2010年07月

2010年07月19日

まがらせまい・・・

まがらせまい・・・

これに遭っている人は少なくないようだ
特に市街地周辺住宅地の道路交差点付近に出ることが多い

いつものように自宅に向かっていると、ふとバックミラーにソフトバイクが見える
自分の車の後ろを中途半端な距離でついてくる
こっちは次の交差点で左折しなければならない・・・
危険を避けようと、交差点のかなり手前から車の速度をおとし、左側をあけた
バイクを先に行かせる為だ
でもそのソフトバイクは追い抜こうとしない
危険なのでウインカーを少し早めに出した・・・
でも「それ」はこちらの意思表示を感知しない様子
しかも今度は、車の左側に走り込んできてぴったり並走しはじめた
もう、交差点だ
「このバイクも左折か?・・・」
車の速度を落とし、交差点でそのバイクを先に行かせようとした

ところが、

そのバイクは車の左側で同じく停車しているのだ
「早く曲がれ!」
でもそのバイクは左をふさいで止まったまま・・・
左折できない
後ろの車の苛立ったクラクションが聞こえる
仕方ない・・・次の交差点で左折しよう・・・
嫌な思いで車を直進させた
でもそのソフトバイクも左折せず、また車の左側を並走しているのだ

ハンドルの両側にスーパーの袋をさげ、
お椀型ヘルメットのあご紐をぶらぶらさせながら、車の左を並走し続けている

少しスピードを上げて振り切る事にした
次の交差点で、前に一台車がいたものの、信号待ちはあとわずか
やっと左折だ、と思いきや、くさびのごとく、またもやまがらせまいが、車の左をふさいでいる・・・

ちなみにこの太った妖怪まがらせまいは、両足をバイクにのせず、地面すれすれにぶら下げながら走っていることが多い

退治方法は免許取上が唯一の効果的手段である




渡らせまい・・・

この妖怪も交差点に現れるが、渋滞気味の横断歩道に出ることが特徴だ
混雑している交差点、横断歩道の信号が青になったので、ようやく渡りはじめたそのとき
車の流れ停滞を予測せず交差点に進入したワンボックス車が、右から走りこんで来て、横断歩道の真ん中で平然と止まる
歩行者をわたらせまいとする妖怪だ
車の中では大音量で悪趣味な音楽が流れており、ハンドルを握っているわたらせまいは野球帽をかぶり、ハンドルにもたれかかっていることが多い
品の無い目の小さな小太り茶髪女も多い
歩行者の怒号を避けるように視線を合わせない事が特徴だ
ピアスつきのわたらせまいも見受けられる

退治方法はビジネス化した義務教育を改革、家庭での社会教育回復に力を入れる他に無い
時間がかかるようだ
道交法は勿論、道徳の存在すら理解できない為、今後更なる出現増という環境悪化が懸念される





2010年07月11日

なさけなや



                           タ          

                           レ          

                     ン      

       ト          

                      議     連             

          員          

      不     

                   適         

   自     の           

覚       
      

    持                  

  て                  
         






タレント連 議員不適の 自覚持て