2010年08月

2010年08月26日

いなおりあともどり

政界に巣食う小沢出馬


基地移転問題に先立ち辺野古の土地を買い、結党解党を繰り返して政党助成金を溜め込み、政治と金の追求に於ける醜い居直り喚問無視を経て幹事長不信任とされた人物が、まだ総理大臣になる可能性を倫理無く模索している
これが日本の恥ずかしい現実だ

ここまで国民を愚弄した者を擁護する民主党小沢派にも、またその体質を徹底追及できない脛に同じ傷を持つ野党にも、現在の国際的危機を予見し見据え、対処する力など全く期待できないと、納税する我々自身が覚悟せねばならない
情けないが抜本に触れる資質能力のある政治家が、不在なのだ

円高のオブラートに包まれ顕在化していないものの、中国はついに日本を抜く
的外れであれ何であれ、中国は国際舞台に踊り出てしまう
客観性に乏しいが故に、自己に疑いを持っておらず、それがなりふり構わない踏み出しになってしまっている
それに比較し現在日本の内向的な政治屋連には、自国を滅ぼしかねない短絡さのみが見られ、政治の力を集束し推進力に変える指導力などはまったく期待できない
とても恐ろしい状況にある事を自覚したい



2010年08月08日

”政治屋”という職業を撤廃せよ

予算委員会に於ける谷垣氏、石破氏の質疑には、政治家としての真摯な姿勢が見られた
それは新聞各紙も認めたところである
野党側に己の機能を果たす気概姿勢がまだあり、政界レベルが地に落ちきっていないことを、かろうじて国民に示すことができたように思える
それ以外の野党議員姿勢があまりに不出来、発言、論点が低次元である為、前述両氏に期待したいとの思いがした
政治家らしい人財が少数化し、職業人”政治屋”のみ増えたことが、今更ながら懸念される
適切な野党機能、資質が無い状態で、果たして与党を牽制し一体何を改革できるというのか
政党政治抜本が問われる問題が露呈して来ていることに気づかない議員ならば、資質を問われて当然であると考える



2010年08月05日

野党自民、議員役割を果たせ

自民党西田参議院議員は自分のコンプレックス解消のために質疑に立つことを止めなさい
税金の無駄使いでしかなく、頗る迷惑だ
まず、人の発言をよく聞いて、内容を理解してから質問を組み立てることが基本
それがまったくできておらず、事を低レベルに歪曲しようとする性行が非常に醜い
今回の質疑で政治にかかわる資質が無いと見た
これ以上、政治中身の無い個人ストレス解消質疑で、国民の大切な時間を奪わない事だ
それが数少ない自身にできることなのだと自戒しなさい


本当に国民、国益を見据えていますか?
      ↓  ↓  ↓
前回記事、西田、森の情けない質疑