが楽しい。

WS000004

WS000009

画像を見て雰囲気が気に入ったのであれば買っても後悔しないと思われる。虫は時たま見かける程度なのでよほど嫌いな人でなければ大丈夫。謎解きに関しては、文を読まないと解けない部分は少ない。読む時も、必要な箇所だけを読めればなんとかなるので問題ない。ちなみに筆者は高校時代、英語の成績4~60点程度。大学受験で萌えたんを真剣に使ったたわけ者です。WS000023

こういうブヨブヨした腫瘍が各所に表れる場面がキモイ。これらは蠕動する。キモイという点ではpenumbraを圧倒している。

WS000021

 

欠点としては、敵がほとんど出てこないので緊張感に欠ける点と中盤以降では物資が充実するため、光源に悩まされることがない点。後者は洋ゲー全般の特徴とも言えるけど。ちなみに、steam等で見られるトレーラーは、amnesiaの物だけ実際のステージではない。正直、トレーラー仕様のほうが面白そうだったりする。値段ではpenumbraの3本セットと同じ値段なため、比較すると割高だがその分万人に遊びやすく、オブジェクトも凝っている。悩むくらいなら買うといいさ。

 

※後日改めてプレイしてからの感想を記載

 

 

penumbra

WS000007

こちらはamnesiaより前の作品になる。処女作のせいか謎解き部分が特に不親切。まぁ不親切というか、文に依存した謎解きが多いとも言える。しかし、それが顕著なのはovertureだけなので他はそんなに困らない。しかしそのovertureが一作目なのは不幸としかいいようがない。さらに、overtureでは敵がさほど怖くなく、せいぜいクモがキモイ程度なので恐怖感に欠けるため、amnesiaをやってpenumbraに触れた人の期待をことごとく裏切る結果になっている。

WS000108

↑クモの卵

WS000109

↑人かなにかの臓器

WS000123

さらに欠点を上げるならovertureでは半分が洞窟エリアで、食傷気味になる。

WS000137

ボロクソに書いたが、これはamnesiaと、続くblack plagueがとても面白いので、それらと比較するとどうも欠点が目立つという理由がある。先に書いておくが、requiemはストーリーが分からないと蛇足なこと甚だしいため、セットで買わなかった場合やる必要はまったくない。ちなみにプレイ時間はovertureとblack plagueがそれぞれ7時間。requiemが4時間となっている。

 

black plague

WS000166

今、overtureの良い点を一つ思い浮かんだ。それは、エンディングでblack plagueへの期待を高めてくれる点。

WS000185

overture同様、洞窟もあるが、近代的なエリアが多く、人の死体もぼちぼち見かけるため、マップに魂がこもっているというか、説得力があるような気がする。WS000184

そして敵ね敵。amnesiaから久しい人型の敵である。amnesiaと違い、タイミングや出現頻度がよく、とても怖い。コイツの存在だけで私のblack plagueの評価は高い。

WS000200

こんな不思議エリアもあるため、恐怖感もamnesiaより上だと個人的には思う。なお、overtureの欄でプレイ時間は同じ7時間と書いたが、overtureは進み方がわからずうろちょろした時間が長く、それも時間にカウントされているのに対し、black plagueはovertureほどは迷わないで同じ時間なため、ボリュームとしてはblack plagueのほうがあると思われる。なんかベタ褒めになってしまったが、ストーリーが分からないこと以外はとくに不満はなかったので仕方ない。

 

requiem

WS000349

敵が出ない上、短いのでやる理由なし。英語が分かる人以外はやる必要なし。以上。

 

 

結論。amnesiaとblack plagueをやろう。

amnesia攻略へ

penumbra攻略へ